なぜブログでお金を稼がなければいけないのか?

公開日: : インターネット

なぜブログで稼ぎたいのか?なぜブログなのか?についてフミコフミオ氏が説明できてないので書いた。
なぜブログで稼ぎたいのか?
お金が欲しいから。これ一言に尽きる。
他に稼ぐ方法はあるのになぜブログなのか?
楽だから。これ一言に尽きる。

ブログほどリスクが低い稼ぐ方法は他にあるだろうか?

働くということは、履歴書書いてエントリーして面接を受けて採用されないといけない。
バイトなら都合よく自分の空いた時間のみシフトに入れるだろうか?
野菜作りだって、人に売るためには環境がいい土地が必要。
内職だってそんな都合よく仕事があるか?
小売りだって仕入れないといけない。
お金を得るためには人との繋がりがないと不可能。
もう本業でつながっている。
もう疲れた。

とはいえ、サラリーマンにとって副業とは身勝手な行為です。
それを受け入れて手伝ってくれる人なんているのか?

ブログは何もいらないユートピア

ブログはコミュ障でも不細工でも才能なくても自分の自由に書けばいい。
お金も人脈もコミュニケーション能力も時間も準備も必要ない。
人と関わらないので人的ストレスもない。
一言でいうとローリスク。

だからこそのローリターン。
得るお金は少ないわけだが、内職経験がある人からすれば、苦にはならないだろう。
おそらくフミコフミオ氏は内職をしたこともないだろう。
手間がかかって一個0.5銭とか泣けるよ。

社会に出て稼ぐ能力がないからブログで足すんですよ

本業で稼げる人はブログは割に合わないだろう。
なぜならば能力があるから。
ないからブログなんでしょう。

能力がない私たちは、自由な時間で家で仕事というと内職しかない。
いろんな内職をしたけどひと月数万円稼ぐの本当にしんどいよ。
家が段ボールだらけになるよ。
内職と比べたら、ブログの方が数倍稼げる仕事だと思いますね。

ブラック企業に勤めていると給料は割に合わない

私は、毎月40時間以上、年にして500時間以上サービス残業しています。さらに36時間労働40時間労働もあり、くたくたです。それでも年収300万円代しか稼げない現実。
今の本業の給料が収入のすべてだとすると早急に一刻も早く死んだほうがましです。
労働時間仕事量に対し給料がまったく割に合わない。
現実はブログで稼いでそのサービス残業の分を穴埋めしているんです。本当に悲しくなります。
この記事は昼休みに職場のトイレで大しながら10分かけて下書きし、家に帰ってから20分の修正で公開された。

ほかにもこれ読んでみませんか?

livedoor blog

ブログで月1万円稼ぐ近道はライブドアブログの有料プラン

最近の流行はライブドアブログの有料版にグーグルアドセンスです。 月に

4月1日はアクセス数が落ちる

4月1日はアクセス数が落ちる

4月1日はサイトのアクセス数が軒並み落ちた。 やっぱり4月1日は

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

うちのネット回線もビッグローブです。キャッシュバッグ+工事費無料がお得です。

no image
自分の子供に医療の仕事を勧めようと説得する例文

あの子と自分は仲がいいが、あの子は嫌い、ソリが合わない。

no image
鼻の脂で傷だらけのCDが1回だけ読める

昔のCDRデータコピーしてもう捨てよう。 だがディスク

トランポリンの説明書をスキャンしてアップ
トランポリンの説明書をスキャンしてアップ

以前購入したトランポリンの説明書をそろそろ捨てるのでスキ

営業の頃「じゃあ」と言うとキレられた
営業の頃「じゃあ」と言うとキレられた

昔営業を1年していた頃、先輩と話をするとき、つい「じ

no image
年収300万で突然死しそうな仕事ってどういうこと?

さすがに夜勤中の突然死はあり得ると思ってきた。 当直明

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑