向井秀徳の自問自答は歌詞が同じでも伴奏が違う

公開日: : 最終更新日:2013/12/22 音楽


向井秀徳の自問自答は、歌詞が同じで伴奏が違うバージョンがあります
これを聞くと結構衝撃的です。
一人なのに誰もが黙るぐらい惹きつけられる弾き語り。
それぐらい向井のバックボーンはでかい。
たった一つしかないアコギなのに一人でここまでできるか…


向井秀徳はすごい変人らしい。主食はラーメンで、服は洗わないで捨てて買い換える、ギターは使い捨てなので汗とかで錆びると買い換えるなど逸話をどこかで見た記憶がある。

zazenboysや最近の向井はテクノに進んでいて聞くのが難解になってきたが、
自問自答はかなり聞きやすいのでお勧め。

冷凍都市の暮らし、性的衝動、猫街などの韻を踏める言葉が好きみたい。
韻をふむ歌詞がなんとも日本的なんだけど、ラップであったり。
このギターで伴奏を弾きながらしゃべるところはめちゃくちゃかっこいい。
以下は自問自答です。もちろん売られているCDに録音されているものもこれとは違った感じです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

メンヘラで才能ある大森靖子は鳥肌ものだった

メンヘラで才能ある大森靖子は鳥肌ものだった

私が今まで初めて聞いて鳥肌ものだったバンドは、 ナンバーガールや

Asturias AH-2 Koa head

Asturias AH-2 Koa コア コンサートウクレレで自宅練習

ウクレレの先生に「このウクレレ使っていいよ」って言われた。 最近

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カツを揚げる10秒待ってからかき混ぜる
油2センチ、塩で180度、バッター液でカツをカリッと揚げる

ためしてガッテンでやっているカラカラパリパリでカリッとに

受験生は薬局でヒロポン買って医大に入って医者になった
年収300万円でも私学の医学部のお金の準備は可能だが高偏差値教育は資金不足

未来の話なので一旦もう忘れるのでメモした。 重要な

学力という格差社会に負けた
40代にもなって年収300万円台は負け組

現代日本の資本主義の稼ぎ方を40年かかっても理解できなか

事務は転職したら3倍働かないといけない
手取りの3倍稼ぎなさいは今でも心に残る言葉

昔、ホームページ制作をリース契約させるホームページ制作会

プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間
プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間だった

こんなもんじゃありません、入り口は外から大行列。入る

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑