お風呂は北は寒い、死因やリスク、安全に入るには?

公開日: : 最終更新日:2014/01/30 生活

外風呂は温度差が激しい
何の知識もない私のだいたいの予想だけで考えたお風呂に関するコラム。
●風水で風呂場は北へ置いてはいけない理由
●お風呂で亡くなる方の死因やリスクについて
●ではどうやって安全にお風呂に入ればいいか?

風水で風呂場は北へ置いてはいけない理由

江戸時代からお風呂(水場)で入浴中に亡くなる方というのは多かったみたいです。
よく風水で風呂場は北にしてはいけないということがありますが、これは北は太陽が当たらないので一番寒いからです。

なぜ寒いからダメなのか?というと、北は日があたらず、生活しているところとの温度差が一番高いところであり(冬は一番寒い場所)、水などを使ったり、お風呂に入ったりすることでこの温度差に加え、血圧変化なども加わり亡くなるということが昔からなんとなくわかっていたという名残でもあると思います。

先人の教えという奴です。

現在、上記のような理由だけで亡くなるというわけではありませんが、
高齢化社会が進んできており、持病をもっている方には一番注意しなければならないのが入浴です。

お風呂で亡くなる方の死因やリスクについて

お風呂に入るという文化がある日本ならではかもしれませんが、
入浴中になくなる死亡者数は年間1万人以上にのぼり、
交通事故よりも死亡者数が多いという結果があります。

入浴中の死因で一番多いのが心筋梗塞と脳卒中です。
最近では、薬や病院での治療が高度になったおかげで、
心臓病、弁膜症、脳梗塞、高血圧が進んだ状態、動脈硬化などを持病に持った高齢者の方が数多くいます。

薬や治療で押さえていて毎日普通に過ごすことができるのですが
いかんせんリスクを負った状態というのも考えなければいけません。

よくオバちゃんとかで、自分は結構健康に自身があり元気だ!という方がいますが、
そういう方こそ元気にちょっと足かせをして慎重に行かなくてはならないのです。

入浴では、温度差に加え、お風呂に入ることにより血圧上昇が起こり、同時に体温の上昇で血が固まりやすくなる状態になります。
特に寒い脱衣所やお風呂場に入ったときは寒さのために血管が収縮し、血圧が高くなります。
それに加え、お風呂につかると血圧上昇と、脈拍上昇が加えて現れます。

急激な体への影響の変化は、
血栓で血管が詰まったり、もともと破れそうだったもろい血管(脳)などが破れて脳梗塞になる
という危険が伴うのです。

ではどうやって安全にお風呂に入ればいいか?

・普段の生活している場所とお風呂との温度差をなくす
・お風呂に緊急呼び出しボタンを付ける
・体全部をお湯につけるような深い浴槽ではなく広めの浴槽で半身よく程度にする
・高い温度のお風呂には入らない

実際、私の祖母はお風呂に浸かっているのですが80歳ぐらいなのにまだまだ元気です。
うちの祖母が住んでいるマンションは、私の家と同じく台所が脱衣所なのです。
台所は居間と面しているので温度差が少なく、高齢者にとって台所や居間を脱衣所にすることは結構重要なことだなぁと思いました。

ほかにもどうでもいいことですが、
お風呂の湯は水がもったいないので1ヶ月に一回しか変えないらしいです。
レジオネラ菌が繁殖しそうで怖いですよね。
でも何年も続けているのでそれは大丈夫のようです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

敷金礼金0円でも初期費用は20万円以上かかる

いろいろあって奈良県に移住することにしました!初めての自分達での暮らし

不安で面倒だから親を特養や老人ホームに入れるの?

親には高齢でもぎりぎりまで自分の家で暮らして欲しいものです。 私

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

4才幼児が●罰ゲーム(マルバツゲーム)やってみた
4才幼児が●罰ゲーム(マルバツゲーム)やってみた

4才の息子とマルバツゲーム(●罰ゲーム)やってみまし

no image
答えの出ない問題を複数に聞こえるところで質問するという、おばちゃんたちの迷惑行為

最近、答えの出ない問題を自分を含めた複数に聞こえるところ

行く気マンマンと満タンとマンマについて
行く気マンマンと満タンとマンマについて

< 嫁が外食が好きで最近昼食は外食ばかりですが、4歳息

保険証 職場 ばれる
保険証 職場 ばれる

保険証は国民保険なら国民保険加入義務が有る。 今回

火災が発生したとき、または発覚したら 落ちついてマネージャーかフロントにすぐ連絡してください 大声で叫ぶか音を立てて近くの人に知らせてください お部屋から出られるときは必ずドアを閉めてください(火や炎が広がるのを防ぐことができます)
安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑