先輩が臭いから営業から事務に転職しました

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 仕事・就職

先輩が臭いから営業から事務に転職しました
営業の頃は休みもなく長時間労働でしたね。
関西すべてが営業圏内なので電車で遠方出張が当たり前。
福知山に行くのに北近畿タンゴ鉄道をよく利用しました。
職場も遠く、京都支店出勤のときなんか、始発乗って終電に帰るという始末でしたね。

がしかし、収入はよかったです。
今より約200万円~ぐらい年収は高かったかな?
ですが体もしんどくて持ちませんでした。

先輩の圧倒的臭さに、自分もこうなりたくないと思った

でも非常に驚いたのが先輩の臭さですよ。
たしか33歳ぐらいで若いのに激臭!同じ車に乗ると臭くてしょうがない。
タバコも吸いまくり。
そんなにイケメンでもないし、なぜこんな臭い人がトップセールスマンなのか。
自分も将来休みなく働いてこんな臭い人間になりたくないという感じでしたね。

営業=高収入+臭いより事務=低収入+清潔感を選んだ

今おそらく私は当時の先輩と同じ年齢なんですが、加齢臭はないですよ。
事務だから汗かかないので脂ギトギトにならないし臭くないし、さっぱりさわやかです。
不細工は遺伝ですから気にする必要もないんですが。

今の時代、サラリーマンで年収300万~400万円というのが平均になっています。
そりゃ暇な勝ち組暇社員が一番いいんですが、
凡人がこれを超えようとすると、勤務時間を増やすしかないんですよ。

暇な勝ち組暇社員になりたかったですね。

登録するだけでも精神安定になる

人間関係が辛い、残業が長い…慣れた仕事。我慢を捨てちゃうの?
辞めたほうが給料も下がるし肩身が狭く、辛くなることがほとんど。
辛い時は、転職サイトに登録だけして転職活動をする気分だけ味わえばいいです。
最終辞めちゃったらその転職サイトで転職すればいいわけですし。

●病院事務や介護のお仕事ならこちらに登録してみましょう
介護の転職なら『カイゴジョブ』

●即応募なら求人数が多いこちら

●履歴書の例文はこちら医療職と介護職の履歴書の書き方

ほかにもこれ読んでみませんか?

営業の頃「じゃあ」と言うとキレられた

昔営業を1年していた頃、先輩と話をするとき、つい「じゃあ」というと

忙しいは心を亡くす。気を失うほどの眠気+白目状態+無給

限界まで働くとどうなるか体感してます。 一睡もせず当直した次の日も夜

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
特許アイデア:手話翻訳はソフトウェアで可能のはず、LINEが開発すればいい

昔から思ってたけど 手話の自動翻訳は可能のはず。 自

トランクスの例
今ポジションを持っておくべき理由を初心者なりに思ったこと

あ~、電力株に力を入れていると、含み損が増えてきてマ

no image
特許アイデア:ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の構造に変更

ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の裏の部分のように水分など

no image
公式ページの写真を流用するとヤフオクアカウント停止されるよ

知り合いで出品したらアカウント停止されたらしい。 理由

4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる
4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる

夜勤明け、子供と時間をつぶすネタはいつも苦労してます

→もっと見る

PAGE TOP ↑