wordpressのcategory/を消す方法とパーマリンクの例

公開日: : 最終更新日:2013/08/13 wordpress


久しぶりのwordpressネタです。
うちのブログのパーマリンクは
/%category%/%year%%monthnum%%day%%postname%/
です。
本当は
/%category%/%postname%/
でよかったのですが、昔は気付かなかった。
今さら年月日を消すのも面倒なのでそのまま使っております。


そもそもなぜ、カテゴリー/投稿記事名というパーマリンクにしたのかというと、サイト構造をピラミッド化するためです。
選んだ親カテゴリーの中に記事がある、関連性のあるタイトルの下に関連した記事がまとめてあるという感じです。
日記サイトということでどうしても記事の内容が散漫になるのでこうした構成でまとめたほうがいいと思いますよ。

上記のようなパーマリンク設定にすると。URLが

http://www.iidashippe.com/seikatu/20110401puropan/

のようになり、カテゴリーの中の記事ということをディレクトリで表現できます。

SEO対策を別に気にしてはいないけど、こういった構成にしている人も多いはず。

だけどwordpressって、ブログデザインからのカテゴリーをクリックすると、自動的にcategory/が挿入され、

http://www.iidashippe.com/seikatu/20110401puropan/

の親が、

http://www.iidashippe.com/seikatu/

のはずなのに、リンク先が

http://www.iidashippe.com/category/seikatu/

になってしまう。
これだとせっかくカテゴリー名以下に記事を構成しているのにディレクトリで表現できていないですよね。

これを解決するのが、プラグインのwp-no-category-baseです。
このプラグインはcategory/を消すことが出来るのです。
インストールして有効にするだけで終わり!

昔から悩んでいた問題が解決できましたね。わかってたんですけど面倒でしてなかったのです。
(理由はサブドメインで使っている転送フォルダ名とブログ記事のカテゴリー名がかぶってたからなんですけどw)

ほかにもこれ読んでみませんか?

stinger便利すぎる!

stinger便利すぎる!広告のスマホ表示しない設定とトップページのみ表示

stinger便利すぎます! 標準でスマートフォン最適化設定にもなっ

welcart

無料ショッピングカートシステムのwordpressのプラグインwelcartを使ってみた

商店をやっている方で、インターネットショップを開こうと思うと、

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

うちのネット回線もビッグローブです。キャッシュバッグ+工事費無料がお得です。

絵しりとり無料の幼児向け勉強プリント
絵しりとり無料の幼児向け勉強プリント

絵しりとり。 うえの点と下の点をしりとりでつながるよう

no image
保険会社診断書の手術記載で再手術や査定に関する反省点

普通はどうなのかはわからないが、大学病院などの大きな病院

どちらが重いか?無料で重さがわかるプリント
どちらが重いか?無料で「おもさくらべ」プリント

つくってみたんですが、これめっちゃめんどくさいわ。 ク

星を点つなぎで形を覚える無料プリント
点つなぎで形を覚える無料プリント

点つなぎで形を覚える無料プリント。 息子が苦手なものを

前から数える無料ワーク。1番目2番目3番目4番目5番目
前から何番目、順番を数える無料のプリント

前から何番目、後ろから何番目、順番を数える無料のプリント

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑