と同期中にエラーが発生しました。時計の同期ができなくなるトラブル

公開日: : 最終更新日:2015/02/08 パソコン経験


VISTAで時計の同期ができなくなるトラブルです。最近勤務時間がながいので、家に帰ってパソコンをつけるといつも時計が狂っている。
パソコンを消すのはいつもAM0時。いつもAM4時ぐらいで時計は止まっている。
マザーボードの内臓電池が切れているのかな?
時計を手動で元に戻すのが日課になっていました。

でもどうしても毎回戻すのは面倒だしパソコンとしておかしい!ということで調べてみました。ウインドウズはタイムサーバーのようなパソコンにアクセスして時間を自動設定しています。

ポートは123をつかっているらしいですが、個々最近ポートはいじったことが無い。
マザーボードの電池切れは調べなくてもいいとしてやはり、
インターネット時刻設定のインターネット時刻サーバーと同期するという機能がうまく動いていないのが気になります。
今すぐ更新をクリックすると、「time.windows.comと同期中にエラーが発生しました」と表示され時間が更新できない。

もうちょっといろいろネットで検索してみると
どうやら、どういった因果関係があるのかはわからないけど設定するサーバーによっていろいろあるようです。いろいろ試した結果、時刻サーバーを東京大学「130.69.251.23」に設定したら時刻サーバーとの同期ができました

パソコンの時計が合わないのは、マザーボードのボタン電池切れが原因です

追記です。
結局、この時計の同期というのは、12時間ぐらい本当の時刻とパソコンの時刻がずれていたら更新できないという仕様があるようです。だから、時計を適当に本当の時間に近づけて、更新ボタンを押すと、大抵どこのIPでも時計は更新されます。

ついでに言えば、パソコンには電源を切って、コンセントを抜いても時計が止まらないようにボタン電池がついています。おそらくこのボタン電池がなくなったためにコンセントを抜くと時計の時間が維持できなくなったのでしょう。
エコと叫ばれる今は、電化製品は電源を切ったらコンセントも抜かなくてはなりません。待機電力もバカにできませんからね。

マザーボードの電池を変える方法はこちらから!

関連記事

windowsXPを最新にアップデートする方法

windowsXPを最新にアップデートする方法

2~3年前に紛失したディスクとプロダクトIDを見つけてwindowsX

ソーテックGX4200AVR

GA-G31M-ES2Lでパソコン自作しました。

弟のパソコンがめちゃめちゃ遅くなってました。 なので『GA-G3

BIBLO MR16B

BIBLO MR16BがBIOS起動でフリーズ、富士通ロゴ画面で止まる

富士通のロゴでフリーズ、さらに運よくBIOSが起動すれば、BIOS

no image

Glary Utilitiesを使ってみた

会社のパソコンすべてに初めからインストールされている レジストリクリー

165

PCI MINI2 GW-US54Mini2で繋いでいるNEC-lavie-lightがインターネットできなくなる

NEC-lavie-lightには標準でwindowsXPがインス

アクトビラでしょこたんブログ

アクトビラ使ってみた

アクトビラは、地デジのテレビにネットをつないだら無料で見れて使える

word2000

.docx .xlsxをword2000 excel2000で開く方法

私の会社ではオフィス2007などの最新のwordやexcelが会社

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2017年店頭で買える一番安いノートパソコンはこれだ!
2017年店頭で買える一番安いノートパソコンはこれだ!

店頭で買える一番安い早いノートパソコンとは? 久々です

相談だけでアンパンマンのクリアファイルとレジャーシート
急いでいる時間のない人に学資保険を選ぶならこれだ!

学資保険… なぜか地方銀行や信用金庫にはない商品…

no image
特許:親指が破れた靴下を伸縮布テープでふさぐシール

こんなのはどうでしょうか。 もうあるかもしれないけど、

改めて写真を見るとレイアウト変えればなんとかなったかも
赤ちゃん本舗の無料の寝相アートの感想とレビュー

第一印象はレベルが低すぎた。 無料の先着5名とかの赤ち

お食い初め2700円で鯛付き豪華
お食い初め親子3人で予算5000円でしてきた

お食い初めをする予定はなかったのかもしれないんですが仕事

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑