海外旅行保険に入らないでクレジットカードだけで行く

海外旅行保険に入らないでクレジットカードだけで行く方法
旅行損害保険は、旅先での事故で死亡した場合の保険金や、けがや病気で入院・手術した時の費用などを補償する。
旅行中、他人に怪我をさせたり、物を壊したりした時の賠償責任、持ち物が盗まれたときの補償、旅先で倒れ、身内に来て貰った時の交通費や宿泊費など(救援者費用)にも対応する。保険は国内用と海外用がある。
特に海外でトラブルに遭うと不安が高まるので備えとして加入は必須といえる。

旅行傷害保険は、損害保険会社の商品だが実はクレジットカードにもこの保険が付いている。保険を個別に申し込めば、補償内容や旅行日数などに応じた保険料を払う必要があるが、クレジットカードの保険はサービスとして付いているので保険料はかからない。

海外旅行損害保険がついた主なクレジットカード

発行会社 楽天カード JALカード普通カード JALカード アメックスカード普通カード
年会費 無料 2000円(初年度無料) 6000円(初年度無料)
傷害死亡後遺障害 2000万円 1000万円 最高3,000万円
(内自動付帯最高1,000万円)
傷害疾病治療費用 200万円 /

100万円

賠償責任 2000万円 /

2,000万円

携行品損害 20万円(免責3000円) /

50万円/100万円

救援者費用 200万円

100万円

100万円

付帯条件 利用付帯 自動付帯 自動付帯
その他 国内旅行損害保険は付帯せず   (内自動付帯最高1,000万円)

自動付帯と利用付帯

主なカードに付いている保険の補償内容は表の通り。
カードによっては内容が異なるが、一般的に年会費無料のカード、年会費のかかる一般カード、ゴールドカードというように年会費が高くなるにつれて補償は手厚くなる。
ただ、カード保険特有の注意もある。それが、自動付帯と利用付帯。

自動付帯は、カードを保有していればトラブルに遭った際に自動的に補償される。
一方利用付帯はカードで旅行代金を払って初めて補償されるというもの。

表の例では、楽天カードが利用付帯だ。
補償を有効にするには、出国前に旅行代金を楽天カードで払っておく必要がある。
旅行費用の全額や一部をカードで決済する、あるいは空港までの電車賃やタクシー代をカードで払うだけでも認められる。
利用付帯の条件は各社カードによって異なる。

クレジットカード複数持ち合算も可能

さらに注意したいのは旅先で怪我をしたときの治療費の補償額。
カード付帯の保険ではこの部分が足りない物が多い。
表にあるカードでは、治療費の補償は200万~300万円。
カードによってはそれより少ない物もある。
海外では治療費が高額な地域もあり、500万~1000万円程度の補償があった方がいい。

ただし、カードを複数持っていれば、治療費について補償額は合算できる。
治療費が200万のカードと300万のカードを持っていれば合計500万円まで補償が可能になる。
これらの点を旅行前にきちんと確認しておきたい。
物足りない部分があれば単品の保険に加入して補うことを検討してもいい。
クレジットカードの保障内容を十分にしておけば、海外旅行保険に入らないで行くのも可能だ。



公開日:
最終更新日:2014/03/21

no image
平成生まれの新卒がすぐに辞める問題について

平成生まれの新卒がすぐに辞める問題について考察。

no image
長時間労働?残業代全部つけて基本給の2倍もらおう

今の職場は長時間労働すぎて頭がおかしくなってくる。 夜

no image
夫が授乳中の妻と食生活を合わせたら1年で5キロ太った

だいたい57キロぐらいだった体重が今62キロを超えた。

洋食よだれ道
香芝のハンバーグが美味しい洋食よだれ道でランチしてきた

香芝の洋食屋さん洋食よだれ道というお店でランチしてき

no image
マニュアルがないと「ないからできない」あると「おまえがやれ」

頭を打つ仕事の仕方をしてたら誰にも追いつかれなくなった

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑