日本語文字コードのwordpressテンプレートStingerがおすすめな理由

公開日: : wordpress

wordpressのテンプレートをStingerというフリーのSEOテーマに変更しました。
なぜ変えたかといいいますと、以前使っていた3段カラムのテンプレートで使っていた使用プラグインで重いものがでてきたためです。
IEで表示時間がかかるため、プラグインを極力使わないフリーのテンプレートを探していて、このStingerというテンプレートに出会いました。
私がこのSEOテンプレートStingerがおすすめな理由をお話します。

プラグインを入れたり設定しなくていい

Stingerの特徴はプラグイン問題が解決されているところです。
注目記事の表示や、関連の記事の表示、サムネイル表示などにプラグインの導入やソース変更が必要ありません。
適用すればすぐに使えるようになっています。

日本人が作ったテンプレートなので修正しやすい

海外にも優秀なテーマがありますが、ソースコードが複雑だったり、文字コードeucだったりして変更しにくいです。
phpのソースをいじるとき間違って文字コードを混合させてしまったりなど変なミスをしません。

mypace custom themeよりも完成度が高い

同じく日本人が作った初心者向けテーマならmypace custom themeも優秀です。
ですが、こちらはカスタマイズ前提なのでこのままでは格好悪いです。
私の製作中の副サイトでは使ってますが、大きく修正が必要なテンプレートは初心者向きではないです。
さらに自分の実現したいテンプレートは全部自分で準備しないといけません。

Stingerはあらゆるデザインのベースになる可能性を秘めている

公式サポートもしてくれるし、ベースデザインがしっかりしているので、自分の作った画像を配置していくだけでもオリジナリティーが出せます。カスタマイズだけでプロ顔負けのテンプレートが初心者にもつくれちゃう!

Stingerに変更するだけでアクセスアップと広告収入倍増が見込める

Stingerを利用する方々は皆さんアクセスアップ、広告収入倍増したと言っています。
作者のEnjilogさんのツイッターで実績を知ることが出来ます。

ですが、私の場合はテーマ変更でもアクセス数は変わりませんでした。
(変なタイトルなのも理由かもしれませんが、これが私の生き方、ポリシーなので)
ですが広告収入については1.5倍以上になりました。

皆さんがアクセス数が上がった理由は、潜在能力のあるブログが適切なテンプレートに変更された結果だと思います。
ブログには、デザイン見やすく整ったものが読み手には需要だし、
過去の記事へのアクセス、興味のある記事へのアクセスのしやすさも重要です。
さらに、広告配置などでは、作者のEnjilogさんの経験上の訴求力が高い表示方法が実現されているからでしょうね。

まとめると、日本人が作ったテンプレートであり、修正が容易であり、プラグイン導入しなくていいところが最大の利点ですね。

私も導入している、
アフィリエイトとSEOに効果のあるWordPressテーマ「Stinger2」はこちらからどうぞ。

ほかにもこれ読んでみませんか?

wordpress

wordpressのcategory/を消す方法とパーマリンクの例

久しぶりのwordpressネタです。 うちのブログのパーマリン

no image

カテゴリーのページをタイトル一覧表示に変更する方法。perpage.phpを使わない

Custom Query String 2.9を使えば、perpage

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

うちのネット回線もビッグローブです。キャッシュバッグ+工事費無料がお得です。

絵しりとり無料の幼児向け勉強プリント
絵しりとり無料の幼児向け勉強プリント

絵しりとり。 うえの点と下の点をしりとりでつながるよう

no image
保険会社診断書の手術記載で再手術や査定に関する反省点

普通はどうなのかはわからないが、大学病院などの大きな病院

どちらが重いか?無料で重さがわかるプリント
どちらが重いか?無料で「おもさくらべ」プリント

つくってみたんですが、これめっちゃめんどくさいわ。 ク

星を点つなぎで形を覚える無料プリント
点つなぎで形を覚える無料プリント

点つなぎで形を覚える無料プリント。 息子が苦手なものを

前から数える無料ワーク。1番目2番目3番目4番目5番目
前から何番目、順番を数える無料のプリント

前から何番目、後ろから何番目、順番を数える無料のプリント

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑