パソコンをつけたらプープープーと3回ビープ音が鳴って起動しない3つの原因

公開日: : 最終更新日:2019/10/16 パソコン経験

ウインドウズVISTAまでの時代、98や2000はパソコンのトラブルというのは本当に多かったし、ウインドウズのデータが壊れて起動しないから、起動ファイルを入れ替えるとかいろいろ方法があった。
でもウインドウズ10になると、自動修復だし、パソコンが壊れるというのは本当に少なくなった。

パソコンが壊れるというのは、煙が出たりしたら焼けた場所が壊れたということだけど、
そうではなく、パソコンをつけたら
プープープーと
ブザー音が3回鳴ってウインドウズが起動しないとき、

考えられる簡単な原因は3つ。

1.ホコリによる温度センサーの異常
2.マザーボードの異常、ノートパソコンなら放電、ボタン電池の交換
3.USBなどの異常

1.ホコリによる温度センサーの異常の対処方法

CPUクーラーのところはなんとホコリですべてフィンが埋まってました
パソコンの蓋を開けてホコリを全部取る。
できればエアーダスターやほうきで。
自分の場合は、フーと思いっきり息を噴射してホコリを飛ばす。
唾を飛ばさないようにね。

2.マザーボードの異常、ノートパソコンなら放電、ボタン電池の交換

ノートパソコンが起動しないときは放電すれば起動する確率が高い。
放電はパソコンのコンセントアダプターを抜いて半日ぐらいほっておく。
そして次の日にパソコンをつけると起動するといった具合。
この場合はマザーボードが壊れているか、マザーボードのボタン電池がない確率が高い。
マザーボードの電池がないとき、2~3日パソコンの電池を空にして起動するとパソコンの内蔵時計が狂っていることでわかる。
内蔵時計が狂っているとマザーボードのボタン電池切れ。

3.USBを全部抜く

USBやパソコンに接続されている部品を全部抜いてパソコンをつけるとつくことがある。
USBなどの接触が悪いと起動の具合が悪いかもしれない。
よくあるのがビープ音じゃないけどパソコンのファーストブート(起動ボタンを押したら一番初めに読む場所)が
USBになっていて、USBにウインドウズが入ってないからウインドウズが起動しないトラブル。

まあパソコンがつかないということはパソコンの寿命が近いということでバックアップをしておいた方がいいかもしれません。
10年使ったら寿命は近いかもしれません。
うちのデスクトップパソコンも寿命が近いのかもな~。

ほかにもこれ読んでみませんか?

ガラケーには付箋を貼るペタメモという機能がある

ガラケーには画面に付箋を貼るペタメモという機能がある

ガラケーは電池が長持ちするんですが、文字が打ちにくいのでメモとして

windows2000の起動画面

グーグルツールバーがwindows2000にインストールできない

専門用語を検索するときはやっぱりグーグルで調べないといい情報が得ら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

うちのネット回線もビッグローブです。キャッシュバッグ+工事費無料がお得です。

画像をそのままGIMPにドラッグする
フリーソフトだけでイラスト素材をエクセルで使用する方法

無料のフォトショップと同等の機能があるGIMPを使って、

nvlddmkmの応答停止を止めました
ダンピング オブ フェイシャル メモリーでブルースクリーン ブルーバック

MS-DOSモードが起動しないので試せない。 回復

no image
自分の子供に医療の仕事を勧めようと説得する例文

あの子と自分は仲がいいが、あの子は嫌い、ソリが合わない。

no image
鼻の脂で傷だらけのCDが1回だけ読める

昔のCDRデータコピーしてもう捨てよう。 だがディスク

トランポリンの説明書をスキャンしてアップ
トランポリンの説明書をスキャンしてアップ

以前購入したトランポリンの説明書をそろそろ捨てるのでスキ

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑