京都八幡市のポンコツ屋、スクラップ工場に行って来た

公開日: : 最終更新日:2014/09/13 車の楽しい情報

京都八幡市にあるポンコツ屋、スクラップ工場に行って来た
父が昔から通っている、自分で取り外す系のポンコツ屋に行ってきました。
自分で取り外すため、他のポンコツ屋よりは値段が安いそうです。
ちなみにポンコツ屋とは、廃車になってスクラップ行きになる車から使える部品を取って、販売しているお店のことです。
車好き、旧車乗りにとっては宝探しっていうみたいです。

初代ヴィッツ、ノーマルの廃車がたくさん
私も初代ヴィッツRSに乗っているので、綺麗なRS専用フロアマットとかあればほしいなぁと思い行ったわけです。
大阪からは近いので高速を使えば40分、下道で1時間ちょっとです。

スクラップ屋の車のイメージ
敷地内を歩いて見回れるのはいいですね。
スクラップ工場に行く手前の、完全スクラップされる前の車がたくさんあります。
私が乗っている初代ヴィッツのノーマルもたくさんあったし、初代ヴィッツよりも後の世代の車もたくさんありました。
ほとんどすべて事故車で、窓ガラスは割れ、エアバッグが開いたままだったりします。
愛車と同じ世代のヴィッツが多く廃車になるのを見ると次代を感じます。

周辺には同じような自動車スクラップ所がたくさんありました。
京都八幡市は、そういう地域なんですね。

1台だけ廃車の電車もあった
隣のお店(イワオ)には、ボルボの旧車、キャデラックなどもありました。
完全にボロボロでしたが電車なんかありましたね。

車の人生の終着点であるスクラップ場。
車を身近に見れてなんだか一回来てよかったなと思いましたね。
父のご要望の品であるショックアブソーバーはなかったそうです。



ほかにもこれ読んでみませんか?

autoactionのお店

DQNカーのオデッセイを見に八尾市のAutoActionという中古車屋に行って来た

DQNクラウンが欲しいと言っていたが、どうやらオデッセイに変わった

no image

運転が下手?車で道の真ん中を走るコツ

まっすぐ走る方法をペーパードライバーの方へご紹介します。 車で道の真

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
ブロック塀は終了。ステンレス柵を作る会社の株が上がる

ブロック塀は、ただブロックをセメントで上に積み上げただけ

シュークリームと交換した息子の絵
息子の絵が100円で売れた?銀座コージーコーナーシュークリームもらった

子供の絵を店頭に置いてある台紙に書いて店頭で提出する

地元の平野区のスーパー玉出平野は小学校の隣にあった。
スーパー玉出の思い出は生臭い

地元の平野区のスーパー玉出平野は小学校の隣にあった。

売れ残りはアーネストワンの建売が多いのも事実
アーネストワンの悪口

網戸や雨戸がついていない 庭が土のまま(外溝工事を

蓋をくるくる回して遊んでいます
息子のおもちゃ、蓋がとれない眼鏡ケース

蓋が取れそうで取れない眼鏡ケースを息子が気に入ってい

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑