おっさんになって理解できた根暗トピアのギャグ

公開日: : 最終更新日:2015/07/11 マンガ


ばあちゃんの家に昔からある漫画で、だいぶ前に弟に家に持ってきてもらった。
親戚のおじさんが学生の頃読んでいた漫画で、すごく下品でキモくて、下ネタが多くて子供の頃は理解できなった
今読むと面白い。なんというか、昭和58年ぐらいの漫画なのに今理解できることがたくさんある。作者はあの「ぼのぼの」の作者で、この絵の下品さからは信じられないです。古本屋で探したくなりましたね。

このねくらとぴあの感想を書くのは非常に難しい。
4コマだからエピソードがいっぱいあるし、簡単に書くとすれば、大の大人がこんなくだらないネタに人生をかけるなんて、ほんとお前バガヤロだわ、っていう言葉でいいと思う。非常に王道と言うか、真のギャグマンガ的な感じがあります。
自分がおっさんになって、やっと理解できました。

いがらしみきおは今でも現役の漫画家で、神の啓示があり、次回作にはあの非常に大ヒット作の「ぼのぼの」を書いている。
哲学的なのは、このねくらとぴあにもそういった面がある4コマがちらほらでてくる。
煩悩や苦悩をかんがえるような、笑いがどこにあるのかわからないのに笑えると言うシュールなネタもる。

ぼのぼのもそういうのが出てくる。
主人公のあざらしのぼのぼのは、悩んだりする男の子でした。
ぼのぼのは昔から私も好きだった。テレビシリーズも全部見たし、たまに漫画も買ったりした。


http://www.bonobono.jp/
公式ページから、現在のいがらしみきおの顔が見れる。
ちょっとえびすよしかずっぽいですが、こんな顔だったんだ。
ホームページには、「ものみな過去にありて」という書き物もあり、こんなにも感性豊かな人だったのかと感じさせられた。

あとがきにもあったんだけど、いがらしみきおは、根暗トピアの当時は、近頃の少年漫画は面白くなさ過ぎるとあとがきに書いている。
漫画家は個人で、やりたいことをやるのは漫画家の役目だと書いていて、
若い頃の写真も、現代に疑問する若いエネルギーのようなものが見えなくもない。

でも私には過去のものを塗り替えるようなエネルギーはない。
作者は偉大な方ですね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

“てっぽう”とは柱に張り手や突きをするバカみたいなトレーニングです

B.B.Jokerという少女ギャグマンガに載ってた相撲部の先輩マン

アコニー1巻2巻の感想 冬目景

アコニーは、体14歳は心は23歳アコニーと、母親が単身赴任状態でお

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

4才幼児が●罰ゲーム(マルバツゲーム)やってみた
4才幼児が●罰ゲーム(マルバツゲーム)やってみた

4才の息子とマルバツゲーム(●罰ゲーム)やってみまし

no image
答えの出ない問題を複数に聞こえるところで質問するという、おばちゃんたちの迷惑行為

最近、答えの出ない問題を自分を含めた複数に聞こえるところ

行く気マンマンと満タンとマンマについて
行く気マンマンと満タンとマンマについて

< 嫁が外食が好きで最近昼食は外食ばかりですが、4歳息

保険証 職場 ばれる
保険証 職場 ばれる

保険証は国民保険なら国民保険加入義務が有る。 今回

火災が発生したとき、または発覚したら 落ちついてマネージャーかフロントにすぐ連絡してください 大声で叫ぶか音を立てて近くの人に知らせてください お部屋から出られるときは必ずドアを閉めてください(火や炎が広がるのを防ぐことができます)
安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑