安いお葬式にする方法は業者選びが大事

公開日: : 冠婚葬祭マナーを勉強中

病院で家族が亡くなりました。
悲しみに包まれる中で、看護師さんや病院の事務員から葬儀会社は決まりましたか?と言われます。
あれこれするうちに、死亡診断書が渡されました。
これを持って、家族と一緒に家に帰るか、もしくは葬儀会社に直接いくか決めないといけません。

ドタバタするうちに家の近所などの葬儀会社に電話をしてきてもらいます。
病院から寝台車の車で家に帰ります。
そうなるともう、その寝台車以外と相談できなくなります。
高額な葬儀の費用と対峙することになります。

病院から家や会場について葬儀費用をお見積もりされる

お葬式ってめちゃくちゃお金がかかります。
詐欺のようになっていることで有名ですよね。
人が死ぬという重大な行事にあわせてかかる、葬式代、僧侶代、改名代、花代、場所代、ご飯代などなど
大体数百万円(200万円~400万円)かかることも少なくはありません。

保険金や香典、生前の貯金があるからいいかと思ってしまうのもわかりますが、ここまでお金がかかって、本当に払うべきものなんでしょうか?
こういうときに、安い小さなお葬式にしたい業者を探す方法があります。

安いお金のかからない小さなお葬式にしよう

安いお葬式にする方法は業者選びが大事
最近では、こういう価格帯に疑問を持つ人が多く、低価格で行えるお葬式が注目されています。
その中でも、日本全国、均一価格で値段を設定した小さなお葬式プランがオススメです。

地域の地主だった、会長をしていたなんかだと、
惜しまれる方々も多いので葬儀には会場が必要でお金がかかります。
ですが、一般家庭で細々と生きる私達は、そんな大きな会場は必要ありません。
そういう方に、一定価格のお葬式プランはぴったりかもしれません。




生前に資料を請求しておいて相談しておくのもいいと思います。

ちなみに、亡くなったときに国民健康保険加入していた場合、葬祭費を支給してもらうことができます。
約四万円支給されます。
この制度も利用して安いお葬式にしたいと思いますね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

手紙の書き出しの言葉の書き方

手紙は日本全国どこでも均一の料金で届き、便利です。 しかし要件を

ピンクでかわいいのし!結婚祝いのお返しの内祝いはどれぐらい?

ネットで素材をかき集めて佐野研二郎氏のようにしました。 別にフリー素

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

傘カードで足し算と引き算
傘カードで足し算と引き算

傘の中の〇の中に数字を書くゲームです。 はじめは足

no image
児童福祉事業所を1円で買いたい、M&Aしたい話

日本ブレイク工業見たく、買いたい、買いたい、事業所ごと買

no image
40歳年収300~400万で投資しないで貯金4000万円あったのすごくない?

今は日本株を初めて1年ですが、 投資は本当にいままでし

no image
特許アイデア:病院の入り口でICタグ入りカードを持たせて発熱検知システム

特許アイデア、ユニクロの無人レジ商品タグのように病院の入

no image
投資のやり方を教えてくれるツイッタラーはおかえりモネのおじいちゃん的存在

投資のやり方をツイッターで説明している人がいる。

→もっと見る

PAGE TOP ↑