車検代を節約するなら車検対応の修理工場、中古車屋

公開日: : 最終更新日:2015/12/18 節約の教科書

車検代を節約するならば、近くの車検対応の修理工場、中古車屋に持ち込もう
大抵お住まいの近くには、ディーラーではなくて、町の自動車屋があります。
そこが持ち込み車検に対応しているならば、持ち込み車検がお徳です。
2時間~3時間ぐらいの立会いで終わるので代車も必要ありませんから。

車の車検はチャレンジ車検がお勧めです

ディーラー車検よりも3~4万円お徳です。一回でこの差はかなり大きいです。
プジョーに乗っている会社の先輩は、車検が20万かかると言われて車を買えたそうです。外車に乗っていて、ディーラーに相談するとぼったくられます。
プジョーでも、チャレンジ車検なら10万円以下で車検ができますからね。
(車の大きさや排気量によります。)

車は大抵10万キロ走ってやっとこさチェックが必要になる頑丈な機械です。
不調でない限り、車のどの部分がどれぐらいの距離、時間が経過すればチェックが必要かあらかじめ知っておけば、車検の時の自動車整備士による部品交換など、必要ありません。

車を持つものの義務としてメンテナンスがある

自動車を所持すると言うことは、安全に走るためのメンテナンスのお金もかかると言うことです。
ですから、タイヤやオイルなどを定期的に交換し、整備することが必要です。
車は持っているだけで実は節約にならないんですね。
でも、田舎に住んでいたり、車が好きだったり、車の移動が多いならば、やっぱり持っておく必要があるでしょう。

消耗品の交換時期を知れば節約に繋がります

車検時に行う部品交換はめちゃくちゃ値段が高いのをご存知ですか?
ですから、交換は最小限の回数に抑えるのが賢いメンテナンスです。

車屋やディーラーの口車に乗らず、自分で適正のタイミングで消耗品を変えるのがお徳です。消耗品のエンジンオイルや 適正で最小限に抑えるのです。
変えるのは、車屋やディーラーに結局は頼むことになるのですが、
無駄に交換の回数を増やさなくてすみます。

●エンジンオイル 6000km、乗らないのであれば1年ごと
●ATF(オートマのミッションオイル) 20000kmごと
●エアクリーナー 20000kmごと
●エンジンプラグ 20000kmごと
●タイヤ 亀裂が入ったり、タイヤの溝が減ってきたりすれば交換

車が10万キロを超えたら、車全体にガタが来るときです。
日本車は30万キロぐらい壊れないのですが、10万キロを超えると、できればすべての消耗品を交換したいところです。
古い車を乗る方は、詳しい方や行きつけの車屋に相談しましょう。

車のメンテナンスを怠ると、いざと言うときエンジンがかからなくなったり、
タイヤがパンクしたり、エンジンオイルがもれたりなど、思わぬ災難に合うことがあります。
車の定期メンテナンスは、車を所持する人にとってしなければいけないことなので、
賢く節約して、かかる費用は最小限に抑えましょう。

ほかにもこれ読んでみませんか?

貧乏人がお金を使ってストレス発散は間違っている

貧乏人がお金を使ってストレス発散は間違っている

貧乏人代表の私から言えば、ストレス発散のためにお金を使うという発想

節約主婦は芳香剤や消臭剤を買わない

節約主婦は芳香剤や消臭剤を買わない

今、芳香剤や消臭剤がブームです。 主婦の方々はここぞとば

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
建売を逃したが高い金額を入札しないことにした

家を買うのをしぶると、値下げ交渉しても、購入の手続きをし

no image
奈良県のゴキブリが怖くない理由

大阪といえば黒ゴキ。 その5センチは軽く超える巨大さと

no image
マイホームを決算時期に即決で買えなかった理由はやはり心の準備ができていなかったということか

約半年前、マイホームを決算時期に即決で買えなかった理由は

no image
ファースト住建の悪口とマイホーム選びで学んだ事

3月決算とき家の値段が下がっているのは売れ残り。 売れ

食べたら寿命が3日伸びる卵をもらった
食べたら寿命が3日伸びる卵をもらった

ういらんという卵を貰った。 wining run 

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑