オール電化。給湯器の温度を下げて電気代を節約してみる

公開日: : 最終更新日:2019/07/11 年収300万円で駅近築浅中古住宅購入記

太陽光発電ソーラー付きの家は電気使用量が見れる。
使用料を見ていると、深夜電力の最大電力がが4.9kwほどと衝撃の値になっていた。

電気で水をすぐに温めるのは難しいため
深夜電力を使うわけだが、
クーラーでさえ1時間400~500kw位だと思うのに
お風呂のお湯を電気で沸かすボイラー給湯器は5500kwも使用するとは驚き。

給湯器は500リットル、補助タンクと急沸騰用タンクを合わせると約1000リットルも水を貯めているのか。
そりゃ風呂を1回沸かす程度(200リットル)ではゲージが1つしか減らないわけだ。
オール電化恐るべし…

タンクの水を減らせば使用電力が減るよねと給湯器の説明書を読んでみたが、タンクの水は減らせないみたい。
でも温水器の温度を下げることはできた。

温水器の温度を下げるとどうなるか

初期設定では、温水器「高」88度になっていた。
深夜に約600リットルの水を88度にするには相当なエネルギーが必要だろう。

給湯器88度から70度に変更で約3500kwになり、18度下げただけで2000kw節約できた
オール電化。給湯器の温度を下げて電気代を節約してみる
これを「低」70度に変えてみた。
約3500kwになり、18度下げただけで2000kw節約できた。

でもまだ住んだばかりなので料金の比較ができない…
40歳で手取りが20万しかないのでお金はもう使いたくない…

お風呂を沸かしてみた感想は特に変わらなかった。
ちなみにはぴEタイムというプランは新規申し込みは終了している。

でも、築8年ソーラー付き住宅買ったけど、
あと2年しか電気を高値で売る恩恵を受けられないのは悲しい…
関西電力の2年後の買取価格は8円らしく、今1万円ぐらいの売電収入が2000円ぐらいに落ちてしまう。

追記:70度に設定してもあんまり変わらない

次の日と2日後は最大電気使用量が減りましたが、3日後からまた最大出力が5kwを超え、88度とあんまり変わらない感じになってしまいました。なんでかな~。タンクの湯の量を半分以下に減らしたいな~そんなに湯を使わないし。でも減らし方がわからないし、説明書見ても減らせないみたいです。

追記:70度に設定したら電気使用量が1日2000kwぐらい下がったかもしれない

追記:70度に設定してもあんまり変わらない
設定後の買電量のグラフが出ました。2000kwぐらい下がったのかもしれない。よくわからないけど、毎日お風呂入れても200リットルぐらい使うかわからないぐらいなのに毎日500リットルもお湯を沸かすのはもったいないから量を減らしたいけど減らす設定がない。温度だけは88度から70度に減らすことができた。
そういえば冷蔵庫の温度計がおかしくなったのか、24時間ずっと冷気が出っぱなしで困っている…

あなただけに教える建売を1000万円以上安く買う方法

私が一年かけて悩んで気づいた、ローコスト住宅建売を激安で買う方法をまとめました。私は結局駅近という立地にこだわったので庭は狭いですが駐車場2台の築浅中古にしましたが、建売は新品というのが利点です。知ると知らないでは違います。

●記事はこちら建売を安く買う方法まとめ、最大1000万円オフで!

新築購入したらスーモで5000円貰おう!

家を購入したらタダで5000円貰えます。ぜひ貰っときましょう。

ほかにもこれ読んでみませんか?

ファースト住建の悪口とマイホーム選びで学んだ事

3月決算とき家の値段が下がっているのは売れ残り。 売れ残りは売れ

未来のライフスタイルに家を合わせようとすると買えない

家をどこに買う? 仕事が続くならエキチカ(駅から近いこと) 転

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
アイデア:お好み焼きバー

最近は食わず嫌いが多く、おいしいまずいにかかわらず と

ウインドウズフォトの取り込み機能のエラーが麺
iphoneの写真バックアップが途中で止まる?解決方法決定版!

windowsでiphoneの写真バックアップに相当てこ

爆弾を落としたほうが勝ち、基地を作ったほうが負けです。
積み木爆弾落としゲーム

この遊びは昔、自分の弟とよくやりました。 遊びの名

4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び
4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び

4才男幼児ならハマる A4コピー用紙に自分で鉛筆や

no image
近寄らないで、飛ばす車、ボコボコの車は危険!

危険な人、車には自分から近づかないのが吉です。 例えば

→もっと見る

PAGE TOP ↑