消費社会。信用を貯めれないからお金を貯めます

公開日: : 最終更新日:2015/07/11 節約の教科書


最近の若者は金遣いが荒くて貯金がないらしい。
ある30代男性の方のブログを読んだんですが、年収が300万円で貯金がないらしい。娯楽でほとんど使い切ってしまうらしい。(風俗やパチンコ)

その人はたまたま男性なだけで娯楽があれですが、女性であれば違う娯楽にすり替わる。最近の若い女性も、服だとかいい物を食べたりいい生活したり買い物しすぎでお金が無いらしい。
今はどこの施設もショッピングモール化が進み、どこへ行っても何かを買わないといけないようになっている。消費社会を絵で書いたそのままな感じ。

ホリエモンは「若者は貯金はするな」「信用を貯めろ」といっているらしい。
若者はどんどんお金を使って、資本主義者で勝者の側へお金を貢ぐという意味。
今お金を借りれば利子が非常に少ない。
どうやら最近の若者は、ホリエモンが言うように貯金をしないみたい。

若者は娯楽と消費でお金を使って貯金をしていないが、娯楽と消費では信用は貯まらない

ただでさえ雀の涙ほどの給料をいっぱい使うのはいいですが、
もし生活がままならなくなっても誰も責任を取ってくれない。
未来、自分が年を取ったら、若いからこそ出来るこんな簡単な仕事いつ首を切られるかわからない。だから、自分を守るのは自分。

私は信用を貯めることが出来ないので貯金します

信用を貯めればお金を借りたりできるかもしれませんが、それはお金を増やせる人です。私はお金を借りても増やせないので信用は必要ありません

また、高齢者は貯金がいっぱいあって使わないらしい。
でも私の知り合いや親族で貯金がたっぷりある高齢者なんていないんですが。
どこの話をしているんでしょうか?
私の住んでいる大阪国にそんな人いるのでしょうか?

というわけで、最近お嬢さんがいっぱい娯楽を楽しんでいるようなので、
私とのデートはできるだけお金を使わないものにしようと思う。
これでダメだったとしてもそれはそれで合わないということでしょうがない。

娯楽は人生にとって必要ですが、バランスが大事。
私もお金を使う娯楽は楽しい。これは、昔作っておじゃんになった節約のページに詳しく書いたので今は書かない。
お金を使わないといけない娯楽をしてしまうとお嬢さんは2倍娯楽をしてしまうのだから、これはちょっと私は控えないといけない。

私の人生の考えは、「防御は最大は攻撃なり」ですから

防御は攻撃されないと成り立ちませんが、私の人生、24時間攻撃されっぱなしです。私が仕事が休みの間でも寝ている間でも遊んでいる間でも常になにかしら攻撃をうけています。それは社会からの攻撃も含みます。だから最大の防御が攻撃になると思っています。

お金は紙幣価値が今後一定とは限らないので他の媒体へ変更する必要があります。
ある福島の高齢女性は、1000万以上タンス貯金していたのに、震災で流されてお金がなくなったといいます。
今の時代何が起こるかわかりません。
普通に生きるのだけでもめんどくさい。

消費社会とホリエモンの言葉からひらめいた私が信用を貯めれない話終わり。

口座開設キャッシュバック特集

…DMM証券とか口座作るだけで2万円貰える。 インターネット回線変えるだけでキャッシュバック。

ほかにもこれ読んでみませんか?

節約とはスーパーを比べて安いほうで買うのではない

節約とは、物を安い値段で買うことではない。 節約とは、スーパーを比べ

サラリーマンの月収を毎月5万円アップする方法

私の節約話が続きますが、収入を5万円アップする方法をお教えしましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
バイデンは就任式で逮捕、大統領になればすぐ死ぬか辞職してハリス大統領になる

トランプは就任式前に逃げて、 バイデン大領領就任式は普

no image
1歳から食べれるお好み焼きはスライサーキャベツ蒸し焼きが決め手!

最近この作り方にハマっている。 以前は前エントリーの作

風邪をひくと熱がでます。マスクをして病院に行きます。
幼児4歳向け、文を読んで言葉を書く無料プリント

幼児4歳向け、文を読んで言葉を書く無料プリントです。

windows10の更新でphotoshop7.0が固まる
windows10の更新でphotoshop7.0が固まる

なんということだ・・・ windows10のアップデー

トラックの数字をさがしてまるをつけましょう 無料勉強
かずをさがして丸をつけましょう 無料教材プリント 幼児

ウインドウズ10のアップデートでフォトショップがフリーズ

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑