不登校の子供を焦らせてはいけない、多様な生き方に必要なこと

公開日: : 最終更新日:2014/10/01 生活

不登校の子供にはいかない理由が何かある。
本当の課題は何か、個別に確認することが重要。
保護者は自分の体験をもとに考えがちだが、子供な子供なりに学校へいく意味を考えている。
それが学校に戻る選択肢のときもあれば違う場合もある。

人間は失敗をたくさんする。
でも命に関わるようなことでなければ、必ずやりなおせる。
今の日本社会は柔軟性を失い、ルートを外れると別の選択肢が乏しくなった。
多様な生き方を助け合って活力に変える風土をつくっていく時期に来ているのではないか。
不登校に詳しい児童精神科医石川憲彦さんのお話。
不登校の子供を焦らせてはいけない、多様な生き方に必要なこと

多様な生き方を求めるために必要なこと

人が敷いたレール、ルートは、みんなと同じようにして同じように努力すれば進むことができる。一度脱線するともう動けない。線路を走る電車は道路や草原を走れませんからね。
その多様な生き方を求めるには人より数倍努力が必要。
自分が選んだ道なんだからやるしかないというのもあるが。
でもその道を進んでいいよっていう社会の器も親の器もない。
極論、学校に行かなくても勉強できなくても将来お金を稼いで生きていく方法なんてたくさんあるし、実行している人もいる。

自分も反抗期で、昔そういう時があったかもしれないが、馬鹿なので明確な理由が自分でもわからなかった。
とりあえずなんかしんどいから「今日は」行きたくないというニュアンスだった。
磯部磯兵衛みたいな感じでしたね。

子供は焦らせてはだめ

自分が子供だった頃の経験から、子供っていうのは焦らせてはいけないと思います。
よく、親が子供に叱るときに、どうするの!こっち!あっち!早く決めて!今決めて!って言って、子供が「うう~~~~~んんん!!!」ってなるシーンを見たことがあると思います。
親がけしかけるケースが一番ダメ。虐待の一つですよね。
でも、焦らないこと、待つことに対して、若いうちはいいんですが、20代後半、30代になっていまだにモラトリアムだと人生終わりです。
子供のころから自己解決する癖をつけないといけないということでしょうか。
独り者なんですが、新聞記事を見てそんなことが頭に浮かんだのでかきました。

ほかにもこれ読んでみませんか?

寝る前のストレスで昼夜逆転、快眠情報の寄せ集めはこれだ!

早大の実験でわかった寝る前のストレスで昼夜逆転。 寝る前の時間にマウ

猫の台所マットは洗濯機で洗うのが一番いい

台所のスリーキャットのマットが汚れてきた。 猫が可愛いので気に入って

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

家の外についている電気給湯器ブレーカーテスト
ふろ自動を押しても、おふろに栓をしてください、で止まる

うちの中古の家はタカラスタンダードのebcf-4とい

たこ焼きの利点は調理が簡単で、息子と一緒に作れるところ
たこ焼きの生地が硬い、丸まらない、ソースが濃いから改良しました

ニトリの1500円のタコ焼き器が以前から欲しかったけど、

眉毛の形をスマホアプリで整えるいい方法を思いついた
眉毛の形をスマホアプリで整えるいい方法を思いついた

眉毛の形を整えるのは初心者には無理。 女性は化粧に

no image
なぜ寝てるのを無理やり起こしてお茶、歯磨き、トイレのルーチンをするのか

寝たいときに寝かせてあげたいのに 寝る前には絶対にお茶

この赤いケーブルをデスクトップパソコンに繋げると電源が切れた
umidejiのスマホが充電できないは電源の接触不良かと思いきや?

1か月前からumidejiのスマホが充電できるときと出来

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑