wordpressのcategory/を消す方法とパーマリンクの例

公開日: : 最終更新日:2013/08/13 wordpress


久しぶりのwordpressネタです。
うちのブログのパーマリンクは
/%category%/%year%%monthnum%%day%%postname%/
です。
本当は
/%category%/%postname%/
でよかったのですが、昔は気付かなかった。
今さら年月日を消すのも面倒なのでそのまま使っております。


そもそもなぜ、カテゴリー/投稿記事名というパーマリンクにしたのかというと、サイト構造をピラミッド化するためです。
選んだ親カテゴリーの中に記事がある、関連性のあるタイトルの下に関連した記事がまとめてあるという感じです。
日記サイトということでどうしても記事の内容が散漫になるのでこうした構成でまとめたほうがいいと思いますよ。

上記のようなパーマリンク設定にすると。URLが

http://www.iidashippe.com/seikatu/20110401puropan/

のようになり、カテゴリーの中の記事ということをディレクトリで表現できます。

SEO対策を別に気にしてはいないけど、こういった構成にしている人も多いはず。

だけどwordpressって、ブログデザインからのカテゴリーをクリックすると、自動的にcategory/が挿入され、

http://www.iidashippe.com/seikatu/20110401puropan/

の親が、

http://www.iidashippe.com/seikatu/

のはずなのに、リンク先が

http://www.iidashippe.com/category/seikatu/

になってしまう。
これだとせっかくカテゴリー名以下に記事を構成しているのにディレクトリで表現できていないですよね。

これを解決するのが、プラグインのwp-no-category-baseです。
このプラグインはcategory/を消すことが出来るのです。
インストールして有効にするだけで終わり!

昔から悩んでいた問題が解決できましたね。わかってたんですけど面倒でしてなかったのです。
(理由はサブドメインで使っている転送フォルダ名とブログ記事のカテゴリー名がかぶってたからなんですけどw)

ほかにもこれ読んでみませんか?

no image

楽天アフィリエイトをクリックするとポップアップブロックされてしまう間違った対処方法

ちょっとさっき気づいたこと。ワードプレスの投稿に楽天アフィリエイトタグ

stinger便利すぎる!

STINGERで画像付き人気記事を簡単に表示する方法

ワードプレスユーザーなら、STINGERというテンプレートを使っている

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
インフルエンザの予防接種に行くと39度の熱。突発性発疹かもと

2歳の子供をインフルエンザの予防接種に連れて行ったら39

no image
特許:特定の言葉の呼び出しベル、犬や猫の翻訳機の人間版

病院向け、どこでもいいが耳が聞こえない人用の名前を呼ばれ

no image
A3レーザープリンターでA4用紙が認識できない

A3対応レーザープリンター(複合機)でA4用紙が認識でき

保険証のイメージ
切り替わる前の保険証をコピーする人は神。患者に電話した時思ったこと

転職などで保険証の切り替えをした時、過去の保険証をコピー

no image
樹脂フェンダーの車一覧まとめ

樹脂フェンダーの車をまとめました。 正式にはフェンダー

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑