yamaki F115 弟のアコースティックギターを見て妄想に浸る

公開日: : 最終更新日:2019/03/21 音楽


国産のyamaki(ヤマキ楽器)というメーカーの弟のアコースティックギター。
よく家に来る友達からのもらい物らしい。
でもめちゃくちゃ音がうるさいのでほとんど弾いたことが無い。
ただの置物になってます。

yamakiのギターは昔は結構高かったみたい。6万とかしてたらしいから、今の人にとってはもっと高いものだったでしょう。
昭和の風潮は、若者でギターで成功する人達もいろいろいたけれども、
20歳や10代でギターを弾くと、親や大人たちが、そんな不良なこと辞めなさい!と言われていた時代だと思う。
その時代のギターだと思うんだけどすごく完成度が高い。適当に作られたものじゃないんですよね。
このギターを見ていると、こんないい楽器で、人生をかけて歌を作ったり練習していたという当時の妄想がふつふつと沸いてきます。

レビューはというと、1975年製とは思えないデザインです。
ネックが細いので弾きやすい。そりもすくないし、変形していない。すごく頑丈なんだな。さすが日本製。ガットギターよりは音が小さい気がする。
ちなみに私は今アコギ用のフレーズは何も弾けません。
もうギターの弾き方なんてわすれちゃった。


ちゃんと中には製品の情報シールが張っているので本物だろうけど
レプリカなんじゃないか?と疑ってしまうような劣化の少なさです。

気になるyamakiのアコギを売っているお店の紹介

楽天市場で売っている中古のyamaki

ほかにもこれ読んでみませんか?

鬼束ちひろのROLLIN'のコードが好きだ

鬼束ちひろのROLLIN’のコードが好きだ

最近はじめた私が好きな変わったコード進行の歌シリーズなんですが、

バリバリ最強NO.1

バリバリ最強NO.1 タブ譜 スコア

弟がギタープロ導入したときに作る練習をしていたスコアです。 自作タブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
真夏の太陽とミスチルのイノセントワールドの雰囲気が似てる気がする

息子3歳の保育園の運動会のダンスは、真夏の太陽(大原櫻子

アズノール軟膏の色は水色でおしゃれ
無料の無限リップクリームといえばアズノール軟膏

口内炎がひどすぎて唇が腫れている。 唇全体が腫れて

りんごを3つづつふくろにいれてわけよう、無料プリント
なんこづつにわける無料教材プリント

なんこづつ○で囲んで分けるということを無料でおしえるプリ

no image
光回線の時代遅れの契約形態からの卒業

子供が3才(もうすぐ4才)にして習い事2つに行くことにな

no image
怖い言葉、多産DV

4人以上で該当してくるらしい。 4人以上の子供がいる家

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑