ファースト住建の悪口とマイホーム選びで学んだ事

公開日: : 最終更新日:2018/05/17 年収300万円でマイホーム選び

3月決算とき家の値段が下がっているのは売れ残り。
売れ残りは売れるまで下げるのがパワービルダーの特徴。
一番賢いのは安くなった建売を購入すること。だが、それは売れ残りなので欲しい家とは限らない。
4月になると家の値段層が上がる。

ファースト住建は飯田グループから独立した。
飯田グループを敵にしている

ファースト住建は値下げしない

飯田グループは月4万件家を建てている。
ファースト住建は2000件~4000件。
仕入れる数が違うので仕入値段が違う。
ファースト住建は値下げしない(網戸、天戸ついている、2Fトイレウォシュレットなし)

飯田グループ階層(値段グレード)でわけると

高級:タクトホーム 奈良でも3000万円土地付き
中級:はじめ建設、オリエンタルホーム(2Fトイレウォシュレット付き)
下級:アーネストワン(一番低品質、網戸、天戸がついてない)

家のグレードは隅々まで見るとわかる。
隣との柵がない、庭が土丸出しで雑草。外構工事がしてなかったり、ドアの質やキッチンカウンターの引き出しの数、ゴミ出し扉、和室の扉が格納しないなど。

特に特徴的なのはファースト住建は外構工事していない。
土がむき出し、庭の工事は100万円ぐらいかかるためこれをしないことでコスト削減。
アーネストワンも柵とかない。

建売で1件しか売ってないの場合は売れたらおしまい

建売で問題なのが買いたい人が被ったとき。
売主が強気になる、値下げしなくなる。
気に入った物件があればどんどんすぐに値段交渉した方がいい
そうでないと買い時を逃す。

一番お買い得な建売の買い方

駅から遠い、地名が悪い、新興住宅街、宗教法人の裏山とかなら一番グレードの高いタクトホームでも1000万円台で買える。
安い値段でいい物件が買える方法はそれ。
(決算時に売れ残りの物件を1000万円台で買うのも賢い買い方)
地域を限定しないならその方がいい。

この地域に住みたいと思うと値段が上がる。
人と競うから値段が上がる。

家は売れても売り出し中の旗はたっている

契約するまで好評分譲中の旗が立っている。
その間は内覧OK(競売になる、買おうとしている人が契約すまでの間、定価が上限まで値段を吊り上げられる、相手より多い金額を提示すれば奪い取れる可能性があるが、喜ぶの売り主だけ)

人と競うから値段が上がる。
安く買いたいなら、妥協が必要。

よく、小学校から近いほうがいいというが、小学校は6年だけ一番短い。
子供は歩かす方がいい。親は過保護。
ようは何を優先するか。
駅から遠ければ安いのは当たり前。

不動産屋の営業マンから学んだ事柄。
マイホーム探しを始めたときが決算時期だったので一番安かった。
あの時に即決してればよかったと嫁の意見。

もう2000万円予算だけど、2500万円でもいいと思っている。
マイホーム選びは大変だ。

ほかにもこれ読んでみませんか?

マイホーム購入月7万円の法則考えた

マイホーム購入月7万円の法則考えた

あほほど結婚と子供はお金がかかる 年収300万~400万円で

私、失敗ないので。貯金でマイホームを買う頭金にするは無謀すぎる

結婚後の貯金はマイホームのローン(頭金)論とは?

節約したら年収300万円でここまでできる人生設計。 節約したら年収3

Comment

  1. おたくや より:

    エキチカがいい!なら遊びに行ける。
    ローンなしで買うの?ローンどこの銀行で組むのがええんかなあ。友達が、関西アーバンは審査ぐずぐずや、日本語わからん外国人のローン審査通したて言ってた。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
建売を逃したが高い金額を入札しないことにした

家を買うのをしぶると、値下げ交渉しても、購入の手続きをし

no image
奈良県のゴキブリが怖くない理由

大阪といえば黒ゴキ。 その5センチは軽く超える巨大さと

no image
マイホームを決算時期に即決で買えなかった理由はやはり心の準備ができていなかったということか

約半年前、マイホームを決算時期に即決で買えなかった理由は

no image
ファースト住建の悪口とマイホーム選びで学んだ事

3月決算とき家の値段が下がっているのは売れ残り。 売れ

食べたら寿命が3日伸びる卵をもらった
食べたら寿命が3日伸びる卵をもらった

ういらんという卵を貰った。 wining run 

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑