奈良県で無料で機関車に乗れる王寺駅徒歩5分の舟戸児童公園

公開日: : 奈良県王寺駅に移住しました

奈良県で無料で機関車に乗れる王寺駅徒歩5分の舟戸児童公園
舟戸児童公園に機関車を見に行ってきました。
機関車は非常に立派です。
無料で乗れると書きましたが、動いていない展示物に乗れるだけです。
日本でも地方に行けば、現存で動く機関車もあるぐらいですけどね。
そこまで行けないよって人向けです。

駆動部分の車輪のところとかじっくり見る
駆動部分の車輪のところとかじっくり見るとロマンを感じますね。
昭和の時代、この鉄の塊を手作りで作って組み合わせた努力はすごいです。
重みを感じるし、力強さも感じますね。

舟戸児童公園はこんな公園

公園は狭いし駐車場もない
これといって何もない。
無造作に置いてあるだけ。
もったいないと思いましたね。
もっといろいろな物、立地を組み合わせればこれで集客できるのにもったいない。
まあそれは置いといて、私も乗ってみました。

機関車の無料で操縦席に入れる
コンクリート製の階段があります。
無料で操縦席に入れるんですよ。

機関車の運転席です
運転席です。
バルブがいっぱい。
前見えない。
機関車は蒸気機関が前にあるので前は見えないんですよね。
前の穴に石炭を入れるんですよ。

そして操縦は横の窓から前を見ます
そして操縦は横の窓から前を見ます。
電車は急に止まれないから前を見る必要はないんですよ。
冗談ですけど。

機関車を駅近で無料です
まじかで見れるのはよかったですね、鉄道好きにはいいんじゃないでしょうか。
なんてったって、駅近で無料ですし人もいないですし。

蒸気機関車の経歴

車両の名称:蒸気機関車D51-895号機
製造年月日:昭和19年5月10日(戦時中に作られたのか)
廃車年月日:昭和47年11月7日
製造所:日立製作所
配属機関区:奈良運転所
運転線区:関西本線草津駅
運転キロ:1.633.969km
重量:125トン(溶かしてしまえw)
高さ:3980mm
幅:2.936mm
長さ19.500mm
保存場所:王寺町舟戸児童公園

りーべる王寺と近鉄新王寺駅の間の道を一直線で右
奈良県の王寺駅から歩いて5分で行けます。
りーべる王寺と近鉄新王寺駅の間の道を一直線で右です。
ほったらかしなので風化しないか心配です。
これしかないけど奈良県の王寺駅の観光スポットなので是非。

関連記事

スカラーは髪の毛くるくるパーマがトレードマーク

奈良県でスカラーが買えるアピタ西大和

奈良県の王寺駅から車で15分のところにあるアピタ西大和でスカラーが

奈良県最大のダイソー、レインボープラザ西大和店

奈良県最大のダイソー、レインボープラザ西大和店に行ってきた

これが奈良県最大のダイソー…まあ人行っちゃあ広い。 端っこから向

市川猿之助さんや中村勘九郎が参拝した源九郎稲荷神社

市川猿之助、中村勘九郎が来た源九郎稲荷神社に行って来た

奈良県大和郡山市にある源九郎稲荷神社に行って来ました。 サンプー

スタバのドライブスルーもあります

王寺駅の駅前じゃないスターバックス

王寺駅のスターバックスは遠い。 駅前ではない場所にある単独のスターバ

奈良の子授けと安産の帯解寺、イオン大和郡山の近くに行ってきた

奈良の子授けと安産の帯解寺、イオン大和郡山の近くに行ってきた

職場の先輩にも勧められた奈良の子授けと安産の帯解寺に行ってきました。

王寺駅の金物屋リビングよしだ

王寺駅の金物屋リビングよしだ

王寺駅の金物屋のリビングよしだに行ってきた。 王寺に住む人にとっては

ミキハウスシューズモニターのルール

ミキハウスのモニターが必ず買える!奈良県のお店はここ!

奈良県のキャンディーベアという子供服店に行ってきた。 行った理由

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
大人の階段って何?学生食堂でバイトしてた話

20代後半から仕事がバリバリできるようになりストレス耐性

祝日の京都水族館のイルカショーは立ち見
朝に京都水族館、夕方に帰宅で昼寝にしたらよかった

息子と嫁と京都水族館でデートしてきました。 京都水

no image
子供に自分で選ぶ、決断する力をつける方法とは?

エア子育てシリーズ。 いろいろ妄想して、うちの息子をど

no image
特許:大手家電店がアマゾンや楽天に勝つ唯一の方法は電話で在庫販売サービス

電化製品の配送サービス。 電話すると持ってきてくれる。

no image
右と左、子供にどう教える?教え方10個

右と左。 意識し始める年齢は何歳ぐらいだろうか、2歳ぐ

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑