安いお葬式にする方法は業者選びが大事

公開日: : 冠婚葬祭マナーを勉強中

病院で家族が亡くなりました。
悲しみに包まれる中で、看護師さんや病院の事務員から葬儀会社は決まりましたか?と言われます。
あれこれするうちに、死亡診断書が渡されました。
これを持って、家族と一緒に家に帰るか、もしくは葬儀会社に直接いくか決めないといけません。

ドタバタするうちに家の近所などの葬儀会社に電話をしてきてもらいます。
病院から寝台車の車で家に帰ります。
そうなるともう、その寝台車以外と相談できなくなります。
高額な葬儀の費用と対峙することになります。

病院から家や会場について葬儀費用をお見積もりされる

お葬式ってめちゃくちゃお金がかかります。
詐欺のようになっていることで有名ですよね。
人が死ぬという重大な行事にあわせてかかる、葬式代、僧侶代、改名代、花代、場所代、ご飯代などなど
大体数百万円(200万円~400万円)かかることも少なくはありません。

保険金や香典、生前の貯金があるからいいかと思ってしまうのもわかりますが、ここまでお金がかかって、本当に払うべきものなんでしょうか?
こういうときに、安い小さなお葬式にしたい業者を探す方法があります。

安いお金のかからない小さなお葬式にしよう

安いお葬式にする方法は業者選びが大事
最近では、こういう価格帯に疑問を持つ人が多く、低価格で行えるお葬式が注目されています。
その中でも、日本全国、均一価格で値段を設定した小さなお葬式プランがオススメです。

地域の地主だった、会長をしていたなんかだと、
惜しまれる方々も多いので葬儀には会場が必要でお金がかかります。
ですが、一般家庭で細々と生きる私達は、そんな大きな会場は必要ありません。
そういう方に、一定価格のお葬式プランはぴったりかもしれません。




生前に資料を請求しておいて相談しておくのもいいと思います。

ちなみに、亡くなったときに国民健康保険加入していた場合、葬祭費を支給してもらうことができます。
約四万円支給されます。
この制度も利用して安いお葬式にしたいと思いますね。

関連記事

結婚式祝いのお返しの「のし」を手作りしました

ピンクでかわいいのし!結婚祝いのお返しの内祝いはどれぐらい?

ネットで素材をかき集めて佐野研二郎氏のようにしました。 別にフリー素

季節の挨拶の例文

季節の挨拶例文

季節の手紙には、年賀状から始まり、寒中見舞い、余寒見舞い、暑中見舞

手紙の書き出しの言葉の書き方

手紙の書き出しの言葉の書き方

手紙は日本全国どこでも均一の料金で届き、便利です。 しかし要件を

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
能率上げて残業が半分以下にすると手取り10万減った

時間外労働が170時間を超えたとき、 会社が上司が残業

日本は火力発電で電気自動車なの?EVで世界と対抗するの?
日本は火力発電で電気自動車なの?EVで世界と対抗するの?

日本ってEV(電気自動車)なの?って誰もが疑問に思ってい

車の見た目でわかる変な人、危険なのは事故だけじゃない
車の見た目でわかる変な人、危険なのは事故だけじゃない

運転免許を取得して間もない方に教えたい、 事故やもめ事

ハイエーススーパーロング救急車
病院で死亡、医療費から帰宅までの流れ

救急車で病院に運ばれそのままその日に死亡、医療費から

マイホーム購入月7万円の法則考えた
マイホーム購入月7万円の法則考えた

あほほど結婚と子供はお金がかかる 年収300万

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑