お金を使わない生き方は給料が激減にも耐える

公開日: : 最終更新日:2016/03/17 節約の教科書

給料が激減してもびくともしない家計にしよう。
金遣いが荒いと給料が激減すると大ダメージになります。
お金を使わない生き方をすれば、給料が激減しても生きていけます。

お金を使わない生き方アドバイス

まず今ある収入を減らさない対処をしよう。
携帯などの通信費は極力抑えて、車などのローン契約もしないようにするのは大前提です。
馬鹿高い携帯電話アイフォンなんていらないし、車だってローンを何年も組まないといけないような値段の高い車に乗らなくてもいいのがいっぱいあります。そっちを選びましょう。

外食を減らす

付き合いはしょうがないけど、意味のない外食は辞めよう。
ラーメン屋さんには申し訳ないけど、一人でラーメンを食べに行くのも辞めましょう。
ラーメン食べたくなったら、家で(実家で)こってり系のカップラーメン+卵かけごはんや納豆ご飯を食べましょう。うちのおかんは常備してるでしょう。
それをいただきましょう。そして親にお金を入れましょう。

たばこをやめる

たばこ吸う人はアホ。

一人飲み屋通いをやめる

地元で顔見知りが多いのはわかるが、一人飲み屋通いをするからお金が無くなるじゃないか。
もうお金がないんだから飲み屋に一人で行くのは終わりにしよう。

缶ジュースを自動販売機で買わない

買うならジャパンや万代などで50円のものにする。
たばこは辞めて正解だけど、休憩の飲み物は飲まないと脱水になり仕事の能率が低下するかも。

夜食のカップラーメンなどコンビニで夜食を買うことを終了

毎日知らないうちにお金を使うような使い方が問題。
喉が渇いたら缶ジュースを買い、たばこを吸いたかったら吸う、毎日外食したり、飲み屋に行ったりする。
まさに消費。
使ったら消えてしまう費用が多すぎるのが問題。

今の日本を生きていくには貯金しかない

それを極限まで減らして貯金に回す。
ただお金を使わないだけにすると、ストレスが発散できなくなる。
そこはうまいこと、使うべきお金、使うべきではないお金の線引きをしっかりしておくべき。

貯金というのは本当は心のバランスを保つのに重要な要素。
貯金がないと、収入が下がるとすぐ破産だ赤字だとかいうのが問題。
少ない収入でも立派に結婚して生活している人はたくさんいる。
だけれどもお金は重要。

悲しいことだけど、私のように若い20代のうちに最大限貯金するしか、今の日本を生きていく方法はないのかもしれない。
30代40代になると転落コース、落とし穴が多すぎて、前に進むことすら困難になる。
まあ、恵まれた仕事をしている人たちは別ですけどね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

トイレで水道代の節約を意識した流し方

トイレで水道代の節約を意識した流し方

[/caption] トイレは、大で流したりすると水を大量に使い

楽天くじで1万ポイント当った

楽天スピードくじで10000ポイント当たりましたよ

いつも「本当にあたる人はいるのか?」と疑問に思いつつもメールが

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カツを揚げる10秒待ってからかき混ぜる
油2センチ、塩で180度、バッター液でカツをカリッと揚げる

ためしてガッテンでやっているカラカラパリパリでカリッとに

受験生は薬局でヒロポン買って医大に入って医者になった
年収300万円でも私学の医学部のお金の準備は可能だが高偏差値教育は資金不足

未来の話なので一旦もう忘れるのでメモした。 重要な

学力という格差社会に負けた
40代にもなって年収300万円台は負け組

現代日本の資本主義の稼ぎ方を40年かかっても理解できなか

事務は転職したら3倍働かないといけない
手取りの3倍稼ぎなさいは今でも心に残る言葉

昔、ホームページ制作をリース契約させるホームページ制作会

プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間
プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間だった

こんなもんじゃありません、入り口は外から大行列。入る

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑