大学生の頃、初めてぎっくり腰の体験談

公開日: : 最終更新日:2018/02/02 koreda日記

書くことがないので昔話。
大学生の頃初めてぎっくり腰になった。
もう歩けないほど痛いし、座っても寝ても何しても痛い。
家にいて何をしていたか忘れた。
初めての経験なのでどうしようもなく近所の整形外科に行った。
いわゆる整形外科の入院病床を持つ医院(クリニック)です。

初めてのぎっくり腰の体験談

大学生の頃、初めてぎっくり腰の体験談
痛いのに猫背になりながら自転車をこいでようやく病院に着いた。
畠山整形外科ね。

確か、医者に言われたことはぎっくり腰、すごく痛かったでしょうと同情され、特に何もすることはありません。
レントゲンだけでも取っときましょうかっていう感じでした。
診察室からレントゲン室に移動するときも、病院から出るときも、看護師などの職員達が気遣ってくれましたね。
それから一週間ぐらいで何もしなくても元に戻りました。

2回目のぎっくり腰の体験談

2回目は医療事務経験5年目、日曜出勤。
日曜に65名の運送会社の企業検診があるので、朝外来の長椅子を移動しているときにぎっくり腰!
激痛に耐え、朝から立ちっぱなしで検診の受付をしましたね。
当直だったので晩も夜もずっと痛いまま、翌日夜勤明けで家に帰って寝ると大体治ってました。

ぎっくり腰の病名

ぎっくり腰は、カルテでは筋筋膜性腰痛症だなんてかかれますが、レセプト病名では急性腰痛症です。
単なる腰痛なので対処方法はシップ張るぐらいで十分です。
日がたてば治ります。

医療事務になった今わかりますが、この医者の対処方法は正解でした。
以前、当直中に滑膜包炎になったときも、肘が爆発しそうに痛いから穿刺して欲しかったけど、医者は無菌性だからするとくせになるから穿刺しない。それも正解だった。
(ここで一週間の抗生物質の点滴・忘れたとオラセフを飲んでから全身蕁麻疹で一週間苦しんで自分に薬アレルギーがあることが判明した)
※オラセフっていい匂いするよね

たいしたこと無いことに対して、たいしたこと無いですよって胸を張って言える医者はかっこいいですね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

学力試験のない入試=AO入試で専門学校に入学!?

学力試験のない入試=AO入試で専門学校に入学!?

学力試験のない入試=AO入試 今回も記事数を増やすために暫定的な更新

ギター職人の朝は早い

弱者の自己犠牲の精神はプロの証だと思う

最近、教員が、教え子より息子の入学式を優先したことについて議論になって

Comment

  1. たくや より:

    穿刺てなにゃ?

    • iida より:

      狭い空間に炎症などで例えば膿とか炎症物質が増えて、圧力がかかっている状態。車で言えば、シリンダーの中に圧力を加えた空気を送り込むターボ。よく、ニキビとか、汗腺とかに膿がたまって、押しつぶすと(医療では面皰と言ったりする)爆発して破裂して内容液が噴射する現象があるよね、その状態が肘の滑液包に起こっていて、肘が爆発しそうに痛い状態。たいていこういう時は、圧力がかかっている部分に針を刺して(穿刺)して内容物を出すと痛みは治まる。だけれども、一回穴をあけると、そこは傷になる。当時の医者が言うには、抗生物質で収まるので、穿刺しなくていい。穿刺すると癖になるし、再発しやすいということだった。

  2. たくや より:

    それは痛いしキモい。。。内部に溜まった膿は穿刺しないとどうなるの、いずれ吸収されていって治るんやろな。おおこわ!

    最近登美丘高校ダンス部のバブリーダンスがおもろいわ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カニの殻から繊維
蟹の殻の再利用で繊維と化粧品・乳液になる

かがくdeムチャミタスという番組でやってたのですが、蟹の

ウインドウが画面外に飛んでいって使えなくなった場合を「一瞬で治す」方法
一瞬で直す方法!パソコンのソフトが動かない?画面の外にある?

よく職場でパソコンが使えなくなったと呼ばれることがありま

私、失敗ないので。貯金でマイホームを買う頭金にするは無謀すぎる
私、失敗しないので。貯金でマイホームを買う頭金にするは無謀すぎる

貯金でマイホームを買う、頭金に充てるのは無謀です。 ※

1才の息子は最近寝る時、うつむいてしか寝れない。
1歳のうつぶせ寝をやめさせたいがすぐ元に戻る

1才の息子は最近寝る時、うつむいてしか寝れない。

大学生の頃、初めてぎっくり腰の体験談
大学生の頃、初めてぎっくり腰の体験談

書くことがないので昔話。 大学生の頃初めてぎっくり腰に

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑