ヴィッツ純正サイズの激安タイヤをオートウェイで買った

公開日: : 最終更新日:2015/07/16 ヴィッツ

ヴィッツ純正サイズの激安タイヤをオートウェイで買った
チェンジチェンジのCMに惹かれて結局オートウェイにしました。
ほんとのとこは、CMに惹かれたわけじゃなく保障に惹かれたんですが。
届いたインドネシアの激安タイヤ、コルサをチェックしてみました。

激安タイヤ、コルサの印象

溝が深い!ゴムが柔らかい!
これは今ついている6年以上使用で硬化したナンカンのタイヤと比べてはいけませんね。このタイヤの特徴はパターンです。

ナンカンのタイヤは、スポーティーなパターンでした
おそらく静粛性と晴れた日のサーキットではナンカンのほうがいいでしょう。
(ナンカンは同サイズで値段は約2倍)

インドネシアの激安タイヤのパターン
コルサのタイヤは、大きく縦に深い筋が入っています。
雨の性能に強そうです。
縦の溝と大きく水よけに横溝のパターンを見ると、ロードノイズが多そうなイメージです。

オートウェイはクレジットカードで注文してから2日後に到着しました。
これを、オートウェイの取り付け店リストに載っていた、東大阪の職場の近くの自動車屋にもって行って交換してもらうのです。
交換費用はおそらく4本で1万円。
25000円でタイヤ交換ができる予定です!


■HIFLY(ハイフライ)HF201 185/55R15インチ【新品】■HIFLY(ハイフライ)HF201 185/55R15(185/5…
一本2500円送料別!

タイヤは4本で送料込みで15000円だったんですが、ヴィッツRS純正サイズ(185/55R15)が珍しいサイズなので、汎用サイズならばもっと値段が安いですよ。
昔のように、タイヤ交換で10万円飛ぶ時代じゃなくなりました

車に詳しくない人もネットで安く買って、家の近くの自動車整備工場でつけてもらえば地域貢献にもなる

これって、女性にも安心っていえるんです。
今は女性も車を持つ時代です。維持費が安くなれば安くなるほどみんなが車に乗れるんだからいいことじゃないかな~と思います。
激安タイヤのせいで日本製タイヤは大変だと思いますが。

車に詳しくない人も10万円もかけて、行きたくもないカー用品店で日本製のタイヤに交換するんじゃなく、ネットで安いタイヤを注文して、家の近くのオッサンがやっている工場で交換してもらえばいいんです。
きっとオッサンのほうがアルバイト店員よりも車に詳しく、相談にも乗ってくれるでしょう。
地域のお店を使うほうが、地域の活性化にもなるし絶対にいいですよ!

ほかにもこれ読んでみませんか?

サンバイザーを変な方向に動かして根元が割れた

今年の夏はいつもどおり暑かったのですが、サンバイザーでサンシェード

新型デミオもヴィッツRSも2000回転縛りで燃費向上?

ヴィッツの2000回転縛りで燃費向上しました。 ヴィッツRSは車体が

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

傘カードで足し算と引き算
傘カードで足し算と引き算

傘の中の〇の中に数字を書くゲームです。 はじめは足

no image
児童福祉事業所を1円で買いたい、M&Aしたい話

日本ブレイク工業見たく、買いたい、買いたい、事業所ごと買

no image
40歳年収300~400万で投資しないで貯金4000万円あったのすごくない?

今は日本株を初めて1年ですが、 投資は本当にいままでし

no image
特許アイデア:病院の入り口でICタグ入りカードを持たせて発熱検知システム

特許アイデア、ユニクロの無人レジ商品タグのように病院の入

no image
投資のやり方を教えてくれるツイッタラーはおかえりモネのおじいちゃん的存在

投資のやり方をツイッターで説明している人がいる。

→もっと見る

PAGE TOP ↑