大阪で冬の温室デートなら鶴見緑地の咲くやこの花館

公開日: : 最終更新日:2013/07/08 大阪から車で1時間以内のデートスポット


冬で寒いし、しかも雨で天気が悪いですがちょっと遊びに行きたい。
というか蒸し暑い温室に行きたい。
温室と言えば、雨の日にもOKな神戸の神戸花鳥園なんですが、そこまで遠いとこにいくのも面倒なので、大阪の鶴見緑地にある温室の咲くやこの花館に行ってきました。入場料は大人500円です。
(重要ですが高速代や駐車場代をけちれば美味しいものを食べれます。)


ちょうど中は工事中だったみたいです。
温室というほどムッとするぐらい暑くはなく、
まあ暖房が効いてて暖かいぐらいでした。でも湿度は高い。
残念なことに、やっぱり温室にも時期があるのか、花が山ほど咲いているという感じでは無かったです。


やっぱり温室の植物園なのでインパクトが低いですが、
カメラで撮影している方や、子供連れの方などもいました。
温室なのでちょっと狭いんですが、その中に山ほどの種類の熱帯植物があるのでもっさりしてます。


サボテンの部屋はかなりシュールです。
世界の様々なサボテンが植えられていて、なんか圧倒されます。
施設の中は熱帯室、サボテン室、高山植物室を回って、真ん中のホールの部屋に入る感じで、ちょっと狭いので普通に歩くと30分かからない感じです。
熱帯の部屋はじっくり見ないともったいないですね。


冬の寒いときに入ったので客はぜんぜん入ってない。
私が思うにイオンに近いし、冬で温室なのに、注射料金も安いし警備員もいるのに客が少ないなんて運営努力が足らないすぎる。中も活気がなく全体的に暗いしね。

真ん中のホールはこんな感じでした。なんかツアーがやってたのですが、途中からなので参加できませんでした。
真ん中のホールは天井も高く非常に広々としていますが、なんだか椅子に座って何かするには手持ち無沙汰な感じが…天気が悪いと全体的に館内が暗い。ちょっと長居しづらい。鳥とかいればいいのにね。
公共の施設なので、テーマパークという感じではないのかもしれない。
でも、冬のデートとか、家族で近場に遊びに行くぐらいなら客が少ないので遊んだりも出来ると思います。

植物園も温室も貴重なので、たまには遊びに行きたいと思いますね。
たぶん春や夏になれば、鶴見緑地も綺麗な花畑もみれるだろうし、温室も熱帯室とかジャングルみたいになるんでしょうね。
今回は寒いので鶴見緑地には行かず、咲くやこの花館目的でした。
ちなみに、近くにはイオンモール鶴見があるので、帰りに寄れますよ。そんな感じのデートコースにすれば楽しいと思います。

関連記事

専門学校のミニチュアガーデンのイルミネーションは綺麗

ATCのイルミネーション見たけど寒いし規模は小さかった

ATCのイルミネーション見てきました。 公式ホームページではすごく綺

大阪城の地図

大阪城の安い駐車場はここ!

大阪城公園は駐車場がない。だから大阪城に行くときは大阪府庁の駐車場

ハルカスこの壮大な夜景!見たくないですか?

冬の夜景を見に19時にあべのハルカス展望台へ

19時ぐらいにあべのハルカス展望台に夜景を見に行ってきました。

あべのハルカスパノラマビュー

あべのハルカスの無料展望台16Fと17Fに行ってきた

初めてあべのハルカスに行ってきました。 タダで展望台を楽しむ方法

日本一酷い国道

石切から生駒に抜ける国道308号線(暗峠)を通ってきました

第二石切阪奈道路の手前に生駒に行く道があるのです。 石切から生駒

ネコは人見知りが激しいしなつかない

長堀から猫カフェぐるぐる堂に行ってきたよ

クリスタ長堀の駐車場に車を置いて、心斎橋アップルストアの近くの猫カ

バックスバニーのイオン茨木

イオン茨木に行ってきました

茨木市は中環をずっと吹田のほうに走っていって鶴見アウトレット、大日

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
子供ユーチューバー賛成の理由

昔は子だくさんだった理由 昔は子供は労働力だった。

no image
子供は炎天下の車の中に3時間いるだけで死ぬ

真夏、炎天下の車内は60度にも70度にもなります。 車

no image
大人の階段って何?学生食堂でバイトしてた話

20代後半から仕事がバリバリできるようになりストレス耐性

祝日の京都水族館のイルカショーは立ち見
朝に京都水族館、夕方に帰宅で昼寝にしたらよかった

息子と嫁と京都水族館でデートしてきました。 京都水

no image
子供に自分で選ぶ、決断する力をつける方法とは?

エア子育てシリーズ。 いろいろ妄想して、うちの息子をど

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑