ほうれん草の育て方を失敗したのできゅうりとオクラ植えた

公開日: : 最終更新日:2015/07/10 初めての家庭菜園に挑戦


きゅうりにつるが伸びてきました。
久しぶりの家庭菜園の近況です。実はまだやっていたのです。
実はほうれん草を植えたのですが、立派に茎が伸びてしまい、花のつぼみができてしまい、葉っぱが小さくて食べれませんでした。
ですからそれを抜いて、新しくきゅうりとオクラを植えたのです。

ほうれん草の育て方を失敗した考察

失敗したほうれん草の写真を載せる予定。
初めてほうれん草を失敗した経験。
ほうれん草は初心者向けではない感じでした。葉っぱの選別をせずほっといたのが失敗の原因。ほうれん草は手間のかかる植物のようです。
基本的に仕事の合間の休みしかかまってやれないので放置して育てることになります。
ほうれん草はなぜか立派な茎がでてきて上に伸びて葉っぱが小さくなってしまいました。え?これほうれん草なの?と言う感じで気持ち悪かったです。

芽を出すのは専用の小さい黒いゴムの植木鉢である程度育てた方がいい

やっぱり、芽がでてある程度育つまで専用のやわらかい土で違うところで芽を出させてプランターに移した方がいい感じです。
コーナンで土を買うわけですが、
プランターの土は固くて水はけが悪くなるので
成長した芽でないと根が張りにくく成長が遅くなる感じがします。
初心者ということもありますが、ベストな土がわからないので適当に腐葉土っぽいのを選んでます。その土はプランターに入れて数ヶ月たつと固くなるんですよね。

6つになったプランターの現在の状況

オクラは成長が遅すぎ。収穫は無理そうな感じ。
きゅうりは順調に伸びてきました。

仕事が忙しく、早朝から深夜までの6連勤なのですが、悲しいことにきゅうりちゃんにつるが伸びてきました
つるを巻きつけてあげられる棒を立ててやりたいんですが、いかんせん時間がない。
寝る時間を確保しないといけないし(TωT)

うちの親は万年暇なのに手伝ってくれない。しょうがないことはわかっていますが、つるが伸びたきゅうりがおかしくならないよう祈るばかりです。
ほうれん草のように失敗したくないのですがね。
もうすでにつるが延びて行き場が無い状態です。
どうにかしたい…

あと、せっかく楽天スーパーセールがあるのに、アフィリエイトで参加できないが本当に残念です。購入の確率が高いときにいろいろ手を打ちたかったな。まあ休みの少ない長時間拘束の仕事なので諦めるしかないです。

関連記事

美味しいなすびができるといいな

夏までになすびとネギ育ててます

今年は仕事が転勤になって辛くなってしまったのでちょっと縮小してしま

プランターでもなすびは綺麗に出来ます

なすび、トマトの進捗、簡単ですよ

なすびは5本ぐらい取れて、マーボーナス、茄子揚げ大根おろし醤油で食

葉の白い斑点がうどんこ病

きゅうりの葉は白カビのうどんこ病で限界っぽいので酢を撒こうとしたが失敗

きゅうりは病気に弱く、過湿と乾燥を繰り返すと非常に発病しやすくなり

きゅうりは順調です

きゅうりに花が咲きました、支柱を追加しました。オクラは虫害に…

支柱が短くなったので追加しました。 うちの祖母が使っていた支柱で

ほうれん草のプランター

芽が密集して生えたのでほうれん草のプランターを増やした

先週からずっとやりたかったほうれん草のプランターを増やしました。

家庭菜園の台風対策

家庭菜園の台風対策で支柱やプランターを針金で固定

無計画に支柱をたててしまいました。 野菜を育てるのが初めてで、こ

こんな感じで愛車のヴィッツの横にプランター栽培してます

駐車場で家庭菜園(きゅうりとオクラ)の進捗

初めてきゅうりとおくら育ててます。こんな感じで愛車のヴィッツの横に

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

祝日の京都水族館のイルカショーは立ち見
朝に京都水族館、夕方に帰宅で昼寝にしたらよかった

息子と嫁と京都水族館でデートしてきました。 京都水

no image
子供に自分で選ぶ、決断する力をつける方法とは?

エア子育てシリーズ。 いろいろ妄想して、うちの息子をど

no image
特許:大手家電店がアマゾンや楽天に勝つ唯一の方法は電話で在庫販売サービス

電化製品の配送サービス。 電話すると持ってきてくれる。

no image
右と左、子供にどう教える?教え方10個

右と左。 意識し始める年齢は何歳ぐらいだろうか、2歳ぐ

no image
救急で一晩乗り切る医者の判断基準や判断材料が参考になる

今日はお勧めサイトの紹介です。 医療事務として働く上で

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑