パソコンを5秒で起動する裏技。すぐブログを書く!

公開日: : 最終更新日:2016/03/24 パソコン経験

電源入れたらすぐ起動してメモ帳でも使えないと何を書こうと思ったか忘れてしまいますよね。
私のパソコンは5秒で起動するんですよ。
この5秒起動のパソコンには二つの方法があります。

1.SSD搭載のwindows7以降のパソコン

パソコンを5秒で起動する裏技。すぐブログを書く!
普通の磁気ハードディスクのことをHDDといいます。
磁気ハードディスクを搭載したパソコンは、そこそこ新しいモデルでも起動に1分~2分ぐらいかかることが多いです。
ですが、私のパソコンは5秒で起動します。
理由はSSDにウインドウズをインストールしているからです。

SSDは簡単に言うと、microSDと同じフラッシュメモリーです。
詳しくは書きませんが、アクセスするのに時間がかかる構造ではないため、
磁気ハードディスクと比べて超高速なのです。
ブログを書く方は、パソコンを買い換える時、必ずSSD搭載パソコンを買いましょう。

でもこの方法はパソコンを買いなおす必要がありますよね。

2.古いパソコンで5秒起動するには休止状態にすることです

私は結構古いモバイルパソコンを使っています。
windowsXPは比較的起動が早いですが、普通に起動すると1分以内で起動できます。
もちろん起動が早くなるチューンはしてありますが、それでも遅いです。
古いノートパソコンでも5秒で起動する裏技があります。

それは、シャットダウンせずに休止状態にすることです。
待機電力を微量使うという問題がありますが起動はめちゃくちゃ早くなります。
コントロールパネルの電源オプションのプロパティーで、
ポータブルコンピューターを閉じた時(ノートパソコンの画面を折りたたんだ時)
で休止状態、

またはコンピューターの電源ボタンを押した時で
休止状態にしましょう。(電源オプションのプロパティーで有効にしておく)

この状態にするとパソコンは終了しても電源は切られません。
ログオフされた状態になります。
そのかわり、次使う時5秒で起動できます。

とりあえず、パソコンは電源押したらすぐ使いたいという方は是非試してくださいね!
すぐブログを書くに最適です!

関連記事

imgb8f72962zik8zj

Pavilion s3220jpのCPUの交換

Pavilion s3220jpはCPUがsempron 2.2G

windows10のIEはアクセサリーに格納されてた

windows10のIEを複数起動する方法

windows10にアップデートしたら使いにくくなりました。 一番使

会社で使うポスターをイラストレーター

会社で使うポスターをイラストレーターで作ってみました

会社で使うポスターをイラストレーターで作ってみました。 作り始め

windows2000の起動画面

windows2000の有効なWin32アプリケーションではありませんを回避してみた

誰もが最新OSが導入された最新のパソコンを使えるわけではありません

property

geforce8400が壊れる

ゲームやっていたら突然パソコンが固まりました。 どうぜ以前と同じnv

no image

クリック型広告を魅力のないサイトで上げる方法

FXを何度かやりまして、中期的な予想を立ててやってたのですが、10万と

外付けドライブDSM-PC58U2V-BK

外付けドライブDVSM-PC58U2V-BKをネットブックのために購入

ネットブックにはCDドライブが付いていないので外付けを購入しました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
頑張ってるバカがここにいますよ!タイトルを変更した理由

なぜタイトルをこれだブログに変更したかって? 源泉徴収

no image
残業多くて子育てできない職場は誰も働かない

少子化でこれから安い給料で過酷な職場は人の確保が難しくな

no image
電気で走る軽自動車は無いがワゴンR2017フルモデルチェンジに期待

今普通車から軽自動車に乗り換えることを考え中。 軽自動

外見が草食系で中身が肉食系の男性のことをロールキャベツ
外見が草食系で中身が肉食系の男性のことをロールキャベツというらしい

外見が草食系で中身が肉食系の男性のことをロールキャベ

ダウン症に幸せですか?と聞くと95%がはいと答えた
ダウン症に幸せですか?と聞くと95%がはいと答えた

以前テレビかなんかでこんなテーマがあった。 ダウン

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑