火事でも助かるか?3分火だるまに耐える呼吸法

公開日: : ニュース

火だるまは日本のスタントマン高橋レーシングでも30秒で限界。
なぜなら息がすえないから。
火だるまになってもなぜ3分も耐えれるのか?
火事になったときとか、自分の身を守るアイデアかな?と思ってテレビ見てました。

炎に包まれると2つの死の危険

だがアメリカの火だるま男は3分火だるまになれる
一酸化炭素中毒の危険性がある。
煙には一酸化炭素が含まれる。
10%で頭痛や吐き気、50%で死ぬ。

気道熱傷の危険性がある。
のどの粘膜にやけどし、腫れて気道をふさぎ息がすえなくなる。
窒息死する。

だがアメリカの火だるま男は3分火だるまになれる

テッドバチェラーというアメリカ人は1000度の温度の炎に3分耐えられる。
防火スーツや耐火スーツを着ない。
ハイテク素材の衣装は使わない、木綿の普通の服。
炎の中でも息を吸う。特別な能力を持っているのか?
検査結果、肥満。

パルスオキシメーター
通常は酸素95%以上 一酸化炭素5%以下、
だが、このアメリカ人は一酸化炭素0%。
一酸化炭素が体内に存在しない。珍しい。
火だるまになって3分経過、SPO2は98のままCO2も0%のままだった。
火だるまの中で呼吸をしていた。

呼吸法に秘密が

燃える前は深呼吸を繰り返している。
点火直後の呼吸は息を吸うときだけ呼吸が小さい。
炎が体から離れた一瞬の隙で浅い息を吸う
気道熱傷を起こさないようにしている。
炎を避けて小さく息を吸っていた。

熱風を吸い込めば反射的にむせる、大量に咳き込み致命傷となる。
3分間で19回の呼吸をしていた。

炎の中での精神状態、自律神経のバランス
さらにメンタルが大きく関係している。
炎の中での精神状態、自律神経のバランス。
火だるまの中は興奮状態だが、準備段階で落ち着いた精神状態になっているから冷静でいられる。

一酸化炭素中毒には個人差がある原因は解明されていない

一酸化炭素を吸っていたのか?
なぜ一酸化炭素濃度が0%なのか?
装備を脱ぐ時も煙を吸っている。
それなのに0%のまま。

結局、火事でも助かる方法ではなかった。
通常の火災では煙のない場所は存在しないためこの呼吸法は無意味。
一酸化炭素濃度が上がらない理由もわからなかった。

関連記事

アメリカ米軍の素手でガラスを割る技術が凄い

アメリカ米軍の素手でガラスを割る技術が凄い

窓ガラスをトントンして割る動画として紹介されている、アメリカ米軍が

水戸なつめのたこ焼きは奈良漬とチーズ

水戸なつめのたこ焼きは奈良漬とチーズ

奈良漬チーズたこ焼きをテレビ番組で作っていた。 奈良県出身らしい

時給1300円でも保育園より手取りが多くなるベビーシッター

保育園より給料がいい保育士の働き方はベビーシッター?

保育士で年収1000万のプレイヤーに疑問。 ヤフーニュースより。

三本がパーの二人はロッチです

三本がパーの声優二人はロッチです

NTTドコモのDカードのCM面白いですよね。 兄ちゃんの頭の毛三

年の差婚で夫の束縛はよくあること?

年の差婚で夫の束縛はよくあること?

つい先日まで三船美佳・高橋ジョージ夫妻がテレビのゴールデンタイムの健康

アメリカの学生デモ

アメリカの学生デモのTV放送を見て日本を憂う

アメリカの学生によるデモがよくテレビで放送されています。 学生は

キョンが運ぶマダニは致死率2割

千葉県のキョンが運ぶマダニは致死率2割

今は千葉県限定の話ですが野良キョンが多発しているそうです。 林先

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

痰吸引で介護者の不眠
目の下の隈にも効果あり!乾燥肌に塗る順番はローション>クリーム>ワセリンです

乾燥肌にローションをおすすめしない理由はすぐ乾くから

テレビでやっていたタオルで片足ずつ前屈がかなり効いた
テレビで体が硬かったのに1時間でこんなに柔らかくなったは嘘の理由

毎日、朝仕事に行って夜帰ってきて夕食作成 子供をお風呂

2018年のミキハウス1万円福袋の中身ネタバレ
2018年のミキハウス1万円福袋の中身ネタバレ

2018年1月1日発売のミキハウスの福袋を大みそかに購入

馬見丘陵公園イルミは立地的には香芝インターもしくは法隆寺インター
奈良の穴場無料イルミネーション馬見丘陵公園は駐車場もタダ

馬見丘陵公園に夜に行ってきました。 なぜって、無料

彼氏に嫌われる女性はこういう人!
彼氏に嫌われる女性はこういう人!さんまのホンマでっかより

彼氏に嫌われる女性はこういう人!さんまのホンマでっか

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑