龍角散と株式会社ヤトロンとダイアヤトロンと統合などの話

公開日: : 株を始めた話

R2/5/30 結論:パナソニックの株を買っとけばよかったと後悔。パナソニックの企業価値は十分わかったわ…

龍角散やLSIメディエンスの株を買おうと思って検索したら売ってない。
なぜかなと思って調べたら経営統合の嵐だった。

株式会社ヤトロン http://www.iatron.co.jp/
(株)ダイアヤトロン http://www.dia-iatron.co.jp/

1962年 昭和37年 6月 株式会社ヤトロンを、株式会社龍角散の姉妹会社として設立。
1981年 昭和56年 8月 三菱化学株式会社との合弁によるヤトロン製品等の国内販売会社として、株式会社ダイアヤトロンを設立。

株式会社ヤトロンは国産初の臨床検査薬の開発に成功
株式会社ヤトロンは、1962年(昭和37年)、
日本の臨床検査薬の原点ともいうべき国産第1号の肝機能検査用試薬
「血清トランスアミナーゼ測定試液」を開発しました。

三菱化学との合弁事業「ダイアヤトロン」の設立(株主:株式会社ヤトロン50%三菱化学株式会社 50%)
1981年、臨床検査の分野におけるエポックメイキングなできごとがありました。
画期的な免疫血清検査システムLPIAの専用試薬を、三菱化学との共同で開発したことです。
これにより感染症、癌などの検査が高感度、短時間で簡便に検査できるようになりました。
そしてこれを機に、両社の出資による販売会社、株式会社ダイアヤトロンを設立。
現在、すぐれた臨床検査機器および検査試薬を全国の施設に供給しています。

社名ダイアヤトロンの由来
弊社の社名は、株式会社ヤトロンと三菱化学株式会社(旧 三菱化成工業株式会社)
との合弁会社であるため、三菱(スリーダイア)のダイアとヤトロンとを組み合わせたものであります。

ダイアヤトロン設立時、おそらく龍角散の経営が傾いたのはこの少し前で、すでに傘下にあったと思われる。

2003年 平成15年7月1日付で統合 株式会社三菱化学ヤトロン設立 2003年
(三菱化学が三菱化学メディカル、ヤトロン及びダイアヤトロンの3社を統合。)

2007年 平成19年4月1日新たに三菱化学メディエンス設立
(三菱化学ビーシーエル・三菱化学ヤトロン・三菱化学安全科学研究所の3社の事業を統合。)

2014年 平成26年4月1日、LSIメディエンスと社名変更

2019年 平成31年7月末までに完了
PHCホールディングス株式会社(パナソニック ヘルスケアホールディングス)が臨床検査のLSIメディエンスの全株式を取得。

龍角散はらくらく服薬ゼリーなどの成功で現在は単独で十分やっていけている。

龍角散もPHCホールディングス株式会社もおそらく非上場のようだ。
PHCの主要株主は
KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ・アンド・カンパニー・エルピー)
三井物産株式会社
株式会社生命科学インスティテュート
パナソニック株式会社

結局行き着いたのはパナソニック。
パナソニックって、お前そんな大企業だったのか…

ほかにもこれ読んでみませんか?

no image

次日経平均23000円で手持ちのマイナスポジは全部手放す予定

日経平均って24000が限界値のようなので 今持っているポジションで

no image

ただ株とは?働かなくて済む方法の一つであり非常に難しい選択肢の一つ

例えば200株持っていて株価が二倍になったとする。 100株売れば、

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
答えの出ない問題を複数に聞こえるところで質問するという、おばちゃんたちの迷惑行為

最近、答えの出ない問題を自分を含めた複数に聞こえるところ

no image
行く気マンマンと満タンとマンマについて

嫁が外食が好きで最近昼食は外食ばかりですが、4歳息子が、

保険証 職場 ばれる
保険証 職場 ばれる

保険証は国民保険なら国民保険加入義務が有る。 今回

火災が発生したとき、または発覚したら 落ちついてマネージャーかフロントにすぐ連絡してください 大声で叫ぶか音を立てて近くの人に知らせてください お部屋から出られるときは必ずドアを閉めてください(火や炎が広がるのを防ぐことができます)
安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

no image
奴隷は単純思考、オウム真理教はあなたの財産を狙う宗教詐欺です

オウム真理教はあなたの財産を狙う宗教詐欺です。 最近の

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑