奈良のしまむら生駒南店に行ってきました

公開日: : 最終更新日:2015/02/08 大阪から車で1時間以内のデートスポット


女性物が8割以上を占めるしまむら。昔からユニクロと肩を並べるほどの売り上げをだすお店ということで行ってみたかったのですが、1人では行けませんので、お嬢さんを連れて奈良にあるしまむら生駒南店に行ってきました。

しまむらは潔さというかメイドインチャイナというのを恥ずかしげもなく洋服のタグには記載されてある。
普通は中国製だと、なかなか先入観が合って買いにくいのだが、しまむらはおそらく、しまむらが「よいもの」と判断すれば何でもおいてるっぽい。
だからしまむらって、ユニクロのようなメーカーじゃなく、セレクトショップなんだなと思う。

奥には布団とかも売っていて、リラックマとかキティーちゃんなどのキャラクター商品まで置いてあるし、靴とかスリッパ一足700円とか、なんかどこぞのディスカウントショップのような売り方も同時に平行してしている。おもちゃコーナーまでありました。

しまむらはセレクトショップにしては統一性がない。だがそれがいいのかもしれない。

実際に洋服を見てみると、しまむらはデザインや方向性がばらばら。
センスがないとあわせるのは難しいだろうが、靴からブーツから上下まですべてしまむら一本で合わせられるのは面白いところだと思う。
売っている商品もデザイン、メーカーばらばらだから、いざコーディネイトしたとしてもそれがしまむらだけだってのはわからないだろう

男性洋服はちょっとしかなくて、そのちょっとの中から安いのでシャツ1400円ぐらいで買おうとしたら、Lでも袖丈が短いのです。
Lなのに7分丈みたいになってしまうので悲しい。
無駄に背が高くてガリガリで腕が長いもので、体に合う洋服ってなかなか見つからないのが悲しい。
簡単に言うと、ガリガリなので胴周りはMでもいいぐらいだが、胴が長いので丈はLじゃないとだめ。だけど、腕もまた長いので腕だとLLぐらいがちょうどいい。我ながらなんて気持ち悪い体なんだ。

まさに低価格なセレクトショップだった

スポーツのジャージなんかも売っていた。大手メーカーのジャージがメーカーバラバラに詰め込まれてあるのが印象的。
まあ流石に大手メーカーなので品質はいいだろうけどちょっと違うだろうとツッコみたかった。

女性向けの商品は中国製なのだが、どれもかわいい洋服ばかり。と思えばすぐ横にはオバちゃん服があったり、変な形をした服なんかもあり、多彩。
ダウンは非常にいい物で、もし今もってる1万円以上するダウンをもってなかったら買いたいぐらいだ。
フェイクレザーというのかな、そんな奴でまあまあなのが安くで色々ありました。
でも安さで言えばGUが衝撃的なのでGUがお勧めなんですが、GUだと、他の人とかぶってしまうかもしれないしね。

しまむらはユニクロと違って働いている人の年齢層が高い。
欲しい商品があってもしまむらは通販できない
ユニクロは若い人しか働いていない。それはやっぱり、地方にお店を展開しているからだと私は思う。
せっかく、しまむらの生駒南店に行ったのにシャツぐらいは欲しかったかな。
でも行けてちょっと満足です。だけどユニクロ並みに売れる理由はわからないままですね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

天王寺の安い駐車場はここ!

天王寺は大阪の中でも主要な街です。交通機関が密集しており、大阪の北

ランナウェイズの映画の感想・レビュー

ランナウェイズはアメリカのバンドの映画なので、なんだかわからないけ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

4才幼児が●罰ゲーム(マルバツゲーム)やってみた
4才幼児が●罰ゲーム(マルバツゲーム)やってみた

4才の息子とマルバツゲーム(●罰ゲーム)やってみまし

no image
答えの出ない問題を複数に聞こえるところで質問するという、おばちゃんたちの迷惑行為

最近、答えの出ない問題を自分を含めた複数に聞こえるところ

行く気マンマンと満タンとマンマについて
行く気マンマンと満タンとマンマについて

< 嫁が外食が好きで最近昼食は外食ばかりですが、4歳息

保険証 職場 ばれる
保険証 職場 ばれる

保険証は国民保険なら国民保険加入義務が有る。 今回

火災が発生したとき、または発覚したら 落ちついてマネージャーかフロントにすぐ連絡してください 大声で叫ぶか音を立てて近くの人に知らせてください お部屋から出られるときは必ずドアを閉めてください(火や炎が広がるのを防ぐことができます)
安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑