スタジオアリスを安く利用!マタニティー撮影でお宮参りを節約

嫁がスタジオアリスを安く利用しているのでメモしました。
結局はお金使うんですがね。

  • マタニティー撮影無料券3000円分はハロー赤ちゃんのセミナーまたはスタジオアリスのマタニティーセミナーでもらえる。
  • 火曜日がマタニティーの日で無料。(限定何組様とあるみたい)

無料券を持っているとベビーシャワーブックとマグネットシールというのが無料でもらえる。

注意点としては結局は無料にならないところ

全部無料としようと思ったら写真1枚しかできない。
でも撮影でいっぱい取ってくれる。
シチュエーションも何パターンか。
だから、その中でたった一枚を選んで帰るのは寂しいということになる。

結局、二人の写真2枚と、嫁が一人で写っているいい感じな写真が欲しいと思ったら買い取りとなってしまった。
まあ当たり前だ。
無料で集客されても、無料で帰ることはまずない。

データが欲しければ1年後に540円で買い取りとなる。
データが1年後だが安くで手に入るのはスタジオアリスのいいところかもしれない。
たいてい写真館はデジタルデータも1つ5000円ぐらいしますから。

領収書はこうでした

シールプリント3枚 2940円
撮影料3000円 マタニティー優待券で-3000円

お参りの撮影料と祝い着物の貸し出しが無料になる

お宮参り撮影料無料、服(祝い着)の貸し出し無料。
さらにシャワーブックを持っていると、お宮参りの撮影が無料らしい?
嫁はこれが目当てでマタニティー撮影に行ったっていうのもある。

アリスEスマイルにログインできる

撮影すると公式ページから問い合わせ番号でログイン。
プレビューが表示されるが小さすぎて使えない。
撮影したのは年賀状で使おうと思ってたのですが、シャワーブック(1枚)をスキャンして加工しようと思います。

総評:
昔は写真館っていうのはお金持ちしか行けないところだった。
うちの両親も奮発して写真館で・・・っていう感じだったみたい。
でも今の時代は、デジカメだって優れている。
うちのミラーレス一眼だって、写真館並みの綺麗さで写真を撮ることは可能。
だが、写真館ならではの写真っていうのがある。
綺麗な背景で、ちょっと緊張した家族写真。
思い出が綺麗に残る。
これを本にしたり、データが溜まったら、デジタルプリントアルバムを作るのもいい。
(データがもらえるのは1年後)

記載途中だけど公開。
もう仕事忙しすぎて限界。

関連記事

no image

右と左、子供にどう教える?教え方10個

右と左。 意識し始める年齢は何歳ぐらいだろうか、2歳ぐらいかな?

お食い初め2700円で鯛付き豪華

お食い初め親子3人で予算5000円でしてきた

お食い初めをする予定はなかったのかもしれないんですが仕事も忙しいし。

no image

妊娠週数の数え方と切迫と仕事の休みについて

妊娠何週と説明されても自分で計算してみると合わないなんてことありません

嫁が、妊すぐ、赤すぐ特別版のオーダーメイド名づけブックというのを取り寄せていた

赤ちゃんの名前を決める!名字の天格が悪い場合どうすれば?

嫁が妊娠8か月。 お腹の中の赤ちゃんは男の子。 そろそろ名前を

インフルエンザ筋肉内注射

新米ママ、パパ必見はじめての予防接種!

新米ママ、パパ必見はじめての予防接種! これを読んで納得。僕が学んだ

赤ちゃん本舗で手形や足型を記念に撮ってくれ

赤ちゃん本舗のハーフバースデー感想と手形や足型を記念にとってくれる

赤ちゃん本舗のハーフバースデーに行ってきました。 無料でいっぱい楽し

年収300万円夫も妊活を始めることにした!

年収300万円夫も妊活を始めることにした!

私も妻との間に子供が欲しいです。 お互いいい年ですし、あまり待つ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
子供ユーチューバー賛成の理由

昔は子だくさんだった理由 昔は子供は労働力だった。

no image
子供は炎天下の車の中に3時間いるだけで死ぬ

真夏、炎天下の車内は60度にも70度にもなります。 車

no image
大人の階段って何?学生食堂でバイトしてた話

20代後半から仕事がバリバリできるようになりストレス耐性

祝日の京都水族館のイルカショーは立ち見
朝に京都水族館、夕方に帰宅で昼寝にしたらよかった

息子と嫁と京都水族館でデートしてきました。 京都水

no image
子供に自分で選ぶ、決断する力をつける方法とは?

エア子育てシリーズ。 いろいろ妄想して、うちの息子をど

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑