wordpressのcategory/を消す方法とパーマリンクの例

公開日: : 最終更新日:2013/08/13 wordpress


久しぶりのwordpressネタです。
うちのブログのパーマリンクは
/%category%/%year%%monthnum%%day%%postname%/
です。
本当は
/%category%/%postname%/
でよかったのですが、昔は気付かなかった。
今さら年月日を消すのも面倒なのでそのまま使っております。


そもそもなぜ、カテゴリー/投稿記事名というパーマリンクにしたのかというと、サイト構造をピラミッド化するためです。
選んだ親カテゴリーの中に記事がある、関連性のあるタイトルの下に関連した記事がまとめてあるという感じです。
日記サイトということでどうしても記事の内容が散漫になるのでこうした構成でまとめたほうがいいと思いますよ。

上記のようなパーマリンク設定にすると。URLが
http://www.iidashippe.com/seikatu/20110401puropan/
のようになり、カテゴリーの中の記事ということをディレクトリで表現できます。

SEO対策を別に気にしてはいないけど、こういった構成にしている人も多いはず。

だけどwordpressって、ブログデザインからのカテゴリーをクリックすると、自動的にcategory/が挿入され、
http://www.iidashippe.com/seikatu/20110401puropan/
の親が、
http://www.iidashippe.com/seikatu/
のはずなのに、リンク先が
http://www.iidashippe.com/category/seikatu/
になってしまう。
これだとせっかくカテゴリー名以下に記事を構成しているのにディレクトリで表現できていないですよね。

これを解決するのが、プラグインのwp-no-category-baseです。
このプラグインはcategory/を消すことが出来るのです。
インストールして有効にするだけで終わり!

昔から悩んでいた問題が解決できましたね。わかってたんですけど面倒でしてなかったのです。
(理由はサブドメインで使っている転送フォルダ名とブログ記事のカテゴリー名がかぶってたからなんですけどw)

ほかにもこれ読んでみませんか?

はてなブックマーク URLの統合はできない

私のブログをはてなブックマークしてくれる優しい方がいてくれてうれしいの

no image

特定のカテゴリの記事を表示しないプラグインを導入

advanced-category-excluder 使い方は、インス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
アイデア特許:折り目をつけなくていいスーツズボン

昔々、スーツズボンの縦の折り目は専業主婦らによって維持さ

NP-45VD7の洗う時間は?本当の使い方は予約モードだった
NP-45VD7の洗う時間は?本当の使い方は予約モードだった

パナソニックリフォームして1度も使ってなかった食洗機

特許アイデア:マスクに色と香りをつけるスプレー
特許アイデア:マスクに色と香りをつけるスプレー

会社などの支給のごく一般的なマスクに色を付けるスプレ

no image
高校の頃乙4落ちたのと、親にお小遣いもらうのが苦痛だった話

工業高校卒業のOBだから言うけど、高校の時とれる資格は取

小学生レベルのダイナモライトを後輪につける方法
自転車のダイナモライトを後輪につける

ケツ上げはまだマシだけど URL 自分がやってたダサ

→もっと見る

PAGE TOP ↑