貧困女子の婚活とサラリーマン女子の4つの特徴

私はあえてウーマンという言葉を使わず、サラリーマン女子と名づけます。
なぜならば、生態が男性のサラリーマンと同じ女子の事を指すからです。
そんな私が私が思う、サラリーマン女子の独身思考を婚活を絡めて書こうと思います。




↑本気で婚活するならパートナーエージェントをオススメします↑

1人暮らしする

女性の社会進出が容易になったため、誰もが正社員になることが出来ます。
ですが、やはり男性の方が残業も多く、女性のほうが給料が低いのが一般的です。
正社員とは社蓄です。男だけに許されていた社蓄に女性もなれることになったのです。
さらに、女性は1人暮らしをしたら精神的に独立をしていると思っている傾向があります。

最近、貧困女子という言葉があります。
貧困女子の定義は年収200万円以下です。介護職が多いそうです。
貧困男子の定義は年収300万円以下です。要は私のことですね。
正社員として働き、1人暮らしをするが、その日暮しになり貯金も無く休みも無くの二重苦という状態になってしまった人がテレビで紹介されてました。

生活コストがかかる

女性は男性より消費(コスト)がかかる。
消費、コストとは、働く若者に多くお金を使わせて社会還元させることです。
日本は若者が減ってきたために、もらった給料を多く消費させようとするアベノミクスのたくらみです。
ですから、安月給で1人暮らしし、すべて自分でやるということは、一見独り立ちしてかっこよく見えますが、無駄遣いの塊だったりします。
1人暮らしにさらに自家用車を持つと言う女性も最近では多い。
1人で独立しているという雰囲気を出したいと思うのだが…

疲れ系女子は万年疲れている

サラリーマン女子の特徴は休みが無く万年疲れていることです。
そりゃ男性のサラリーマンも疲れています。まったく同じことです。

サラリーマンは仕事が終われば飲みに行ったりして、そのまま家に帰って寝て、次出勤できますが、女性はそうはいきませんよね。
このくだらない社畜という生き方が許容される社蓄は、男性社会であった名残と言えると思います。

恋愛ではなく自分が都合のいいとき会える異性

万年疲れているからこそ、恋愛は友達関係のようになります。
疲れてるから休日は休みたい。趣味に使いたい。まさにオッサン的思考です。
自分の都合のいいときに会う異性を持つようになります。
自分の都合のいいときに操作できる男性を持ち物のように持つことになります。

女性の未婚率が高くなった理由の一つは、女性が正社員になったことによる、女性の男性化だと思います。
毎日稼ぎ、消費し、休み、忙しくてしょうがないです。

愛になる恋を求める女子になろう




↑本気で婚活するならパートナーエージェントをオススメします↑

4つの特徴はいかがだったでしょうか?性は、若いとちやほやされます。
男性は本能的に子孫を残すためにも性的にも若い女性を好みます。
ですが、その女性のピークタイムを男性化して過ごすと、アラサーアラフォーになります。
仕事してたら年月はあっという間に過ぎますから。

場の空気を読めない、気を使えない、コミュニケーション障害の独身高齢女性の誕生です。(別に誕生して欲しくないですが…)

女性が男性化すれば、男性が女性化すればいいのでしょうか。
男性は女性らしい女性を望み、女性は男性らしい男性を望むでしょう。

結局は「ニーズだと思います。お互いニーズがあわなければ結婚もしない。
社会に染まってしまった人間達はみんな深層心理にあるニーズに踊らされているのです。(ニーズとは欲求、要求、需要のこと。これを満たす特定の物をウォンツと呼ぶ。)




公開日:
最終更新日:2016/05/11

ホテルのアメニティの髭剃りを1年間使った結果
ホテルのアメニティの髭剃りを1年間使った結果

先日家族旅行に行ってきました。 去年の旅行で持って帰っ

おとっぺウイルスの感染原因と対策・治療法
おとっぺウイルスの感染原因と対策・治療法

どうでもいい話だけど、息子とNHKのアニメおとっぺを

王寺駅の鉄道イベントの感想はクーポン券が貰えるから節約になる
王寺駅の鉄道イベントの感想はクーポン券が貰えるから節約になる

王寺駅で行われている鉄道祭りに初めて行ってみました。

no image
第2子の不妊治療に125万円使いました、冗談です

二人目がなかなかできない… そろそろ諦めるしか無いのか

大阪市が委託してて猪名川動物霊園で猫は眠っているそう
大阪市、保健所の死んだペットの引き取りの値段・費用は1700円、ペットの葬儀を盛大にすると呪われる噂

最近、実家の愛猫が亡くなった。 仕事と休日も忙しく

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑