TVで紹介されている酸素バーが謎めいている

公開日: : 最終更新日:2015/01/03 ニュース

酸素バーという怪しげなカフェみたいなところで色々な液体上記を酸素に混ぜて鼻から入れるというちょっと異様な光景をテレビで見ました。
エステをやっている知り合いに聞いてみれば、

  • 視界がクリアになる
  • 脳の血流がよくなり悪い血液が排出される

などということを宣伝するそうです。通常このような酸素カテーテル(ノーズチューブと言うらしい)を鼻につけるのは肺疾患のおじいさんやおばあさん、自発呼吸できない人、ICUなどにいるこん睡状態の人という印象があります。

テレビでは可愛い女性やサラリーマンが鼻にこのノーズチューブをつけてさも気分がよさそうにしているんです。ここでさらに疑問なのは、その酸素にアロマオイルなどの水蒸気をつけて行うことです。タバコのような感じなのか?

iidaメモ:
ウィキペディアを読んでみると、疲労回復や、集中力の回復、眠気の除去などうたわれているがそれを裏付ける科学的検証が十分行われていないことや、アロマオイルなどを使った芳香剤の肺へ吸入は、リポイド肺炎の危険性やアレルゲンになる可能性があるとして注意されています。(なにせアロマオイルは植物性ですからね。)

TVで紹介されている酸素バーが謎めいている
これはプロのアロマオイルを使う人にとっては間違った使い方であるのではないか?とおもっているのです。酸素バーを展開しているアロマテラピーのお店のホームページでは、酸素を吸うことにより脂肪燃焼などが助けられ有酸素運動が行われダイエット効果がある!BY 東海大学 研究レポートという謳い文句も気になります。
これは本当のようで、http://prog.pr.tokai.ac.jp/utokai/TkpMedia?p_kubun=01&p_kijic=20040424007
に掲載されています。

酸素関連商品の効果を共同で検証した東海大学医学部の山村雅一教授は「慢性的な酸素不足が続くと生活習慣病につながる」との仮説を立てている。特に最近は運動不足の人が多く、高濃度の酸素吸入は、酸素を取り入れる人体機能の向上に一役買うのではと期待する。ただ、効果については「普段からの運動不足の度合いで、個人差はある」とも指摘する。

山村雅一教授というのはこういう研究をしているようで、
ネットで眺めるだけでは効果はあると実証できているようです。まあ広告する側には説明責任を果たせてない問題があるとは思いますが・・・

この酸素バーで酸素を吸い終わったら、人差し指で測るパルスオキシメーターで血中の酸素飽和度が上がったのを確認し、「酸素濃度があがりましたね」というらしい。これで満足する人がいるもの少し不思議でならない。
血中の酸素というのは通常で生きている人ならさほどみんなかわらないのではないかと思う。何かを与えられたのか、何をしているのかわからなくなる光景です。金額は渋谷にある酸素バーでは、10分630円するらしい。

ところで酸素というのは、女性にとっては大敵の活性酸素を生みます。
高濃度酸素は副作用があり、活性酸素を増やします。活性酸素とは人間にとっては老いる原因とも言われています。ですので若い女性がこの酸素バーをすることは自分の老いを早めることにつながるのではないかとも思うのです。ですがあまりに影響がすくないため実感を得られることはないのです。

是非皆さんの酸素バーについての体験談や情報をコメントよりお寄せください。

ほかにもこれ読んでみませんか?

被災地用の猫砂簡易トイレの作り方

今、熊本の最新情報をテレビで見てました。 熊本城石垣がえらいことにな

双子研究のオチは心理的ストレスが寿命に影響

夕方のニュースのアレキニナールというので、双子と予防医学の関係について

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

ラインスタンプで後悔、文字が黒だと背景黒で文字読めない
ラインスタンプで後悔、文字が黒だと背景黒で文字読めない

言われるまでまったく気づかなかったんですが、 ライ

ハッピーセットのプラレールの後ろと後ろ、お尻とお尻をくっつける方法
ハッピーセットのプラレールの後ろと後ろ、お尻とお尻をくっつける方法

マクドナルドのハッピーセット トミカのミニカーとプラレ

傘カードで足し算と引き算
傘カードで足し算と引き算

傘の中の〇の中に数字を書くゲームです。 はじめは足

no image
児童福祉事業所を1円で買いたい、M&Aしたい話

日本ブレイク工業見たく、買いたい、買いたい、事業所ごと買

no image
40歳年収300~400万で投資しないで貯金4000万円あったのすごくない?

今は日本株を初めて1年ですが、 投資は本当にいままでし

→もっと見る

PAGE TOP ↑