2014年節分の日の豆まきは子供が楽しい

公開日: : 日本の暮らしの行事

節分の豆まきは子供が楽しい
お子さんがいるご家庭など、幼稚園などで子供が楽しめる行事が節分の日の豆まきです。福は家の中へ、鬼はお外へ、建物内から外に豆を投げる行事です。
冬は鳥にとって飢えの季節。
年に一回の鳥のえさとして喜ばれているだろうなとも思います。

節分の日付の由来

節分は季節の分かれ目の意味で、元々は立春、立夏、立秋、立冬の前日をさす言葉。
節分の日が立春の前日をさすようになった理由は、冬から春になる時期を一年の境目とし、大晦日のように考えた為です。
節分は一年の一番寒い日と考えて、節分以降はだんだん暖かくなり春がやってくるというイメージになります。

節分の日の豆まきの由来

邪気を追い払うために古くから行われている行事で、西暦800年代後半、宇多天皇の時代(いわゆる京都が首都)に、鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという伝説が
始まりとされています。

穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっているということと、
豆を魔目、鬼の目をもじって鬼を追い払い、一年の無病息災を願うというものでもあります。

豆に厄をかぶせて投げる

地域によって違いますが、1447年の臥雲日件録(室町中期の臨済宗の日記)に書いてあるそうとおり、掛け声は通常「鬼は外、福は内」だそうです。
厄災を負って投げられた芽から芽がでては困る為、使う豆は炒った芽の出ない豆です。

豆まきをした夜に食べる恵方巻きにイワシ

豆まきと違い恵方巻きは伝統行事ではありません。
ですが、毎年恵方に向かって食べる方も多いと思います。

恵方巻きのほかにも、鬼はイワシを焼く煙を嫌うということから、西日本一円では焼きイワシを食べる習慣もあります。
節分の日には豆まきして家にいる悪い鬼を追い払い、恵方巻きを買ってきて、お母さんは食事の手間が省け、骨が多いので毎年食べないイワシを食べて栄養をつける。

現代では節分の日は小さい子供にとって楽しい日という意味合いになっているようです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

土用丑の日とはいつからいつまで?なぜ鰻を食べる?

土用は立春、立夏、立秋、立冬の4回ありますが、現在は土用といえば立

十五夜、十三夜はいつからいつまで?

十五夜はいつからいつまで? 旧暦の8月15日(現在の9月18日前

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
アイデア:お好み焼きバー

最近は食わず嫌いが多く、おいしいまずいにかかわらず と

ウインドウズフォトの取り込み機能のエラーが麺
iphoneの写真バックアップが途中で止まる?解決方法決定版!

windowsでiphoneの写真バックアップに相当てこ

爆弾を落としたほうが勝ち、基地を作ったほうが負けです。
積み木爆弾落としゲーム

この遊びは昔、自分の弟とよくやりました。 遊びの名

4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び
4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び

4才男幼児ならハマる A4コピー用紙に自分で鉛筆や

no image
近寄らないで、飛ばす車、ボコボコの車は危険!

危険な人、車には自分から近づかないのが吉です。 例えば

→もっと見る

PAGE TOP ↑