夏は日差しで暑い温室。9月末に鶴見緑地の咲くやこの花館

公開日: : 最終更新日:2014/09/29 大阪から車で1時間以内のデートスポット

夏は日差しが入る温室。9月末に鶴見緑地の咲くやこの花館
鶴見緑地の駐車場は空いていた。
9月末の日曜日なのにありがたい事だ。
鶴見緑地は敷地が広いので、歩いて回れない。
折りたたみ自転車を入れて回ってみたいなと思いますね。
子供連れなんかも人がさほど多くないのでオススメ。

鶴見緑地のハワイのハイビスカス、コナ
夏に行くと、冬とは違って鮮やかな花をいっぱい見ることができます。
ハワイのハイビスカス、コナなんかめちゃくちゃ綺麗でしたね。
(代償として暑いですがw)

大阪の温室の植物園、咲くやこの花館
※冬の咲くやこの花館の写真の色彩と是非見比べてください
以前、大阪で冬の温室デートなら鶴見緑地の咲くやこの花館でご紹介した写真を比べてみると、色の鮮やかさが違います。
天気がよかったので、撮った写真は非常に綺麗なものばかりです。

温室の中でも日差しがちょっと肌に染みました
9月末でも29度のカンカン照り、太陽の日差しが強い。
温室の中でも日差しがちょっと肌に染みました。
温室にいると暑さがぎりぎりちょうどいい、もしくはちょっと暑いぐらいなんですが、
日差しが強かったのでちょっと居づらかったです。

高山エリアに入ると涼しくなります
クーラーが効いてます。
ずっと暑かったですからね。
クーラーが効いた高山を表現した温室を楽しみます。
高山の植物は小さく色鮮やかなものが多いです。

いたるところで、テラス、温室外に出れます
いたるところで、テラス、温室外に出れます。
ですけど、日差しが強すぎてちょっと諦めました。
冬では外に出るテラスはほとんどなかったと思ったんですが、夏はいろいろありましたね。

夏の鶴見の温室デートの問題点

冬では温室内は暗い印象でしたが、夏だと日差しで明るかったです。
温室内は少し温度が高めで、あんまり落ち着いて座る感じではなかったです。
休憩にちょうどいい温度の場所が無かったのが問題点です。

いろいろ工夫をしてあるとはいえ、温室だけを観光は狭いです。
ぜんぶゆっくり回っても1時間ちょっと。
夏だと日差しが強いし暑いので鶴見緑地公園を楽しむことは難しい。
ですから、鶴見イオンモールなどと組み合わせるのがいいと思われます。

関連記事

mokomoko

ATCに行くとふわふわモコモコ動物ふれあいガーデンやってた

南港にあるITM2Fの特設会場でふわふわモコモコ動物ふれあいガーデ

12angry

12angrymen 十二人の怒れる男の感想

東大阪石切にある漫画喫茶で12 angry men十二人の怒れる男

奈良公園の鹿アイドルグループの鹿達

鹿を見に阪奈道路で奈良公園に行ってきた

阪奈道路のどん付きまで行くと、奈良市内を通って奈良公園にぶち当たり

大きなトラの張りぼて

初詣で1月4日は駐車場ガラガラの信貴山に行ってきた

仕事の都合で初詣が1月4日になりました。 1月3日までは交通規制

招待券なので入場料は無料ですが、結構お金をつかいました

大阪舞洲ゆり園の感想、写真もとったよ!

いつも行っている床屋で大阪舞洲ゆり園の招待券をもらったので行って来

あべのハルカスパノラマビュー

あべのハルカスの無料展望台16Fと17Fに行ってきた

初めてあべのハルカスに行ってきました。 タダで展望台を楽しむ方法

イオン大和郡山の駐車場

奈良のイオン大和郡山は混んでいた

お店がすごくそろっていて奈良でも楽しめるショッピングモール。 祝

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

耳の穴にニキビができて痛い。写真あり
耳の穴にニキビができて痛い。写真あり

最近耳の穴が狭くなってきた。 そして触ると痛い。

痰吸引で介護者の不眠
目の下の隈にも効果あり!乾燥肌に塗る順番はローション>クリーム>ワセリンです

乾燥肌にローションをおすすめしない理由はすぐ乾くから

テレビでやっていたタオルで片足ずつ前屈がかなり効いた
テレビで体が硬かったのに1時間でこんなに柔らかくなったは嘘の理由

毎日、朝仕事に行って夜帰ってきて夕食作成 子供をお風呂

2018年のミキハウス1万円福袋の中身ネタバレ
2018年のミキハウス1万円福袋の中身ネタバレ

2018年1月1日発売のミキハウスの福袋を大みそかに購入

馬見丘陵公園イルミは立地的には香芝インターもしくは法隆寺インター
奈良の穴場無料イルミネーション馬見丘陵公園は駐車場もタダ

馬見丘陵公園に夜に行ってきました。 なぜって、無料

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑