奈良の子授けと安産の帯解寺、イオン大和郡山の近くに行ってきた

職場の先輩にも勧められた奈良の子授けと安産の帯解寺に行ってきました。
子供にまつわるスピリチュアルなスポットです。
徳川家の時代から利用され、皇太子妃雅子さまの安産法要も行われているそうです。
大阪は中山寺が有名で、奈良は帯解寺だそうです。

奈良県のイオン大和郡山からわき道にそれて5分ぐらいのところにある小さいけど立派なお寺です

奈良の子授けと安産の帯解寺、イオン大和郡山の近くに行ってきた
妊娠、出産に至る過程もそうですが、その後も赤ちゃんは、自分のように普通に育つのか不安でいっぱいです。
なにか一つでも歯車が狂うと大変困難な未来が訪れます。
しかもその選択は人間によるものではありません。
そうなると神頼みしかないというのは、昔も今も変わりません。

祈願の値段は?

祈願では本尊である地蔵菩薩像に対面させてくれます
(※参照:http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/blog-entry-711.html)
子授け安産祈願1万円、帯2000円で合計12000円。
帯はいろいろ選べましたが、昔ながらのさらしが一番記念に残るものかと。
祈願では本尊である地蔵菩薩像に対面させてくれます。
赤ちゃんを連れて戻ってこいというイメージが伝わります。

腹帯とは帯祝いのこと

安産のために5ヶ月目の戌の日にお腹を冷やさないように腹帯を巻くこと。
犬は子沢山で、安産の象徴と言われている。
5か月目なのは安定期に入ることから。

恥ずかしながら水子地蔵の意味を知らなかった

恥ずかしながら水子地蔵の意味を知らなかった
生まれて間もない赤ちゃんや、亡くなった胎児(特に流産や人工中絶)をまつった地蔵のこと。
生まれて間もなく海に流された神話の神より水子と呼ぶそう。
よだれかけをした地蔵というイメージしかなかったわ。

中身

お札は高いところに置いて、前にコップに水を入れておく
お守りを持っておく。
お札は高いところに置いて、前にコップに水を入れておく。
もらったお菓子は家族で食べる。
そして、無事子供が生まれたらお礼参りをする。
祈願が1万円するのでお礼参りは無料かと思いきや5000円する。

ちなみに祈願は郵送でも受け付けているそうです。
そのうちインターネットでも受け付けするんじゃないかな。

関連記事

奈良で竹から生まれた女形の巨人に会えるスポット

奈良で竹から生まれた女形の巨人に会えるスポット

王寺駅から車でアルル橿原に向かって走っていると巨人を発見!? 竹

機関車を駅近で無料です

奈良県で無料で機関車に乗れる王寺駅徒歩5分の舟戸児童公園

舟戸児童公園に機関車を見に行ってきました。 機関車は非常に立派で

有る程度あるくと、春日神社の入り口階段と鳥居

王寺駅の大和川対岸の春日神社は廃寺だった。惣持寺跡

王寺駅の大和川をはさんで対岸にある三郷町に春日神社というのがあった

値段の差が2万円ならば、高級感あるチャペルにしようかな

写真館とチャペルで見積もり比較してみた。和装と白無垢とカラードレス

奈良県の王寺駅周辺で結婚記念写真を撮影したい。 そこで、奈良県北

三郷町花火大会15発は一瞬で終わり

王寺駅の15発の花火大会が見れた三郷町七夕祭り

地元の三郷町にある三郷中央公園でやってる七夕祭りを見に行って来ました。

王寺の中華料理屋、龍鳳園のメニューとホームページ

王寺の中華料理屋、龍鳳園のメニューとホームページ

結構本格的で龍鳳園は三郷店と竜田川駅に本店があるらしい。 リーズ

スタバのドライブスルーもあります

王寺駅の駅前じゃないスターバックス

王寺駅のスターバックスは遠い。 駅前ではない場所にある単独のスターバ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
母より父がインフルエンザを子供に移す。朝起きてすぐ歯磨きが効果あり

インフルエンザを子供に移すのは父 インフルエンザを

no image
ニタニタして気持ち悪いの意味

今では通用しなくなった言葉「ニタニタして気持ち悪い」は昔

no image
頑張ってるバカがここにいますよ!タイトルを変更した理由

なぜタイトルをこれだブログに変更したかって? 源泉徴収

no image
残業多くて子育てできない職場は誰も働かない

少子化でこれから安い給料で過酷な職場は人の確保が難しくな

no image
電気で走る軽自動車は無いがワゴンR2017フルモデルチェンジに期待

今普通車から軽自動車に乗り換えることを考え中。 軽自動

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑