中古住宅の前の所有者=高齢者夫婦を見かけた

公開日: : 最終更新日:2019/02/19 年収300万円で駅近築浅中古住宅購入記

駅の方に徒歩で用事があり、遠回りして住む予定の物件を通ると前借りていた高齢者夫婦が軽自動車で物件に来るところだった。

前借りていた高齢者夫婦を見ました。
おそらく家が売れたので(私が買ったので)
最後の掃除に来たみたいです。

仲介会社が前所有者が家庭菜園をしていたので土が至るところにばら撒かれており、せめて雑草の手入れだけは売主にしてもらいますと言っていたので。

たまたま見かけるなんてこれはすごい確率です。

見た目60代後半ぐらいの夫婦で
お二人共案外足も達者です
声をかけたいけど、こちらとしても200万円値引き交渉を飲んでもらい、悪印象なので声をかけられないけどどんな人が住んでいたか見ただけでも、この中古住宅にしてよかったな、なにか縁があったのかなと思いました

縁というは、自分都合の自己満足のための魔法の言葉ですが、あるとないとでは少し違います。

これからリフォームで住むまで時間がかかるわけですが、
まだ契約していないので
買えるか買えないのか心臓バクバク状態なわけなのです。

ただ、前所有者のなぜ高齢なのにこの住宅を注文で建てたのか疑問

この中古住宅は約10年前の分譲地です。
なぜ高齢なのに分譲地に3500万円かけて家を建て、10年後マンション購入したのかは疑問。
軽自動車に乗っているということは超お金持ちというわけではないみたい。
ひとのことはまあいいかという感じです。

できれば2000万円以下で買いたかったな。

ほかにもこれ読んでみませんか?

嫁の実家の近くに住むのは男性が負けといわれている

建売を逃したが高い金額を入札しないことにした

家を買うのをしぶると、値下げ交渉しても、購入の手続きをしないと営業

未来のライフスタイルに家を合わせようとすると買えない

未来のライフスタイルに家を合わせようとすると買えない

家をどこに買う? 仕事が続くならエキチカ(駅から近いこと) 転

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
飯田ホールディングの建売は手数料がかからない0円の業者がある

駅近の中古住宅を結局購入しましたが、これをだいぶ早く知っ

no image
死に地、袋小路の分譲住宅は村八分やルールに注意なので住みたくない

家や賃貸探しで見ておいた方がいい3つのこと。 1.

no image
離職率が高い職場で生き残る人は責任がない人です

総無責任。 離職率対策は総無責任化しかないと思っている

no image
いい会社でうつ病になる人っていいよね

別にパワハラをするしないではなく、 いい会社=うつ病に

no image
マイホームは現金一括だと500万円安く買える

ネットにある2380万の家を購入したとすると、 238

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑