新型デミオもヴィッツRSも2000回転縛りで燃費向上?

公開日: : ヴィッツ

ヴィッツの2000回転縛りで燃費向上しました。
ヴィッツRSは車体が軽い上にクロスミッションだからできる芸当です。
トルクの太い新型デミオもおそらくクロスミッションなので同じでしょう。
2000回転縛りとは、エンジンを2000回転以上まわさないようにして運転することです。

新型デミオもヴィッツRSも2000回転縛りで燃費向上?
ヴィッツはもともと低回転トルク重視のエンジンなので3500回転ぐらいがパワーのピークです。(新型は4200回転ぐらいでピーク)
トルク重視の車は、そもそもエンジンを高回転までまわす必要がないのです。

ヴィッツは結構重いニュアンスのエンジンなので高回転までまわすと煩いし、クラッチもついていかないので手に負えない感じになる。(NCP13 RS 1500ccの場合)
いろいろやってみて、2000回転以下でも十分というか、クラッチを一瞬でつなぎ、ギアチェンジも早ければ燃費は街乗り通勤で満タン計測で15キロぐらいを維持できることがわかりました。

2000回転縛りに加え、エンジンブレーキ、ニュートラルで距離を稼ぐ

減速するときは2000回転以上で燃料止めなので、それ以上になる場合は必ずエンジンブレーキを使います。
シフト操作は半クラッチ厳禁。
ドライブシャフトに負担がかかるかもしれないけど、自分で回転数を合わせて 半クラッチせず一瞬で繋ぎます。

クラッチ磨耗対策と、エンジンのカーボン対策も忘れずに

マニュアルの場合は、クラッチの磨耗を防ぐために、半クラッチをしないようにすると、クラッチの寿命が延びます。
もうあと少しで8万キロなので、クラッチを長生きさせるためにも半クラはやめます。
長時間乗ったときは、ついでにたまにフカしてエンジンを回すのもいいです。
エンジンはまったくふかさない、回転数を上げないで低いまま乗ると、カーボンがバルブなどに溜まります。たまにふかすと、運転も楽しいですし、エンジン内もきれいになるはずです。

おそらく新型デミオもヴィッツRSも同じクロスミッションでしょう。
クロスミッションなら2000回転以下で時速60kmに達する、2000回転縛りは同じく有効だと思いますね。
この2000回転縛り+ニュートラルで距離を稼ぐ運転で、NCP13、1500ccでリッター14km~17kmです。
街ノリでこのレベルですから、非常に経済的といえると思いますね。
(昔書きかけた記事を無理やりアップしました。)

ほかにもこれ読んでみませんか?

根元が割れて垂れ下がったサンバイザー

サンバイザーを変な方向に動かして根元が割れた

今年の夏はいつもどおり暑かったのですが、サンバイザーでサンシェード

ヴィッツが5万キロになりました

ヴィッツが5万キロになりました。中古で買ってから1万キロ走った

ヴィッツは医療機械メーカーの営業の仕事をしていた時に「辞める記念」

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
中古住宅の前の所有者=高齢者夫婦を見かけた

駅の方に徒歩で用事があり、遠回りして住む予定の物件を通る

no image
値下げ交渉して家を買うとなったら契約まで心配

FXをやっていた頃のように心配で心臓バクバクする。 (

中途半端に値段が高い駅近築浅中古物件は案外お勧めかもしれない、売れ残りは値引き交渉できるから
2500万円の中古住宅は後悔か?中途半端に値段が高い駅近築浅中古物件

比較は人により基準はそれぞれです。 家は高額な買い物な

買うのは駅近の狭い中古住宅にした理由 総括
買うのは駅近の狭い中古住宅にした理由 総括

中古住宅にした理由 総括 駅から近い(1分

中古住宅200万円の値引き交渉は不動産会社任せ
中古住宅200万円の値引き交渉は不動産会社任せ

売主との交渉は不動産会社任せ(不動産手数料は成約価格3%

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑