火事でも助かるか?3分火だるまに耐える呼吸法

公開日: : ニュース

火だるまは日本のスタントマン高橋レーシングでも30秒で限界。
なぜなら息がすえないから。
火だるまになってもなぜ3分も耐えれるのか?
火事になったときとか、自分の身を守るアイデアかな?と思ってテレビ見てました。

炎に包まれると2つの死の危険

だがアメリカの火だるま男は3分火だるまになれる
一酸化炭素中毒の危険性がある。
煙には一酸化炭素が含まれる。
10%で頭痛や吐き気、50%で死ぬ。

気道熱傷の危険性がある。
のどの粘膜にやけどし、腫れて気道をふさぎ息がすえなくなる。
窒息死する。

だがアメリカの火だるま男は3分火だるまになれる

テッドバチェラーというアメリカ人は1000度の温度の炎に3分耐えられる。
防火スーツや耐火スーツを着ない。
ハイテク素材の衣装は使わない、木綿の普通の服。
炎の中でも息を吸う。特別な能力を持っているのか?
検査結果、肥満。

パルスオキシメーター
通常は酸素95%以上 一酸化炭素5%以下、
だが、このアメリカ人は一酸化炭素0%。
一酸化炭素が体内に存在しない。珍しい。
火だるまになって3分経過、SPO2は98のままCO2も0%のままだった。
火だるまの中で呼吸をしていた。

呼吸法に秘密が

燃える前は深呼吸を繰り返している。
点火直後の呼吸は息を吸うときだけ呼吸が小さい。
炎が体から離れた一瞬の隙で浅い息を吸う
気道熱傷を起こさないようにしている。
炎を避けて小さく息を吸っていた。

熱風を吸い込めば反射的にむせる、大量に咳き込み致命傷となる。
3分間で19回の呼吸をしていた。

炎の中での精神状態、自律神経のバランス
さらにメンタルが大きく関係している。
炎の中での精神状態、自律神経のバランス。
火だるまの中は興奮状態だが、準備段階で落ち着いた精神状態になっているから冷静でいられる。

一酸化炭素中毒には個人差がある原因は解明されていない

一酸化炭素を吸っていたのか?
なぜ一酸化炭素濃度が0%なのか?
装備を脱ぐ時も煙を吸っている。
それなのに0%のまま。

結局、火事でも助かる方法ではなかった。
通常の火災では煙のない場所は存在しないためこの呼吸法は無意味。
一酸化炭素濃度が上がらない理由もわからなかった。

関連記事

スマップ解散。恩がある人の誘いを断るの難しい

スマップ解散。恩がある人の誘いを断るの難しい

スマップ解散報道。 恩人、お世話になった人の頼みを断れない気持ち、わ

深夜アニメの先駆けserial experiments lain

presentday,presenttime深夜アニメの先駆けlainがBlu-rayDisc化

電脳世界と現実世界を織り交ぜたストーリーで話題となった深夜アニメの

駅で40代の酔っ払いが理由なく突然に暴力

駅で40代の酔っ払いが理由なく突然に暴力

夕方6時のNHKニュースみてました。 駅でのトラブルで最も多いの

下あごと頭が痛いんです+横綱に行ってきた

下あごと頭が痛いんです+横綱に行ってきた

ここ2週間から下あごと頭が痛いんです。 奥歯の親知らずが内側に倒れだ

キョンが運ぶマダニは致死率2割

千葉県のキョンが運ぶマダニは致死率2割

今は千葉県限定の話ですが野良キョンが多発しているそうです。 林先

アメリカの学生デモ

アメリカの学生デモのTV放送を見て日本を憂う

アメリカの学生によるデモがよくテレビで放送されています。 学生は

マダニはお腹をつかんで取ると頭が残り血が逆流するので注意

マダニはお腹をつかんで取ると頭が残り血が逆流するので注意

哺乳類、脊椎動物の血を吸うマダニ。 本来は山の中の茂みで動物が来

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
ニタニタして気持ち悪いの意味

今では通用しなくなった言葉「ニタニタして気持ち悪い」は昔

no image
頑張ってるバカがここにいますよ!タイトルを変更した理由

なぜタイトルをこれだブログに変更したかって? 源泉徴収

no image
残業多くて子育てできない職場は誰も働かない

少子化でこれから安い給料で過酷な職場は人の確保が難しくな

no image
電気で走る軽自動車は無いがワゴンR2017フルモデルチェンジに期待

今普通車から軽自動車に乗り換えることを考え中。 軽自動

外見が草食系で中身が肉食系の男性のことをロールキャベツ
外見が草食系で中身が肉食系の男性のことをロールキャベツというらしい

外見が草食系で中身が肉食系の男性のことをロールキャベ

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑