和了るってなんて読むんだろう?麻雀の漫画「咲」を読んでみた

公開日: : 最終更新日:2014/01/07 マンガ


咲Saki 著者[小林立]を読んでみました。
非常に絵がうまいし、背景も緻密に書かれている。アニメにもなった。
しかもキャラクター、一人ひとりがかわいい。
田舎という環境と、美少女キャラクターというマッチングが心地よい。
21世紀、麻雀の競技人口が一億人突破。麻雀といういわゆる賭け事を、スポーツのような一般的な事としてという前提的な土台がいいかんじです。
麻雀なんだけれどもスポーツ漫画的な展開ともいえますね。



特にこれをよんだからといって麻雀を覚える気はない。
咲や和や優希の学生服(特に短いスカート)やコスプレを拝む漫画ですね。


でも、原村和(ピンク髪でしかもツインテールで巨乳)が気が強いキャラということでなぜか安心した。ネットでは主人公と同じ絵に入るところが多くてレズっぽい雰囲気があったのでてっきり気が弱いのかと思ってた。
そのほかにも、バランスよくアホキャラなどが出てきてすごく好印象です。


第1巻では、主人公が運命的な出会いをした、原村さんと一緒に全国インターハイに出場しよう!と決心する過程(主人公の麻雀の才能と家庭環境も説明して)でちょうど終わるすごく考えられたストーリーで、今後にも非常に期待です。
全国に行く理由も判明して、同じ夢に突き進むパートナーも得た。次は荒波にのまれつつも前進するところだという感じですね。
面白かったので明日続刊を全部買おうとおもってます。

読んでいると読み方がわからない漢字が出てくる。
何度が本編に出てくる言葉で、麻雀の終わりを告げる言葉らしい、
「和了る」ってなんて読むんだろう。
「和了ってない」とかいう使い方もあるみたい。

わりょうる?わりょる?
わりょってない?

WIKIで調べてみると、
和了(ホーラ)とは、麻雀において、手牌を一定の形に揃えて公開すること。他のゲームにおける「あがり」に相当する。

じゃあ
ホーラる、ホーラってない
って読むのかな?
別に麻雀に興味ないのでまあ言いか、わりょるって読んどこう。
※後で会社の先輩に聞いたら「あがる」「あがってない」と読むらしいです。すごろくだな。

咲 -Saki- 7 (ヤングガンガンコミックス) 咲 -Saki- 7 (ヤングガンガンコミックス)
小林 立

スクウェア・エニックス 2010-04-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

関連記事

Dの略はダイヤモンドではなくデンジャーw

面白くない少女漫画-ギュッとしてD-を読んでみたら普通の漫画だった

買って次の日には売ってしまったという、エピソードを聞いた漫画を聞い

大日本天狗党絵詞

大日本天狗党絵詞の感想、ダイナミックでした

大日本天狗党絵詞 / 黒田硫黄 弟の入院中に友達から差し入

ACONY3巻の感想-冬目景のコメディータッチ漫画

ACONY3巻の感想-不老不死がオチの冬目景のコメディータッチ漫画が完結

アコニーは、あるアパートで起こるいろいろな現象をファミリーコメディ

浦安鉄筋家族でかなりシュールな244発目(17巻)

浦安鉄筋家族でかなりシュールな244発目(17巻)

問題は、浦安鉄筋家族 17巻 244発目の★出発直前、金魚でブー

ドミナント

どみなのド!2巻感想 過激に迷走中?

愛=玩具? 美少女かつドSのお嬢様怒、皆あかりに所有された平

B.B.Joker

ダジャレ系少女ギャグ漫画のB.B.Jokerを読んでみた

お嬢さんに薦められてB.B.Jokerを読んでみました。 これが

進撃の巨人キーワード 壁 塀 鎧 雷 首 剣

進撃の巨人キーワード 地下室 壁 塀 鎧 雷 首 剣

弟やまわりのみんなも面白いと言っていた進撃の巨人。 私は興味がな

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
節約とケチ(貧乏で悲惨)の違い

大阪のケチなおばはんの本、カンサイ式節約術をちょとだけ読

SKE48の松村香織さんが握手会の汗臭いクレーム問題
腐った魚の臭いがするSKE48オタクのおっさんは病気かもしれない

SKE48の松村香織さんが握手会の汗臭いクレーム問題につ

no image
子供ユーチューバー賛成の理由

昔は子だくさんだった理由 昔は子供は労働力だった。

no image
子供は炎天下の車の中に3時間いるだけで死ぬ

真夏、炎天下の車内は60度にも70度にもなります。 車

no image
大人の階段って何?学生食堂でバイトしてた話

20代後半から仕事がバリバリできるようになりストレス耐性

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑