冬の夜景を見に19時にあべのハルカス展望台へ

冬の夜景を見に19時にあべのハルカス展望台へ
19時ぐらいにあべのハルカス展望台に夜景を見に行ってきました。
地上300メートルを登るエレベーターが景色が見れないのは残念でしたが、エレベーターを出たとたんの夜景のパノラマには感動しましたね。
少し混んでいる程度で十分楽しめました。

駐車場はもちろんコーナンに止めました
上限600円なのがうれしい。

この壮大な夜景!見たくないですか?

ハルカスこの壮大な夜景!見たくないですか?
100万ドル以上の夜景です。
なんというか、口では言い表せない雰囲気でした。
来たかいがあったというものです。

ハルカス展望台のカフェを予約なしで

ハルカス展望台のカフェを予約なしで
一通り見終わった後、8時すぎぐらいには地上約300メートルで予約なしで窓際の席に座れました。ふつうこの高さのビルの窓際席を一人1500円のメニューで座れないと思います。席取りは難しいけれど、夜なら客も少ないです。特に寒い冬は。
ハルカスカフェですね。
珈琲が400円ぐらい、食べ物は1000円~です。
値段は高いですが高くないとも言えます。

ハルカス夜景デートの予算は8000円ぐらい

シティーライトファンタジアというイベント
入場料一人1500円で、ハルカスカフェでの食事は1000円+500円ぐらいのドリンクで一人1500円。
デートなら2倍の6000円。
駐車場600円合わせて7000円ほど。
まあ社会人デートの1回のデートの予算は8000円が相場と考えられるので一応OKといったところか。
でも天王寺相場高いね。

ちなみにコーナンの駐車場は21:30で閉鎖なので気を付けて!

ちょうど海遊館の映像コンテンツが見れた

ちょうど海遊館の映像コンテンツが見れた
ちょうどシティーライトファンタジアというイベントやってました。
夜景の窓に映し出される、プロジェクターの映像。
3D映像が数分~数十分に一度放映され、それを見ることができます。
地面に映し出されるものや、窓に映し出されるものがあります。

ニフレルとハルカスの共通点は海遊館

ニフレルとハルカスの共通点は海遊館であり、デジタルコンテンツによる付加価値。
夜は通常値下げですが、値段はそのままで付加価値を提供している。
ニフレルも都会なので海が遠い。
水槽が少ない分デジタルコンテンツで付加価値をつけている。

大人向けデートでしたね。
拝金主義なのは仕方ないですが、夜景はきれいな物でありました。
ちなみに、ハルカスには16階と17階に無料の展望台がありますよ。
立ち寄るときはぜひ行ってみてはどうかと!

関連記事

天王寺駅周辺の駐車場です

天王寺の安い駐車場はここ!

天王寺は大阪の中でも主要な街です。交通機関が密集しており、大阪の北

東大阪のショッピング施設

中環の東大阪JC近くの東大阪フレスポに行ってきた

中央環状線東大阪ジャンクションを越えて鶴見の途中にある施設フレスポ

窓からの神戸市内の夜景が綺麗です

神戸で一泊しました、神戸市内の夜景

神戸市内の夜景が見えるホテル、神戸ポートピアホテルで1泊しました。

吹田のデートならニフレルの楽しみ方

吹田のデートならニフレルの楽しみ方

吹田の万博公園に新しいアウトレットモールができましたね。 エキス

王子動物園の駐車場は広い

王子動物園の安い駐車場はここ!

王子動物園に行ってきました!その前の駐車場の置き方をご紹介します。

大和郡山の松尾寺

大和郡山の松尾寺に初詣に行ってきました

霧がすごくて大丈夫なんかとおもったけど晴れてきました。 去年は石

花の道では、青いネモフィラという花が咲きほこっていました

駐車場無料の奈良の公園なら馬見丘陵公園

大阪から1時間で行ける、奈良の駐車場無料の公園です。 馬見丘陵公

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
大人の階段って何?学生食堂でバイトしてた話

20代後半から仕事がバリバリできるようになりストレス耐性

祝日の京都水族館のイルカショーは立ち見
朝に京都水族館、夕方に帰宅で昼寝にしたらよかった

息子と嫁と京都水族館でデートしてきました。 京都水

no image
子供に自分で選ぶ、決断する力をつける方法とは?

エア子育てシリーズ。 いろいろ妄想して、うちの息子をど

no image
特許:大手家電店がアマゾンや楽天に勝つ唯一の方法は電話で在庫販売サービス

電化製品の配送サービス。 電話すると持ってきてくれる。

no image
右と左、子供にどう教える?教え方10個

右と左。 意識し始める年齢は何歳ぐらいだろうか、2歳ぐ

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑