しょこたんの伝記である少女漫画、中川翔子物語を読んでみた

公開日: : 最終更新日:2018/01/14 マンガ


以前から読みたかった、そもそも絵を本人に似せようと思っていない少女漫画、中川翔子物語を読んでみた。
めちゃくちゃ少女マンガな世界ですが、ある程度楽しめました。
子供の頃から 漫画や絵を描くのが好きで、中学校ではキモいと虐められて、それでも自分の道を信じて、ライブを成功させるという流れです。

低年齢向けに書かれていて、流れはわかりやすいと思います。
9歳までの父との思い出、死別、現実に受け止められなず、さらに追い討ちでイジメをうける、アイドルオーディションに応募するとグランプリをとってデビューし、
芸能関係の?高校の芸能コースへ通うもそこでもイジメで登校が止まる。
芸能界で友人が出来て、ブログをはじめたのがヒットして、ライブも成功させるサクセスストーリー。


1985年生まれだというのにもう伝記が出るとは、人気もすごいものだなと思います。
中川翔子は虐められていた当時は家では手の付けられない子だったとテレビで聞いたことがあります。
恵まれている環境だと思われがちですが、この方については本人の相当な努力で
今の地位があるといってもいい、努力した、している人であると思います。

気になるのは、芸能界に入っての友人「あやか」ちゃんと、高校再開して虐められても友達だった小学校時代の友人、幼馴染「みおる」ちゃんのエピソードが気になります。

ブログで、自分自身の偏った個性や性格、生活を開示して、
みんなから共感を得るというのは、私の好きなバンド「神聖かまってちゃん」に似てますよね。
ネットというのは、私を含め社会的弱者が多いです。弱者というのは共感しやすいので、こうした境遇を口外してくれると、会ったことも無いのに共感が持てて、存在を近く感じるのでファンになり安かったりするのだと思います。

自分の事を人にわかってもらうなんて到底できることではない。
他人の事を自分がわかるなんてことも到底できることではない。
コミュニケーションのみで他人の事をわかる事ができるとしたら人生で1人ぐらいだろう。
だけど、こうして漫画や本などで伝記を出すことでいっぱいの読者が相手の人生を簡単に覗き見して共感を得ることが出来る。
中川翔子さんはギザ成功しているんですね。


【中古】限定版コミック 限定1)中川翔子物語 空色デイズ 特装版 / 原明日美【中古】afb

中川翔子物語 空色デイズ
講談社コミックスなかよし
原明日美 講談社
自分らしく生きれば人生はかわる―。
父の死、いじめ、芸能界、たくさんの困難を乗りこえて輝く少女☆しょこたんの感動ストーリーを完全収録!!
特装版はムック&ペンセットのギガント豪華なWふろく!

ほかにもこれ読んでみませんか?

外来しないけど忙しい麻酔科の漫画-麻酔科医ハナのレビュー

病院を舞台にした漫画で、主人公はあまりスポットが当てられることがな

ハツカネズミの時間-冬目景

【漫画全巻セット】【中古】ハツカネズミの時間 <1~4巻完結> 冬目景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

傘カードで足し算と引き算
傘カードで足し算と引き算

傘の中の〇の中に数字を書くゲームです。 はじめは足

no image
児童福祉事業所を1円で買いたい、M&Aしたい話

日本ブレイク工業見たく、買いたい、買いたい、事業所ごと買

no image
40歳年収300~400万で投資しないで貯金4000万円あったのすごくない?

今は日本株を初めて1年ですが、 投資は本当にいままでし

no image
特許アイデア:病院の入り口でICタグ入りカードを持たせて発熱検知システム

特許アイデア、ユニクロの無人レジ商品タグのように病院の入

no image
投資のやり方を教えてくれるツイッタラーはおかえりモネのおじいちゃん的存在

投資のやり方をツイッターで説明している人がいる。

→もっと見る

PAGE TOP ↑