京都八幡市のポンコツ屋、スクラップ工場に行って来た

公開日: : 最終更新日:2014/09/13 車の楽しい情報

京都八幡市にあるポンコツ屋、スクラップ工場に行って来た
父が昔から通っている、自分で取り外す系のポンコツ屋に行ってきました。
自分で取り外すため、他のポンコツ屋よりは値段が安いそうです。
ちなみにポンコツ屋とは、廃車になってスクラップ行きになる車から使える部品を取って、販売しているお店のことです。
車好き、旧車乗りにとっては宝探しっていうみたいです。

初代ヴィッツ、ノーマルの廃車がたくさん
私も初代ヴィッツRSに乗っているので、綺麗なRS専用フロアマットとかあればほしいなぁと思い行ったわけです。
大阪からは近いので高速を使えば40分、下道で1時間ちょっとです。

スクラップ屋の車のイメージ
敷地内を歩いて見回れるのはいいですね。
スクラップ工場に行く手前の、完全スクラップされる前の車がたくさんあります。
私が乗っている初代ヴィッツのノーマルもたくさんあったし、初代ヴィッツよりも後の世代の車もたくさんありました。
ほとんどすべて事故車で、窓ガラスは割れ、エアバッグが開いたままだったりします。
愛車と同じ世代のヴィッツが多く廃車になるのを見ると次代を感じます。

周辺には同じような自動車スクラップ所がたくさんありました。
京都八幡市は、そういう地域なんですね。

1台だけ廃車の電車もあった
隣のお店(イワオ)には、ボルボの旧車、キャデラックなどもありました。
完全にボロボロでしたが電車なんかありましたね。

車の人生の終着点であるスクラップ場。
車を身近に見れてなんだか一回来てよかったなと思いましたね。
父のご要望の品であるショックアブソーバーはなかったそうです。



ほかにもこれ読んでみませんか?

車止めを乗り越えるプリウスは車高落としてインチアップが安全

前病院の駐車場でおじいさんが新型プリウスで縁石・車止めを超えそうになっ

no image

電気で走る軽自動車は無いがワゴンR2017フルモデルチェンジに期待

今普通車から軽自動車に乗り換えることを考え中。 軽自動車なら2台保有

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

家の外についている電気給湯器ブレーカーテスト
ふろ自動を押しても、おふろに栓をしてください、で止まる

うちの中古の家はタカラスタンダードのebcf-4とい

たこ焼きの利点は調理が簡単で、息子と一緒に作れるところ
たこ焼きの生地が硬い、丸まらない、ソースが濃いから改良しました

ニトリの1500円のタコ焼き器が以前から欲しかったけど、

眉毛の形をスマホアプリで整えるいい方法を思いついた
眉毛の形をスマホアプリで整えるいい方法を思いついた

眉毛の形を整えるのは初心者には無理。 女性は化粧に

no image
なぜ寝てるのを無理やり起こしてお茶、歯磨き、トイレのルーチンをするのか

寝たいときに寝かせてあげたいのに 寝る前には絶対にお茶

この赤いケーブルをデスクトップパソコンに繋げると電源が切れた
umidejiのスマホが充電できないは電源の接触不良かと思いきや?

1か月前からumidejiのスマホが充電できるときと出来

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑