C1ランナー1巻の感想

公開日: : 最終更新日:2017/05/18 マンガ ,

C1ランナー表紙
湾岸ミッドナイト、C1ランナーのおもしろいところは過去に走り屋だった『暇を持て余したオッサン達の遊び』が展開されると所です。
みんな同じような顔、背景がうまい、車から様々な哲学を生み出し、数々の名言で人気の湾岸ミッドナイトの続巻『C1ランナー 1巻』を読みました。

あえて悪魔のZとストーリーと平行させる新たな展開をC1ランナーでは見せるのではないかと期待しています。
C1ランナーの大まかな重要キャラは、湾岸ミッドナイトで後半から出てきたRGO関係が主メンバーです。

主人公荻島信二がチューニングショップRGOとともに首都高を走りながら
廃刊になった自動車雑誌『GTカーズ』復刊を目指すストーリーになっています。FDを主体としたキャラクター構成はやはり著者はロータリーが好きなんでしょう。
この漫画のおもしろい点は、イニシャルDと同じく『オッサン』がキーパーソン、重要な位置にいるということです

今も昔もオッサン達が血眼になって人生をかけて『走り屋』をやっていた頃と
根本的なところでは車はなんら発展していないのです。

そういうオッサン達が命をかけてきた走り屋は、残念ながら若い人たちにはあまりいません。そういう意味で命をかけて走る悪魔のZのためだけに生きるアキオの周りには同じ熱い血を持ったオッサン達が集まるのでしょう。(これは湾岸ミッドナイト)

C1ランナーは若い人たち20代の人が首都高速を走ります。
オッサン達は若者のそのたどたどしい走り、車に向ける姿勢を見て
「ククク・・・おもしろいじゃあないの」といって手助けをしていくのです。

ですか(笑)
このオッサンの喜んだ様が湾岸ミッドナイト各巻にいやというほどでてきます。
このオッサン達は、昔は若い頃、自分で車を整備していたけれども、
今はチューニングショップであったり、自転車屋であったり、鉄工所をやっているわけです。自動車のために人生の大半の時間を捨ててしまったけれども、それぞれ自分の人生を生きているのです。

ですがどうしても車から離れられない気持ちというのがあります。
そういうのが伝わってくるワクワク感というのがある。
見ているこっちまでオッサンの気分が味わえる漫画です。


湾岸ミッドナイト C1ランナー 全12巻完結セット コミックセット (ヤンマガKCスペシャル) 楠みちはる 【中古】

関連記事

中川翔子物語

しょこたんの伝記である少女漫画、中川翔子物語を読んでみた

以前から読みたかった、そもそも絵を本人に似せようと思っていない少女

福満しげゆきの陰謀

福満しげゆきの陰謀-うちの妻ってどうでしょう?4巻の感想

福満しげゆきには非常に親近感が湧いているのです。 リア充には読め

聖戦テイルズ1巻感想-ツインテール漫画

聖戦テイルズ1巻感想-ツインテール漫画

[/caption] ツインテール好きの士土さんの一般向け単行本

貧乏人まゆ子

安倍吉俊の漫画、ニアアンダーセブン1巻2巻の感想

貧乏人まゆ子と、宇宙人の底辺アンダーセブンのニアが送る脱力系で楽しい漫

D.C.s.s.ダ・カーポ体操服ブルマ

弟にD.C.s.s.ダ・カーポ、セカンドシーズン ピンナップ集もらった

弟にD.C.s.s.ダ・カーポ、セカンドシーズン ピンナップ集もら

僕は友達が少ない 1巻の感想

僕は友達が少ない 1巻の感想

ヒャッコのカトウハルアキさんに絵がそっくりというのがインターネット

進撃の巨人キーワード 壁 塀 鎧 雷 首 剣

進撃の巨人キーワード 地下室 壁 塀 鎧 雷 首 剣

弟やまわりのみんなも面白いと言っていた進撃の巨人。 私は興味がな

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

キーボードのEが€(ユーロ)で元に戻らない
キーボードのEが€(ユーロ)で元に戻らない

息子がキーボードをぐちゃぐちゃ叩いたり踏んだりする。

肩がバキッ!0歳の息子を無理にうつ伏せから仰向けに寝返りさせたら
肩がバキッ!0歳の息子を無理にうつ伏せから仰向けに寝返りさせたら

1~2カ月前の話なんだけど、0歳の息子が寝る前に布団

no image
マイホームの予算を逆算、年収300万では2000万円が限界か

中古住宅、中古マンション・・・ こんなに綺麗な注文住宅

no image
のどスプレーは飲み物。美味しいので2日で1本飲む

風邪。特に喉が痛い。咽頭炎。 そんなときはのどスプレー

no image
子供の頭を洗うのはすすぎ時間は短いほうがいい?

入浴の際洗髪を嫌がる乳幼児は多い。 自己主張を始める「

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑