googleのインデックス削除は一時的?からの登録の方法

公開日: : 最終更新日:2013/10/16 インターネット

もともと少ないアクセスが0になってしまいました。
せっかく作ったページなのでアクセスが0は困ります。
少なくともオリジナルコンテンツのサイトですので、情報の質が低いと言うわけではないと思います。
広告をはり過ぎたのか、ユーザビリティがなさすぎたのか。

今は、グーグルの検索機能をヤフーなども利用しているため、
削除されると アクセスがほぼ0になる。(お気に入りに入れている人以外)
非常に困るのであれやこれや対策を考えてみました。

一時的ではないインデックス削除はおそらくペナルティーか?

今回、googleからの検索結果に表示されなくなったのは、一時的ではありませんでした。
googleの検索フォームに、
info:ドメイン
site:ドメイン
で、グーグルにキャッシュされているかどうか確認できます。
URL内のすべての記事が検索エンジンから除外されています。
これは、明らかになんらかのペナルティー以外の何者でもないです。
このペナルティーの内容を知るには、googleウェブマスターツールに登録して調べるしかありません。

グーグルウェブマスターツールに登録した結果、原因はrobots.txt

グーグルウェブマスターツールで原因を探る
まず、登録してエラーがわからなければ、
グーグルのサイト送信して1日待ちました。

http://byoumei.iidashippe.com/: Googlebot can’t access your site
Over the last 24 hours, Googlebot encountered 15 errors while attempting to access your robots.txt.
上記のエラーが表示されました。
これは、robots.txtがないことが原因のようです。

グーグルウェブマスターツールでスパム認定されていないかは要チェック

手作業で悪質と認定されてないか?

手作業で削除されていないかを確認する必要があります。
グーグルの監視員によって手作業で悪質と認定している場合は対策方法が違ってくるからです。
私のサイトは手作業では消されていないようです。
クローラーでの判断で削除ということでしょう。

さて、原因は、robots.txtがないということでした。
ほぼメモ帳で作るようなサイトにrobots.txtなんて必要ありませんが一応、以下のファイルで作成しました。
User-agent: *
Disallow: /Templates/

修正したらFetch as Googleで確認

Fetch as Google でインデックス可能か確認
そして、Fetch as Google でインデックス可能か確認しました。
可能のようなので、インデックスに送信できました。
これで一旦作業は終わり。ここまでで3日が経過。
再インデックスを待つことにしましょう。

そろそろ記事が溜まってきたのでブログに移行しないと手がかかってしょうがないです。
今は昔のように作って終わりではないので、サイト運営って複雑になりましたね。

追記:既に存在しないコンテンツを削除するのはこちらから行えます。

ほかにもこれ読んでみませんか?

文字化け修正した楽天アフィリエイトビルダーおふぃすたまドットネット

自動更新型 大・中規模アフィリエイトサイト作成エンジン(楽天版)と

htmlでtableの文字を縦書きにする2つの方法

テーブルの中で文字を縦書きにしたいことってあるじゃないですか。 たと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
1歳から食べれるお好み焼きはスライサーキャベツ蒸し焼きが決め手!

最近この作り方にハマっている。 以前は前エントリーの作

風邪をひくと熱がでます。マスクをして病院に行きます。
幼児4歳向け、文を読んで言葉を書く無料プリント

幼児4歳向け、文を読んで言葉を書く無料プリントです。

windows10の更新でphotoshop7.0が固まる
windows10の更新でphotoshop7.0が固まる

なんということだ・・・ windows10のアップデー

トラックの数字をさがしてまるをつけましょう 無料勉強
かずをさがして丸をつけましょう 無料教材プリント 幼児

ウインドウズ10のアップデートでフォトショップがフリーズ

ホームルーターの弱点はウィンドウズ10アップデートの不具合にあり

(画像は今使用中のHUAWEI E5785のスリープ

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑