2番底が来るのか?そりゃ投資の利益より広告費の方が安いだろうよ

公開日: : 株を始めた話

新型コロナウイルスによる2番底はないと言う感じだった。
結局来ない、ポジションを手放してしまった人たち後悔。
でも2番底があるある言っている投資家はある意味正しい。

最近、ニュースなどで
「株と実経済は乖離がある」だとか、
「資産流入していて、今上がっている株価は絶対下がる、今がおかしい」
は明らかにメディアによる印象操作、大衆操作。
それがあり得るのが資本主義。

結果、20200610を境に急激に下落。
資本家の思う壺だな。
そりゃ投資の利益より広告費の方が安いだろうよ。

(自分的にはせっかく100万円分買ったのが下がり悲しい)

資本主義はお金持ちににとって優位になるために作られた主義

本来、株っていうのは
企業が資金を集めるために発行されるものであり、
実経済と乖離して、株が買われても、それはそれで正しいはずなのに
メディアなどはせっかく、企業が資金を集めているのに
それはおかしいと、持っている人たちに手放せさせようとし、
手放して株価がさがれば
おそらく資産家はそこで買うんだろう。

メディアっていうのは基本的に資本主義に買収されているので資産を持っている人の言いなりに成るのが特徴。

自分も無資格だけど医療従事者だけど
現在新型コロナウイルスが再度、大変に成る状況は今の所あまり考えられられない。
病院での対策もさほどではなくなっている。
対策方法も一般化され、外来も病棟も閑古鳥が鳴いているぐらいなのでさほど密集していない。
病院はもともと人が足りなかったわけで、患者数が減って、職員数が適正になり、むしろ医療機能が増したぐらいだろう。

新型コロナウイルスが発生しクラスターなどといわれ
民間病院が10人以上 集団発生で世間の声を配慮し外来・入院閉鎖しないといけないという状況までにはならないだろう。
今は。

ある程度そういうの(資本家の情報操作)を読むことも重要なのかもしれない。
投資家の間では、初心者の言うこと(読み)は全て逆になると言われているらしい。
自分がそう思ったら、逆のことも常に考えて判断…
そんなん無理っていう感じだけど。

その中でも安全第一でちょっとづつでも増やしていくことが必要。
(銀行の低金利と比べて…)
株初心者なので、そういう印象を受けたという話、終わり。

ほかにもこれ読んでみませんか?

no image

月末アノマリーを経験。株は医療事務と相性が悪い

株は仕事と一緒で経験則でやってます。 勉強したほうがいいけど勉強得意

no image

株式会社ヤトロンと提携していた三光純薬株式会社の今

昭和29年創立 三光純薬株式会社の概要 (ヤトロン社と提携,トランス

Comment

  1. おたくや より:

    今、給付金をもらった生活にゆとりのある人が株を買ってて、実体経済は厳しいのに株価が上がってるって、テレビで言ってた。
    テレビが言ってるてことは違うんやな。最近の色々からマスコミやメディアが信用できなくなってきたわ。

    • iida より:

      また書くけど、マスコミが言っているのは時系列がちょっと遅くて、2020年3月暴落して、資産家は少々金が減ったとしても、ここで買って、今戻って大金を手にしてる。資産家はもっと大金を得るために、もう一回株価を印象操作で下げて、またもどして金を稼ごうとしているというわけ。ゆとりがある人が株を買って、株価があがったのは、20200610までのあがり調子の話。(10万円給付を待ちわびる一般国民を尻目に、富裕層はもう大きなプレゼントを受け取っている)20200610以降の下落に対し、富裕層が印象操作、情報操作し、株価を下げているのではないかと言うことを感じた記事。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
特許アイデア:手話翻訳はソフトウェアで可能のはず、LINEが開発すればいい

昔から思ってたけど 手話の自動翻訳は可能のはず。 自

トランクスの例
今ポジションを持っておくべき理由を初心者なりに思ったこと

あ~、電力株に力を入れていると、含み損が増えてきてマ

no image
特許アイデア:ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の構造に変更

ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の裏の部分のように水分など

no image
公式ページの写真を流用するとヤフオクアカウント停止されるよ

知り合いで出品したらアカウント停止されたらしい。 理由

4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる
4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる

夜勤明け、子供と時間をつぶすネタはいつも苦労してます

→もっと見る

PAGE TOP ↑