アコニー1巻2巻の感想 冬目景

公開日: : 最終更新日:2018/11/04 マンガ , ,

acony漫画表紙
アコニーは、体14歳は心は23歳アコニーと、母親が単身赴任状態でおじいさんに預けられた基海(モトミ)が主人公。(名探偵コナンみたい)
おじいさんはアパートの管理人。そのアパートはアコニーのお母さんが生まれたアパートなのです。

コメディータッチに展開するが、アコニーは10年前に起こったある事故で失踪した母を捜すためにアコニーとホラー小説作家の父が母が生まれたアパートで帰りを待つ。

アコニーはゾンビのような体質で、一度研究施設の爆発事故で死んでいる。
何らかの不老不死の薬の実験の成果により、死なない代わりに体が成長しないし食べなくても寝なくてもいい。髪の毛が紫色なのはその薬のせい。

その薬を研究しているのは母なのだ。
(アコニーのおじいさんが研究していた不老不死の研究を母が引き継いだ)

いろいろな超常現象が起こるアパートに
蛙や蛇、透明人間などの住人と面白楽しく過ごしているのは
みているだけでもいい感じです。

巳園さん
特に巳園さんがいい。
家ではジャージ、外では敏腕編集者というちょっと大人なお姉さん風。
メガネで長髪な巳園さんを現実にしたら結構いい感じの人になるんじゃないだろうか。
酒好きというのもお決まりです。

2巻の終わりにはアコニーの母が登場。
不老不死の研究者として研究を続けていたようです。
だがなぜ最愛なる夫と愛娘に10年も音信普通を続けていたのか?
今後の展開が楽しみです。
不老不死というテーマも見ものです。

アコニーのワンピース
アコニーはずっと白ブラウス付で襟がついたワンピースを着ています。
これも主人公のキャラと生活環境、紫色の髪の毛とあうんですよね。

冬目景さんの漫画はすべてそうですが、空気というか雰囲気を読む漫画です。
独特な世界観とか流れとかです。好きな方にはお勧めですが、
漫画におもしろさとかそういうのをただ求めるだけの人には
物足りないかもしれません。

ほかにもこれ読んでみませんか?

ガブッチョは息子の好きな絵本のワニの粘土キャラクター

ガブッチョは息子の好きな絵本のワニの粘土キャラクター

ねんどママシリーズという絵本がが一冊家に有る。 幼稚園で購入した

Dの略はダイヤモンドではなくデンジャーw

面白くない少女漫画-ギュッとしてD-を読んでみたら普通の漫画だった

買って次の日には売ってしまったという、エピソードを聞いた漫画を聞い

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
中古住宅の前の所有者=高齢者夫婦を見かけた

駅の方に徒歩で用事があり、遠回りして住む予定の物件を通る

no image
値下げ交渉して家を買うとなったら契約まで心配

FXをやっていた頃のように心配で心臓バクバクする。 (

中途半端に値段が高い駅近築浅中古物件は案外お勧めかもしれない、売れ残りは値引き交渉できるから
2500万円の中古住宅は後悔か?中途半端に値段が高い駅近築浅中古物件

比較は人により基準はそれぞれです。 家は高額な買い物な

買うのは駅近の狭い中古住宅にした理由 総括
買うのは駅近の狭い中古住宅にした理由 総括

中古住宅にした理由 総括 駅から近い(1分

中古住宅200万円の値引き交渉は不動産会社任せ
中古住宅200万円の値引き交渉は不動産会社任せ

売主との交渉は不動産会社任せ(不動産手数料は成約価格3%

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑