街コンの後のメールを返事してくれた女性の割合

公開日: : 最終更新日:2014/12/14 街コンの体験談と感想

婚活のイベント参加を始めて2ヶ月で、街コン3回参加、気軽なお見合いに2回参加しました。
リーズナブルなのでこれだけ行ってまだ2万円も使ってないです。
15人ぐらいの方とメールアドレス、電話番号の交換しました。
初めて1回目の街コン参加時は、メール交換さえできませんでした
結構凹みましたよ。ダメな男だな~って。
でも一応大人なので、短時間でトライアンドエラーをすることで2回目以降、軌道修正しました。

街コンの後のメールを返事してくれた女性の割合

初めは紳士的にメールでお礼をする程度です

街コンが終わった後、電話するとストーカーになるのでまったくしていないです。
軽くメールでお礼をする程度。
メールを送ってから返事があればよかったという感じです。
返事がなければ脈なしということでしょう。

あくまで紳士として相手の判断、意思を尊重する必要があると思います。
女性は街コンが終わったと男性に追いかけられたりすることもあるらしいですからそりゃ慎重になりますわな。

メールを返事してくれた女性の割合

なりゆきで15人ぐらいメール交換して、
私から10人ぐらいメール送って返信が2名。
相手からメールをくれた方1名でした。
返信してくれなくて、そこで終わりって言う確立も高いです。

性格がいい人で、出会いがない方は男女問わずいっぱいいると思う。
初めは誰でも恥ずかしいのは当たり前だから、ためらっている人は是非気軽に参加するのがいいと思う。

一番ダメなのは何もせず年を取ることです

思い立ったら即行動です。
返信がないと少し凹みます。
でもそれはみんな同じことなので悔やまない事です。

同僚に街コンがあるよって言われてから、私もすぐ行動に移しました。
おかげで疲れてしまいましたがw

おすすめなのはホワイトキーの街コンです




彼女彼氏がいないなら社会経験に行ってみては?と思います。
思いがけない出会いもあるかもしれません。

オススメ街コンランキング

街コンより成功率を上げるならこちらです。
自分で探す力が足りない、街コンに行ったが、自分でいいムードを作って女性を話せそうにない。トレーニングすればいいんですが、なかなかできない方は、やっぱりプロに頼むべきです。
街コンは副業でやっている人もいるので放置されることがよくありますから、行ってお金の無駄だったことも多いはず。

関連記事

私30過ぎ男子が実家暮らしな理由

私30過ぎ男子が実家暮らしな理由

弟は一人暮らしの準備を始めています。 一人暮らしのお祝いに何か家

ダイヤモンドシライシで結婚指輪を買うことにしました

ダイヤモンドシライシで値引きできない、結婚指輪買ったよ

ダイヤモンドシライシはネットには値引率が高く、押し売りをするという評価

key

婚活パーティー、ホワイトキーの反省と攻略法?

2回目のホワイトキーの婚活パーティーに行ってきましたが撃沈しました。

がんこでは、本マグロセット+寿司追加+コーヒー+小さなデザートで6人で26000円

両家顔合わせ。両親は年金暮らし同士でちょうどいい

両親の顔合わせをがんこでやりました。 結構ハードスケジュールでし

街コンと婚活は違う。婚活ビジネスの怖さを初めて知った

街コンと婚活は違う。婚活ビジネスの怖さを初めて知った

ある婚活会社に写真とプロフィール登録したら、おそらく相手の女性の了承を

彼女は彼氏の履歴書を見て将来のリスクを判断したいのか

彼女は彼氏の履歴書を見て将来のリスクを判断したいのか

彼女は彼氏の履歴書を見て将来のリスクを判断したいのか。 つまり、女性

no image

貧乏な女性を口説いてデートすること

すべて私の無責任な意見だけど、私のような年収300万円男性は、貧困女子

no image
節約とケチ(貧乏で悲惨)の違い

大阪のケチなおばはんの本、カンサイ式節約術をちょとだけ読

SKE48の松村香織さんが握手会の汗臭いクレーム問題
腐った魚の臭いがするSKE48オタクのおっさんは病気かもしれない

SKE48の松村香織さんが握手会の汗臭いクレーム問題につ

no image
子供ユーチューバー賛成の理由

昔は子だくさんだった理由 昔は子供は労働力だった。

no image
子供は炎天下の車の中に3時間いるだけで死ぬ

真夏、炎天下の車内は60度にも70度にもなります。 車

no image
大人の階段って何?学生食堂でバイトしてた話

20代後半から仕事がバリバリできるようになりストレス耐性

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑