ドラムの右手でリズムをだす叩き方(初心者のための強弱講座)

公開日: : 最終更新日:2018/01/22 音楽


今回はドラムを練習する上で必ず覚えなければいけないことを書きます。
ドラムを練習すると意気込みましたが、約1ヶ月で6日計6時間しか練習してません!
仕事しながら、しかも夏練習は非常に難しい!!
言い訳は置いといて、ドラム初心者の私が今練習でつまづいている(壁にぶち当たっている事)について覚書を書いておきました。
仕事もプライベートもうまくいかないのが人生!

ドラムのリズムは、一定に叩いているようで一定に叩いていません。
同じリズム、ビートでも強弱をつけて叩いています。これがかっこいいのです。
この右手でリズム感を出すために
強弱を付けて叩くというのを練習しなければいけないことがわかって
バンドの夢が少し遠のきました。
楽器って基本を押さえておかないと後で苦労するんですよ。

ギターをやってたとき、単音引きの時など右手の上下のストロークで
リズムを保ちつつ弾くというのを練習していなかったために、
(そういう風にリズムキープしておかないと力んだりしてリズムがずれてしまう
ギターが弾けるようになっても基本が出来ておらず
この手癖を修正するのにすごい時間を費やしてしまった思い出があります。

ドラムの右手でリズム感をだすというのはこういうことです。


●このように一回目は普通に叩く。
ただハイハットを叩くだけではなく、
右手関節を上で叩き、下で叩くことによって、
叩くときの強弱を出す、
強弱のあるビートを刻むために必要なテクニックです。


二回目が手を手前に引いたときに叩く。


わかりやすくGIFアニメにしてみた。
手関節が一往復すれば2回叩いているというイメージ。
言葉ではわかっていても手癖にしてしまうまではうまく叩けない!!

これが出来ないと、ドラムが出来たとしても
単調で打ち込みのような音になってしまいます。
人間が叩いているんですから、リズムの強弱ややわらかさ、攻撃的など表現する幅は持っておきたいです。

ちなみにこの方法はバスドラムを叩くときも使うテクニックです。
バスドラムは右足で叩くのですが、連続で叩くタイミングの時、
普通に足を上下していては早いリズムに間に合いません。

バスドラムで速く2回叩く方法は、足を前、後ろに移動させながら叩くことです。

●1回目はフットドラムのしたあたりで普通に踏みます。
すばやく2回バスドラムを連打するときは、つぎ足を前に出します。

●2回目を叩きます。このとき一回目よりも足を前に出した状態。

この一往復で足は前後に動くように練習します。
これも重要なテクニック、書くのは簡単でも実際やるのは難しい。
ドラムがある程度出来るように
なって、バンド練習してスタジオで録画+録音してyoutubeで
アップするのをひとつのゴールとして考えています。
これを半年以内でするというのが期限です。
つか、本とか無しで、しかも教えてもらう人も無しでやってるんだけどうまくいくだろうか・・・

究極のドラム練習帳大型増強版 (リットーミュージック・ムック) [ 山本雄一 ]

ほかにもこれ読んでみませんか?

テンションが上がるエロゲソングメドレー聞きました

テンションが上がるエロゲソングメドレー聞きました

youtubeにアップされているエロゲソングメドレー聞きました。

THE WHITE STRIPESのUNDER GREAT WHITE NORTHEN LIGHTS

男性と女性で2人のバンドTHE WHITE STRIPESを聞いてみた

THE WHITE STRIPESのUNDER GREAT WHI

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カステラに砂糖が残り紙だけが綺麗に剥がれる
カステラの裏の紙を綺麗に剥がす方法

カステラの裏には紙がついていて、容器につかないように

no image
1日3時間?定時に帰宅しても子供と話す時間が足りない問題

どうやったら時間が作れるのか。 共働き家庭はみんな同じ

給湯器88度から70度に変更で約3500kwになり、18度下げただけで2000kw節約できた
オール電化。給湯器の温度を下げて電気代を節約してみる

太陽光発電ソーラー付きの家は電気使用量が見れる。 使用

no image
細長い・長細い画像をページ数を分けて印刷する方法

長細い画像をページ数を分けて印刷する方法が難しいので記事

飯田ホールディングの建売は手数料がかからない0円の業者がある
建売を安く買う方法まとめ、最大1000万円オフで!

飯田ホールディングスなどの建売を超安く、激安で購入で

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑