みのもんたに見る権力者の失脚、退任、退職、失職

公開日: : ニュース

みのもんたの年収は10億円とも12億円とも言われる。
重鎮というのは、会社にとっては非常にコストのかかるもの。
テレビ視聴率を取れるとはいえ、企業からのCMスポンサー料の大部分を
みのもんたの所属事務所に支払わないといけない。

それってまさに多大な広告費を費やして少ない利益を出すと言う苦し紛れの運営でしかない。それに縛られているテレビ局であったが、ネットの情報でもあったが、テレビ局の経費削減の機会に恵まれたみたい。

私も職場で追い出し部屋に出向されて1年、権力者の強さには感服する

権力者って本当に強い。
その職場に置いて、絶対的存在であり、辞めさせられることも無く十分な給料を与えられている。権力者には大抵、「人格は伴っていなくても」というおまけがつく。
男なら大抵セクハラをするし、女なら若い男の奴隷を作る

私の職場もそうですが、権力者を失職させるのは非常に難しい。

権力者にはよく躾けられた取り巻きYESマンが大勢いる

まずYESマンの取り巻きが大勢いるため、反逆しようとすると、YESマンに告げ口され、こちらが失脚させられる。
職場は、いわば、離島、僻地の村のような感じで波がたつと、波を起こした人といっせいに叩く。
住人達は、すべて自分の保身(そこに死ぬまで住み続けること)しか考えていない。
住人達の間だけで非常に硬いグループを形成していて外部のものを寄せ付けない。

なぜなら自分の席がなくなると、引越ししないといけなくなるから。
自分は能力が無いことを心のそこで認めていて、ここでないと住めない。
引越しは考えられない!そんなことをさせる奴、思いつく奴は絶対に追い出す!

とこんなところでしょうか。

YESマンは能力が低いため権力者に弱い、だから権力者がいると安心する

本当はみんな、だめな権力者を失脚させたいと思っているのに力を合わせない。
理由は上に書いた。
そもそもYESマン達は、コミュニケーション能力が低いため、YESマン同士で力を合わせられない
支配者と奴隷の関係と言うのは、奴隷異常に奴隷であり、支配者に忠実である。

みのもんた失脚の理由は不祥事

どうやら本人のセクハラ行為と息子の犯罪が原因のようですね。
権力者を失脚させるには、不祥事を突くしかないのが現状です。

なぜ不祥事が権力者を退任させられるのかと言うと、
YESマンではない、取り巻きではない大勢の他人を仲間に出来るからです。

だから、世論を巻き込めない小さな組織や、不祥事を起さない場合や、不祥事を証明できない、
不祥事が大きくない場合、世論(大勢の人を巻き込めない)場合だと失敗する。

暴力団と関係のある芸能人がテレビにでなくなったのも似ている

1人で指摘し数人が理解したところで、取り巻きのYESマン達に告げ口され、
より多くの奴隷達に自分がやられるだけ。
ですが、最近の大物芸能人達の失脚、退任、退職、失職させるテレビ局というのは私はちょっと興味深いです。島田紳助もしかり。

暴力団と関係のある芸能人がテレビから顔を見せなくなったと言うのも、これと同じ効果でしょうから。
収入の多い、ギャラの多い芸能人はノブレスオブリージュ、高貴な振る舞いをしなさいということです。

頑張ってブログを更新したお話は終わり。

ほかにもこれ読んでみませんか?

三本がパーの二人はロッチです

三本がパーの声優二人はロッチです

NTTドコモのDカードのCM面白いですよね。 兄ちゃんの頭の毛三

毎日更新止めたらアクセスが3分の2でラッスンゴレライ

完全に黒い魔法の言葉、8.6秒バズーカのラッスンゴレライ

都市伝説として広がっている8.6秒バズーカのラッスンゴレライ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

うちのネット回線もビッグローブです。キャッシュバッグ+工事費無料がお得です。

no image
怖い言葉、多産DV

4人以上で該当してくるらしい。 4人以上の子供がいる家

no image
省令改正により、外来患者については、疑似症届の提出は不要です令和2年10月14日より

外来のコロナ陰性は発生届を出さなくていい令和2年10月1

no image
ただ株とは?働かなくて済む方法の一つであり非常に難しい選択肢の一つ

例えば200株持っていて株価が二倍になったとする。 1

no image
アルティメットレーザーは犬のおしっこの事

神聖かまってちゃんのアルティメットレーザー。 この歌は

立方体、箱はいくつあるかな?無料の幼児教材
立方体を数える、箱を数える無料幼児教材

立方体、箱を数える無料幼児教材です。 これをやるまえに

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑