京都八幡市のポンコツ屋、スクラップ工場に行って来た

公開日: : 最終更新日:2014/09/13 車の楽しい情報

京都八幡市にあるポンコツ屋、スクラップ工場に行って来た
父が昔から通っている、自分で取り外す系のポンコツ屋に行ってきました。
自分で取り外すため、他のポンコツ屋よりは値段が安いそうです。
ちなみにポンコツ屋とは、廃車になってスクラップ行きになる車から使える部品を取って、販売しているお店のことです。
車好き、旧車乗りにとっては宝探しっていうみたいです。

初代ヴィッツ、ノーマルの廃車がたくさん
私も初代ヴィッツRSに乗っているので、綺麗なRS専用フロアマットとかあればほしいなぁと思い行ったわけです。
大阪からは近いので高速を使えば40分、下道で1時間ちょっとです。

スクラップ屋の車のイメージ
敷地内を歩いて見回れるのはいいですね。
スクラップ工場に行く手前の、完全スクラップされる前の車がたくさんあります。
私が乗っている初代ヴィッツのノーマルもたくさんあったし、初代ヴィッツよりも後の世代の車もたくさんありました。
ほとんどすべて事故車で、窓ガラスは割れ、エアバッグが開いたままだったりします。
愛車と同じ世代のヴィッツが多く廃車になるのを見ると次代を感じます。

周辺には同じような自動車スクラップ所がたくさんありました。
京都八幡市は、そういう地域なんですね。

1台だけ廃車の電車もあった
隣のお店(イワオ)には、ボルボの旧車、キャデラックなどもありました。
完全にボロボロでしたが電車なんかありましたね。

車の人生の終着点であるスクラップ場。
車を身近に見れてなんだか一回来てよかったなと思いましたね。
父のご要望の品であるショックアブソーバーはなかったそうです。



ほかにもこれ読んでみませんか?

スロットルボディーの下です

オデッセイ故障 ハンチングがアイドリングで発生の原因を特定

今回の記事は、親父からの又聞きです。 弟のオデッセイのアイドリン

ヴィッツに中華ドラレコつけました

中国の輸入ドライブレコーダーFS-DR300BKのレビュー

激安ドラレコ買ってしまいました!最大32MBまでの対応ですが1GB

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

アズノール軟膏の色は水色でおしゃれ
無料の無限リップといえばアズノール軟膏

口内炎がひどすぎて唇が腫れている。 唇全体が腫れて

りんごを3つづつふくろにいれてわけよう、無料プリント
なんこづつにわける無料教材プリント

なんこづつ○で囲んで分けるということを無料でおしえるプリ

no image
光回線の時代遅れの契約形態からの卒業

子供が3才(もうすぐ4才)にして習い事2つに行くことにな

no image
怖い言葉、多産DV

4人以上で該当してくるらしい。 4人以上の子供がいる家

no image
省令改正により、外来患者については、疑似症届の提出は不要です令和2年10月14日より

外来のコロナ陰性は発生届を出さなくていい令和2年10月1

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑