ヴィッツ純正サイズの激安タイヤをオートウェイで買った

公開日: : 最終更新日:2015/07/16 ヴィッツ

ヴィッツ純正サイズの激安タイヤをオートウェイで買った
チェンジチェンジのCMに惹かれて結局オートウェイにしました。
ほんとのとこは、CMに惹かれたわけじゃなく保障に惹かれたんですが。
届いたインドネシアの激安タイヤ、コルサをチェックしてみました。

激安タイヤ、コルサの印象

溝が深い!ゴムが柔らかい!
これは今ついている6年以上使用で硬化したナンカンのタイヤと比べてはいけませんね。このタイヤの特徴はパターンです。

ナンカンのタイヤは、スポーティーなパターンでした
おそらく静粛性と晴れた日のサーキットではナンカンのほうがいいでしょう。
(ナンカンは同サイズで値段は約2倍)

インドネシアの激安タイヤのパターン
コルサのタイヤは、大きく縦に深い筋が入っています。
雨の性能に強そうです。
縦の溝と大きく水よけに横溝のパターンを見ると、ロードノイズが多そうなイメージです。

オートウェイはクレジットカードで注文してから2日後に到着しました。
これを、オートウェイの取り付け店リストに載っていた、東大阪の職場の近くの自動車屋にもって行って交換してもらうのです。
交換費用はおそらく4本で1万円。
25000円でタイヤ交換ができる予定です!


■HIFLY(ハイフライ)HF201 185/55R15インチ【新品】■HIFLY(ハイフライ)HF201 185/55R15(185/5…
一本2500円送料別!

タイヤは4本で送料込みで15000円だったんですが、ヴィッツRS純正サイズ(185/55R15)が珍しいサイズなので、汎用サイズならばもっと値段が安いですよ。
昔のように、タイヤ交換で10万円飛ぶ時代じゃなくなりました

車に詳しくない人もネットで安く買って、家の近くの自動車整備工場でつけてもらえば地域貢献にもなる

これって、女性にも安心っていえるんです。
今は女性も車を持つ時代です。維持費が安くなれば安くなるほどみんなが車に乗れるんだからいいことじゃないかな~と思います。
激安タイヤのせいで日本製タイヤは大変だと思いますが。

車に詳しくない人も10万円もかけて、行きたくもないカー用品店で日本製のタイヤに交換するんじゃなく、ネットで安いタイヤを注文して、家の近くのオッサンがやっている工場で交換してもらえばいいんです。
きっとオッサンのほうがアルバイト店員よりも車に詳しく、相談にも乗ってくれるでしょう。
地域のお店を使うほうが、地域の活性化にもなるし絶対にいいですよ!

ほかにもこれ読んでみませんか?

新型デミオもヴィッツRSも2000回転縛りで燃費向上?

新型デミオもヴィッツRSも2000回転縛りで燃費向上?

ヴィッツの2000回転縛りで燃費向上しました。 ヴィッツRSは車体が

99工房は店内で10分で特注の色を調合してくれる

トヨタのボディーカラー8B6をスプレーで調合してもらった

イエローハット東大阪店で作ってもらいました 今、タイヤの買い替え

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
油2センチ、塩で180度、バッター液でカツをカリッと揚げる

ためしてガッテンでやっているカラカラパリパリでカリッとに

受験生は薬局でヒロポン買って医大に入って医者になった
年収300万円でも私学の医学部のお金の準備は可能だが高偏差値教育は資金不足

未来の話なので一旦もう忘れるのでメモした。 重要な

学力という格差社会に負けた
40代にもなって年収300万円台は負け組

現代日本の資本主義の稼ぎ方を40年かかっても理解できなか

事務は転職したら3倍働かないといけない
手取りの3倍稼ぎなさいは今でも心に残る言葉

昔、ホームページ制作をリース契約させるホームページ制作会

プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間
プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間だった

こんなもんじゃありません、入り口は外から大行列。入る

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑