令和2年度だけ教育実習なしで教員免許!学校の先生にならない人は教職の単位を取らないように

公開日: : koreda日記

教育実習なしで教職免許が令和2年度のみ取れるようになったとニュースでやってた。
学科を終了しているので自分も大学に問い合わせて免許を発行したら?
工業高校の数学や工業数学などの教員取得の学科は取得済。
あとは教育実習のみで諦めた。
(大学在学中にWEBデザイナーに目覚めたため)
と思ったんだけど。

●学校の先生にならない人は無駄な時間を過ごさないように教職の単位を取らないように

学校の先生にならないのに教職免許を持っていても意味がない。
でもなぜ大学の頃、単位を取ったんだろうか、無駄無駄無駄。

他の国家資格より圧倒的に取得が簡単なのが教員免許。
出席して座っているだけで単位は取れる。(卒業単位には加算されないので無駄)
教員免許なんて、学校の先生になろうと思わない限り絶対に取らないほうがいい。

しかも教職免許は更新制のため
教員免許は教員になりたい人のためだけの資格であり、
医師免許のように更新せずに持っておける保険にはならないということ。

大学の学科で教職課程を終了したけど、
おそらく約100時間ぐらい消費した。
今思えば時間の無駄。

教員免許なんて偏差値45とかでも時間さえかければ取れる資格で
本当になりたい人以外まったくメリットは皆無。
教え子 学生の方が偏差値も高くて 賢くて 有能
いまや 子供のほうが大人より賢い
ただ無駄な人生経験と抗えないパワハラのみ。
そんな自分が学校の先生になるわけないやん・・・

●時間の大事さ

時間って有限。
もったいない。
100時間以上もあれば何ができたか。
(よく、医学部国公立2000時間、私立1000時間と言われますよね、費やした時間によってなにかしら成果はでますよ、ギター練習100時間でもまあまあうまくなれるでしょう。)

高校までの時間は大学の進路のために重要で
大学の時間は、もう高校に戻れないので高校の偏差値関係ない
次の社会に出るまでに重要で、

●子供は自分で考えるの無理

完全に証明できていることは
子供の考えで自由にさせてもただ時間を浪費するだけということ。
浪費した時間は未来に帰ってこない。

子供の頃の
日本教育の世界観の突破は重要なことで
それをどう自分が親として子供に関与できるかが重要なところ。
普通に中高大といくと 無意識人間になってしまう。
自分のように。

でも、まわりの大人はほとんどそんな感じ。
それが問題。
これからの時代、
無意識人間は、意識がある人間の奴隷になります。
自分の子孫は奴隷にしたくないよねってこと。

仕事と家庭と子供が何するかを考えるなど
この両立以上の相当な苦痛、
仕事だけでさえ大変なのに家庭、子供のことも考えないといけない。

ほかにもこれ読んでみませんか?

no image

2010年あけました。

あけましておめでとうございます。 2010年といえば、昔の漫画とかでは

雨漏りでシーリングライトに水が溜まる素材写真

無料素材写真 台風豪雨浸水被害 天井と畳のカビ 雨漏りシーリングライト

無料写真素材ですが、使用の際は当サイトへのリンクをお願いします。 台

Comment

  1. おたくや より:

    昔は教員免許更新制なかったやん、だから失業した時の保険としてとしてとってた、講師登録してたら市教委から電話かかってくる。
    更新制なってからはちゃんと更新しな無意味やがな。
    わいみたいなんは教師になるべきでないと思ったから免許とらんかったわ笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

うちのネット回線もビッグローブです。キャッシュバッグ+工事費無料がお得です。

no image
アルティメットレーザーは犬のおしっこの事

神聖かまってちゃんのアルティメットレーザー。 この歌は

立方体、箱はいくつあるかな?無料の幼児教材
立方体を数える、箱を数える無料幼児教材

立方体、箱を数える無料幼児教材です。 これをやるまえに

コンセントに刺しても充電ランプが光らない、電源がつかないNEC VersaPro タイプVU
コンセントに刺しても充電ランプが光らない、電源がつかないNEC VersaPro タイプVU

NEC VersaPro タイプVU<VU-4>

絵しりとり無料の幼児向け勉強プリント
絵しりとり無料の幼児向け勉強プリント

絵しりとり。 うえの点と下の点をしりとりでつながるよう

no image
保険会社診断書の手術記載で再手術や査定に関する反省点

普通はどうなのかはわからないが、大学病院などの大きな病院

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑