貧乏人がお金を使ってストレス発散は間違っている

公開日: : 最終更新日:2014/04/07 節約の教科書 ,

貧乏人がお金を使ってストレス発散は間違っている
貧乏人代表の私から言えば、ストレス発散のためにお金を使うという発想自体が間違っています。収入が少ないのに支出が多くなれば、手元に残るお金が少なくなり、惨めになるだけでしょうが。

年収~300~400万円の人達ってお金を使ってストレス発散することが正しいと思っている人が多いが、明らかに間違っている。
タバコでストレス発散する人も間違っている、健康とお金を無駄にしているわけだから。

日常は低コストにしないといけない、つまり節約しろって言う意味

お金を使ってストレス発散するなら、「たまに」でないといけない。
タバコも麻薬も快楽を求める物は何でもそうだけど、人間は同じことを続けると慣れて敏感さがなくなる。
だから、タバコも麻薬もお金を使うことも、毎回していればだんだん同じ消費量では満足できなくなり増量していき、身を滅ぼす。(金銭的な意味でも)

今の年収300万円時代に貯金がない人なんて何の価値もありませんよ。
年収が300万の人が将来年収600万とかにあがる未来なんてないんですから。

宵越しの金を持たない人は仕事が首になれば生きていけないのですから。
それで会社の奴隷となりすがりつくのですか?それが最近多い、YESマンの現実でしょう。(YES万は会社の業績を悪化させる要因です)
年収300万円の仕事とは、代わりは誰でもいる、いつ首になってもおかしくない仕事をしているということですから。

悲しいけどこれ戦争なのよね

若い頃に努力と勉強して医者とか弁護士になった人と同じ考え方を持ってはいけません。
誰にでもできる仕事を会社にすがることでしか生きられない低収入の仕事をしているという自覚を持つべきです。

いい仕事で給料を得ているいわゆる勝ち組の人達は勝ち組になるために努力をしたんですよ。私達はその努力の意味さえわからないまま大人になってしまって席を失った。(社会のせいにしてみる)

今更今の仕事に努力なんてなかなかできないです。努力しても給料は上がりませんからね。食い物にされるだけです。
日々の仕事をするだけでも結構しんどいですからね。
貧乏暇なしというやつです。

たまにするからストレス発散になる

ストレスを発散するにはたまにするからいいんですよ。
スポーツ、運動、音楽を聴く、音楽を演奏する、美味しい物を食べる、お金を使う。
毎日すると、それはご褒美ではなくなりただの日常になる。
日常はご褒美ではない。
すると、コストの馬鹿高い日常でお金を失うのはただ自分の首を絞めているだけとわかるでしょう。

やっぱり年収300万円のサラリーマンがやるべきことは、副業です。
今の私がまさにこれですが、副業をしてみて、稼げない現実、これが自分の今の価値でしょう。
副業の方が、純粋に自分の価値を高めるための努力ってやりがいがあるじゃないですか~。

ほかにもこれ読んでみませんか?

アミューズメント施設は楽しさの体験を販売しているし

お金を使うと楽しいが人生の90%は辛い事

節約の心構えがあります。数年前に書いた記事です。 お金を使うと楽

コンビニで大阪ラーメン

仕事の昼食コンビニ節約術!400円以内!

仕事でお昼はコンビニで買うことが多いです。 OLさんやサラリーマンは

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
ブロック塀は終了。ステンレス柵を作る会社の株が上がる

ブロック塀は、ただブロックをセメントで上に積み上げただけ

シュークリームと交換した息子の絵
息子の絵が100円で売れた?銀座コージーコーナーシュークリームもらった

子供の絵を店頭に置いてある台紙に書いて店頭で提出する

地元の平野区のスーパー玉出平野は小学校の隣にあった。
スーパー玉出の思い出は生臭い

地元の平野区のスーパー玉出平野は小学校の隣にあった。

売れ残りはアーネストワンの建売が多いのも事実
アーネストワンの悪口

網戸や雨戸がついていない 庭が土のまま(外溝工事を

蓋をくるくる回して遊んでいます
息子のおもちゃ、蓋がとれない眼鏡ケース

蓋が取れそうで取れない眼鏡ケースを息子が気に入ってい

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑