ウーバーの新曲、僕達を認めない全ての人達への意味を考察

公開日: : 音楽

ウーバーの新曲、僕達を認めない全ての人達への意味を考察
ウーバーワールドの新曲、1秒先 向かう者と ただ訪れるもの トレーラー映像の考察を書いてみた。週100時間以上の労働が続いており、もう頭がめちゃくちゃだわ。
THE OVER、七日目の蝉のショートムービー風MVが感動しましたという記事を以前書きました。
PLAYNGLUNはボクシングソングですがメッセージ性がありすぎてボクシングのテーマソングにはなれない感じ。
ウーバーワールドのMVはかっこいいです。

1秒先 向かう者と ただ訪れるものトレーラー映像の考察


自意識過剰な美男美女が登場する。
トンネルに歩いていく。参加する?とか話している。
この男女はおそらくネットなどで見つけた集団自殺の現場を見に来たのか。
死ぬことに理想、未来を感じるという 若者の間違った理想論。
映像では若者に自動車の一酸化炭素自殺の方法を教えるのはどうかと思いますが。

それから次の場面は都会に出る美男美女。
厨ニ的自意識過剰感がまたいい。

自分をうまく表現できない若者を表現している

自分のことなんてわかってもらえないんだろ。
反抗期。
不細工な私たちには 本当の意味では理解しがたいのかもしれない。
美男美女は何をしてもさまになりかっこいいが、不細工はかっこよくならないため、美しい若い

女性やイケメン男性のこういった自意識過剰感は理解できない。
でも、うらやましくも感じる。

僕達を認めない全ての人達への意味が変わった

ウーバーワールドの
「僕たちを認めない全ての人達へ」
というフレーズはてっきり、
ボーカルタクヤ∞の自意識過剰感(俺は天才誰も真似できないだろ)
とばかり思っていたが、(以前のアルバムはそうだったと思うが)
この「1秒先 向かう物と ただ訪れるもの」
の中での意味は違ったものになっていると思う。

(REVERSIの歌詞の一文、どうしても僕を認めたくない全ての人に、心から感謝を捧げるよ、敵も見方もその存在に平等に価値を感じる、でも白黒つけようか。を思い出した。)

それは、この新曲を聴いている若者達へのメッセージ

若者達の今、未来を認めたうえでの共感。
自分も思っていた、曲を聴いているお前らにも持っているだろう、この気持ち。
「僕たちを認めない全ての人達へ」
というメッセージがガンガン伝わる感じだ。

この新曲とMVはやく最後まで見たいな。
この胸のしこりをはやく何とかしたいなと思いますね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

鬼束ちひろのROLLIN’のコードが好きだ

最近はじめた私が好きな変わったコード進行の歌シリーズなんですが、

向井秀徳の自問自答は歌詞が同じでも伴奏が違う

向井秀徳の自問自答は、歌詞が同じで伴奏が違うバージョンがあります

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

傘カードで足し算と引き算
傘カードで足し算と引き算

傘の中の〇の中に数字を書くゲームです。 はじめは足

no image
児童福祉事業所を1円で買いたい、M&Aしたい話

日本ブレイク工業見たく、買いたい、買いたい、事業所ごと買

no image
40歳年収300~400万で投資しないで貯金4000万円あったのすごくない?

今は日本株を初めて1年ですが、 投資は本当にいままでし

no image
特許アイデア:病院の入り口でICタグ入りカードを持たせて発熱検知システム

特許アイデア、ユニクロの無人レジ商品タグのように病院の入

no image
投資のやり方を教えてくれるツイッタラーはおかえりモネのおじいちゃん的存在

投資のやり方をツイッターで説明している人がいる。

→もっと見る

PAGE TOP ↑