おっさんになって理解できた根暗トピアのギャグ

公開日: : 最終更新日:2015/07/11 マンガ


ばあちゃんの家に昔からある漫画で、だいぶ前に弟に家に持ってきてもらった。
親戚のおじさんが学生の頃読んでいた漫画で、すごく下品でキモくて、下ネタが多くて子供の頃は理解できなった
今読むと面白い。なんというか、昭和58年ぐらいの漫画なのに今理解できることがたくさんある。作者はあの「ぼのぼの」の作者で、この絵の下品さからは信じられないです。古本屋で探したくなりましたね。

このねくらとぴあの感想を書くのは非常に難しい。
4コマだからエピソードがいっぱいあるし、簡単に書くとすれば、大の大人がこんなくだらないネタに人生をかけるなんて、ほんとお前バガヤロだわ、っていう言葉でいいと思う。非常に王道と言うか、真のギャグマンガ的な感じがあります。
自分がおっさんになって、やっと理解できました。

いがらしみきおは今でも現役の漫画家で、神の啓示があり、次回作にはあの非常に大ヒット作の「ぼのぼの」を書いている。
哲学的なのは、このねくらとぴあにもそういった面がある4コマがちらほらでてくる。
煩悩や苦悩をかんがえるような、笑いがどこにあるのかわからないのに笑えると言うシュールなネタもる。

ぼのぼのもそういうのが出てくる。
主人公のあざらしのぼのぼのは、悩んだりする男の子でした。
ぼのぼのは昔から私も好きだった。テレビシリーズも全部見たし、たまに漫画も買ったりした。


http://www.bonobono.jp/
公式ページから、現在のいがらしみきおの顔が見れる。
ちょっとえびすよしかずっぽいですが、こんな顔だったんだ。
ホームページには、「ものみな過去にありて」という書き物もあり、こんなにも感性豊かな人だったのかと感じさせられた。

あとがきにもあったんだけど、いがらしみきおは、根暗トピアの当時は、近頃の少年漫画は面白くなさ過ぎるとあとがきに書いている。
漫画家は個人で、やりたいことをやるのは漫画家の役目だと書いていて、
若い頃の写真も、現代に疑問する若いエネルギーのようなものが見えなくもない。

でも私には過去のものを塗り替えるようなエネルギーはない。
作者は偉大な方ですね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

500円の漫画雑誌アライブ12月号を買ってみたら内容は…

ちょっと外で一人で時間を潰すことがあってなにもやることがない。

安倍吉俊の漫画、ニアアンダーセブン1巻2巻の感想

貧乏人まゆ子と、宇宙人の底辺アンダーセブンのニアが送る脱力系で楽しい漫

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
特許アイデア:手話翻訳はソフトウェアで可能のはず、LINEが開発すればいい

昔から思ってたけど 手話の自動翻訳は可能のはず。 自

トランクスの例
今ポジションを持っておくべき理由を初心者なりに思ったこと

あ~、電力株に力を入れていると、含み損が増えてきてマ

no image
特許アイデア:ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の構造に変更

ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の裏の部分のように水分など

no image
公式ページの写真を流用するとヤフオクアカウント停止されるよ

知り合いで出品したらアカウント停止されたらしい。 理由

4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる
4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる

夜勤明け、子供と時間をつぶすネタはいつも苦労してます

→もっと見る

PAGE TOP ↑