ブログで月1万円稼ぐ近道はライブドアブログの有料プラン

公開日: : インターネット

最近の流行はライブドアブログの有料版にグーグルアドセンスです。
月に1万円~5万円ブログで稼ぐなら一番の近道ではないでしょうか。
痛いニュースや数々の2ちゃんねるまとめサイトが納められているライブドアブログ。
このまとめサイトの非常に多くのアクセス集中にも耐えるサーバーが無料で、
さらに広告消すのはたった月額315円~です。

livedoor blog
私はエックスサーバーで始めました。
当時はwordpressに光を感じていましたからね。
エックスサーバーだとサーバー代+ドメイン代で月額1250円~ぐらいかかってます。

ブログだけの移行は簡単だけど、私の場合同じサーバーで複数サイトを作っているので移行は無理そうです。ですが、私はデータベースが管理できないのでライブドアブログは非常に魅力を感じますね。

以前WordPressを最新に更新したらデータベース壊れた経験がありますから。
そのときは諦めて再インストールしました。
初心者はこういった災難にあうこともありますので、これからやる人にはライブドア有料をおすすめしたいところです。
(ある中学生ブロガーもデータベース壊れて復旧不可能になってましたね)

ライブドアブログに移転してアクセスアップしたイケダハヤト氏

イケダハヤト氏のブログにあるとおり、ライブドアブログにいちいち移転していることがかかれています。
参考:イケダハヤト氏WordPressからlivedoorブログへの移転を決めた理由 
他にもライブドアでブログを書いているブロガーの方がたくさんいます。
(ブログにどれだけ自分の広告が貼れるのかが重要です。)

ライブドアブログがお勧めな理由

コストが安い。
ポータルからの流入を期待できる。が上げられています。

さらに、私の意見を書きに混ぜると、

ライブドアブログがダメな理由:iida意見

私も複数持っていますが、記事に魅力がない場合のロングテールでの効果はwordpressの方が上では?という印象。
誰もが魅力のあるコンテンツを提供できるわけではないですから。

サーバーでのwordpress運用がダメな理由:iida意見

エックスサーバーなら自動インストールできるがそれでも初心者には難しい
wordpressならではのプラグインやアップデート問題がある
データベースを自分で守る必要がある
デザインなど自由だが、非常にめんどくさく時間がかかる
テンプレートは豊富だが、結局自分なりに変更せねばならず面倒
サーバー代+ドメイン代が高い、管理もめんどくさい
最新記事一覧、サムネイル画像付一覧を表示するのでさえ面倒な作業

wordpress運用の利点としては:iida意見

phpが使えれば本当に自由な運用が可能
PCや携帯電話、スマホ向けに広告を張りまくれる(運営会社の広告がない)

面倒=時間と労力がかかる=記事を書くパワーが削がれる
ということなので、できるだけブログにはストレスなく手間なく動いて最高のパフォーマンスを出していただき、自分は更新だけに徹したい所ですよね。

ライブドアブログ有料版ではブロガー用の痒いところに手が届くテンプレートが提供されていますのでその点もよいです。
wordpressならば、私も利用しているStingerというSEOテンプレートがありますが、私と同じ見た目のブログになってしまいます。

どちらでもいいですが、ブログだけで早く月1万円稼ぎたいブロガーにはライブドアブログが流行な感じです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

ブログ飯したい月3万円ブロガーが月5万円に挑戦中

私のブログは副サイトあわせて、1日UV3000ビューを超え月3万円にな

no image

光回線の時代遅れの契約形態からの卒業

子供が3才(もうすぐ4才)にして習い事2つに行くことになり月15000

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
アイデア:お好み焼きバー

最近は食わず嫌いが多く、おいしいまずいにかかわらず と

ウインドウズフォトの取り込み機能のエラーが麺
iphoneの写真バックアップが途中で止まる?解決方法決定版!

windowsでiphoneの写真バックアップに相当てこ

爆弾を落としたほうが勝ち、基地を作ったほうが負けです。
積み木爆弾落としゲーム

この遊びは昔、自分の弟とよくやりました。 遊びの名

4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び
4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び

4才男幼児ならハマる A4コピー用紙に自分で鉛筆や

no image
近寄らないで、飛ばす車、ボコボコの車は危険!

危険な人、車には自分から近づかないのが吉です。 例えば

→もっと見る

PAGE TOP ↑